忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[2882] [2881] [2880] [2879] [2878] [2877] [2876] [2875] [2874] [2873] [2872]

「ワルキューレロマンツェ」 6→6

 楽しかったです。まぁ、毎週感想書いてたんだから、そんなことは伝わるだろうけども。いや、ぶっちゃけこの点数はおかしいんだが……最後の最後に出てきた馬劇場を見て、もう、この作品はこれでいいや、って思った。

 古き良きハーレムアニメの流れを汲んだ作品。見事なハーレムエンドに加えて、エロゲ原作であることが分かりやすい執拗なエロ描写、頭が悪すぎるシチュエーションの連続など、本当ならば掃いて捨てても問題無い作品である。しかし、そんな中にも個々の特徴ってのは出るもので、今作の場合は潔くハーレムをまとめてしまった脚本の無難さに、きちんとジョストという珍しい題材を扱って、それをアニメーションとしての目新しさにまで昇華させた努力が一歩抜き出た印象を与える理由となったのではなかろうか。ジョストシーンは基本的にCGベースで描かれているわけだが、甲冑をまとう女の子の鋭利な美しさは印象的だった。鎧を脱いだシーンとの接続もほぼシームレスに描かれており、最大の見せ場となるジョストシーンがきちんと作品の一部に溶け込んでいたのは技術的にも割と練度の高いものだったのではなかろうか。エイトビットは今期ものすごい量の仕事が固まっていたわけだが、「IS」ではなくてこちらに作画リソースを割いてくれていたのは本当にありがたかった。まー、「東京レイヴンズ」も別に作画状態が悪いわけではないけど。なんだ、全部ISがおっかぶってくれたのか。感謝しないとな!

 今までエロゲ・ギャルゲのアニメ化というのはたくさんあったわけだが、今作のように素直に楽しめた作品っていうのは案外珍しい。その違いが何なのかはよく分からないのだが(まぁ、中の人要素とかが多いのだが)、少なくとも今作の場合にはハーレムもの特有のとっ散らかった印象が無かったのが大きいんじゃないかと思う。相変わらず貴弘のキャラは酷いとは思うが、それでもジョストという大きな核を維持しながらきちんと「それなりに恰好いい男」としての造形が保たれていたし、その回りにいる女の子のメンタリティも追いやすい。題材がどんなものであれ、結局物語の筋立てなんてそんなにバリエーションがあるわけじゃないしね。最初にどれだけ目を引くことが出来て、あとは誠実な画作りでどこまで引っ張れるかですよ。今作の場合は割と制作スタッフがまとまっていたし、何を見せて、何を省略するのか、っていう書き出し方がうまかったのではないかと思う。

 あとはまぁ、中の人的な、ね。清水愛は馬に乗ったりプロレスやったり、本当に大変だな。本人が楽しそうなのは何よりである。その他、今期は別なところで修羅場恋愛を繰り広げていたナバのシンプルな百合キャラ、分かりやすい中村繪里子のキャラ造形、そしてベルティーユ先輩! 普段なかなか触れる機会が無いのだけど、「裏の」世界ってのも現代声優業界の立派ないちジャンルになっているのだなぁ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2
7 10
12 16 17
22
28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[06/24 NONAME]
[06/19 Serra]
[06/19 metalica]
[06/14 DRAKE]
[06/13 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター