忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[2881] [2880] [2879] [2878] [2877] [2876] [2875] [2874] [2873] [2872] [2871]

COPPELION」 5→5

 終わってみれば至ってフツーのアニメではあった。世間への気遣いとか、スタイリッシュ説教エンディングとか、本筋とは違うところでの話題や刺激の多い作品だったのだが、そこ以外はあんまり目立っていなかったというか。

 決して悪い作品ではない。GoHandsの画作りは非常に独特なのだが、おそらく原作絵の持ち味は割とそのまま活かされていたのではないかと思うし(原作知らないから単なる憶測だけども)、割とあっさり目のキャラクターデザインなのに、込み入った廃墟の中で動いたり、いかにもな多脚兵器とバトルを繰り広げても決して浮き上がることなく、きちんと1枚の世界に落とし込まれている。この辺りの制御の仕方は、このスタジオの持ち味と言っていいだろう。画面全体の色味が「青白い」のは好みの分かれるところだろうが、決してそれが足を引っ張っているということはないはずだ。アニメスタジオも群雄割拠のこの時代、多少冒険をしてでも、スタジオ独自の色合いを押し出していくのは大事なことだろう。原作絵を尊重しながらのプラスαならば、原作ファンにも怒られることはないだろうしね。

 難点をあげるならば、やはり第一印象からずっと同じように、「描けない故のもどかしさ」がついて回ったことが残念であった。そりゃこのご時世にあんなことやこんなことを真正面から描くわけにはいかないことは重々承知しているが、そのために世界全体が何となくもやっとしたままで進行し、明らかに台詞回しが不自然になってしまうのは、どうしたってすっきりしない。おそらく何の枷もない状態ならばもっと食い込んだ描写が出来て命のやりとりについてももう少し迫力が出ただろうし、ひょっとしたら世相を皮肉ったキツいネタなんかも入れられたかもしれない。そうした刺激物を全て除去して、「お話のピンぼけした像」を見ているのだと思うと、どうにも勿体ない。いや、ひょっとしたら全部描いてもそう変わらないのかもしれないけれども……どうだったんでしょうね。原作をちょっと読んでみようかしら。

 バトルものやヒューマンドラマとしては非常にベーシックな作りなので、そうした「根底の事情」がはっきり見えてこない部分は純粋にマイナス。スタッフも苦心していたのだろうが、こればかりはどうしようもない。ただ、すっきりしないながらもちゃんとキャラが動いている部分もあって、個人的には中盤以降を支えた小津姉妹は割とお気に入り。終わった後に振り返ってみると単なる気まぐれ馬鹿なのだが、その場その場で一番盛り上がる「敵役」を演じてくれており、バトル展開だけを見れば割と盛り上げてくれたんじゃなかろうか。CVが堀江由衣・坂本真綾と、およそこういう役回りには縁がなさそうな2人を採用しているのも面白くて、特に妹の方のちょっとネジが飛んでる感じが実に良かった。戸松・花澤といった若手で一番ノっている連中を、そろそろ落ち着いた先輩方が叩く構図である。一方その頃、能登麻美子は脇で必死に出産していた。なんかもう、麻美子の出産に立ち会えただけで満足出来た感もあるな。しかし、真綾・鈴村夫妻は競演すると何かと命懸けなことが多いよな……

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[12/09 NONAME]
[12/04 Mei]
[11/25 NONAME]
[11/23 NONAME]
[11/23 Serra]
バーコード
ブログ内検索
カウンター