忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[2884] [2883] [2882] [2881] [2880] [2879] [2878] [2877] [2876] [2875] [2874]

BLAZBLUE Alter Memory」 4→3

 うん、まぁ……そういえば、狙ったものかどうかは定かじゃないが、今期はAT−Xで「バーチャファイター」に「ストリートファイター」と、何故か格ゲーアニメがまとめて放映されていた(見てないけど)。格ゲーアニメって、なかなか盛り上げるのが難しそうだよなぁ……。

 今作は、原作ファンにはどのように受け入れられたのだろうか。せめて原作ファンはそれなりに満足してくれていればいいのだが、少なくとも原作知識皆無の人間からすると、何を楽しんだらいいのかさっぱり分からないアニメだった。1話時点で懸念はしていたものの、散逸的なシナリオラインは収束性に乏しく、ラグナたちの主線以外は本当に「なんでくっつける必要があるの?」というレベルでおまけ扱い。その主線にしたって、訳の分からない専門用語が飛び交い、雰囲気で処理されていくので原作を知らない人間からしたらちんぷんかんぷんだ。シナリオを全て言葉で語るわけにもいかないのでもう少し絵で見せてくれるかと思ったが、期待していた戦闘描写も大して盛り上がらず、下手したらショボい動画でがっかりさせる回すらあった。原作ゲームはそれなりのクオリティだろうし、ちゃんとファンはついているだろうに、作品の持つ「良い部分」がアニメとしてはほとんどアピール出来ていない(と思われる)のは非常に勿体ない結末である。

 やっぱり「プレイアブルキャラ全員が主人公」とも言える格ゲーのアニメ化って難しいよなぁ。誰を贔屓しても不平は出るだろうし、かといって全員扱うわけにもいかないし……いや、でもせめてシナリオはある程度の着地をさせても良かった気はするんだけど……なんだかなぁ。

 本当は「メガネブ!」クラスの2点でも良かったのだが、今作は中の人劇場としては楽しい部分もあったのでタオカカ点として多少下駄を履かせてある。最近の千和はガハラさん方向のニーズが増えてるせいで、こうしたオールドタイプ・千和が聞けるのはそれだけで多幸感(あおちゃんのキャラがほとんど出なかったのは残念至極)。あと、ひねらんでいい素直な悪役をやってる中村が凄く楽しそうだったのも良かったかもしれない。「適当なアニメの形を借りて杉田と中村がじゃれ合う作品」として見れば、ニーズはあったのかもね。酷いニーズだ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
12
17
24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[10/07 「まくっすみ」だったら完璧だった]
[10/02 metalica]
[10/02 metalica]
[10/02 Chrolony ]
[09/28 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター