忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[2886] [2885] [2884] [2883] [2882] [2881] [2880] [2879] [2878] [2877] [2876]

「IS<インフィニットストラトス>2」 4→2

 犠牲になったのだ。

 そもそもあんまり興味が無い作品だったので別に何が起こっても構わないのだが、まさかこうなるとは思っていなかった。あれだけのファンを獲得した作品の2期目なのだから、制作側も相当力を入れてくるものだと思っていたのだが…………まだまだアニメ製作業界の闇は深い。

 1期の時点で、「とにかく萌えを追求したが故に、シナリオの全てを捨て去った作品だ」という結論を出した。何事も極めればそれは匠となるわけで、萌えやエロを狙っても失敗する作品が多い昨今、萌え要素だけでもとにかく客が捕まえられて、成功したのだからそれは意義があることだった。個人的にはほとんど食指は動かなかったが、それでも「セシリアは可愛いなぁ」と思ったのは間違いなく事実だったのだし、これはこれでいいものだ。

 しかし、今度はシナリオだけでなく、萌えの出し殻すらも投げ捨ててくるとは。何も考えていないような行き当たりばったりな脚本、頭が沸いているとしか思えないキャラクターたちの意味不明な言動、そしてそれらを支える、グダグダで昭和臭すら漂う残念な作画。OK,パーフェクトだ。1期でたっぷり楽しんでいたファンの人々は、この2期目を見ていったいどんな気持ちになったのだろうか。これでもいいのだろうか。1期の時点で頭空っぽのヒロイン勢が既に過剰気味だったのに、今期は更に2人もメインクラスでヒロインを追加し、元々持っていたはずの武器である1期ヒロイン勢は更に減ってしまった枠を奪い合う泥沼状態に。そんな中でキャラクターの魅力など描けるはずもなく、この手のハーレムものにお約束の「○○お当番回」みたいなものすら存在していないので、毎回足を引っ張り合っているという惨状。せっかく蓄えのある2期目での誰得どん判。せめてもう少し何とかなったと思うんだけど……。千和がメインヒロインやってるのにピンと来なかったのって、初めてかもしらん。

 そういえば、今期は平野文がアニメの仕事でやたら出てきてたけど、仕事の幅増やしたのかしらね(関係無い話題で締め)。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[11/17 DRAKE]
[11/16 ヴェス]
[11/16 Serra]
[11/13 NONAME]
[11/10 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター