忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[3276] [3275] [3274] [3273] [3272] [3271] [3270] [3269] [3268] [3267] [3266]

「健全ロボダイミダラー」 6→6

 新番チェック時は「放送終了後は絶対点数下げるwww」と思っていたし、別に下げてもいいんだろうけど、結局最後まで楽しんで観てしまったので、もうこのままでいいや。釈然としない部分はオープニングご祝儀ってことで(あとアイキャッチ)。

 良いアニメだったと思う。基本的にエロ馬鹿枠、いわゆる「紳士アニメ」はそこまでご執心ではないのだが、今作は紳士アニメっていう側面よりも「馬鹿」の方が圧倒的に強く、非常にストレートなギャグアニメとしての魅力が大きかった。どこまでも愛らしいペンギン帝国の面々に、悪逆を極めたプリンス側の外道さが際だち、勢い任せに展開させることで、実は案外中身が多かったシナリオをテンポ良く処理していた。これだったら、別に乳があろうがなかろうが大して評価には影響しなかったのではなかろうか。まぁ、あって困るもんではないけども。いっつも思うんだけど、エロいものが観たいなら、素直にエロメディアを観ればいいと思うんだ。

 今作はそんな「エロ」を主軸におく作品ではあるのだが、「エロが売り」というよりは「エロがテーマ」なのであって、実際にはそれを取り巻く錯綜した笑いや、独特のセンスで磨いた「ロボットアニメ」としての切り口が新鮮で、そちらの方が主軸となっていたのではなかろうか。特にクソダサデザインのダイミダラーは逆に恰好よく見えるレベルにまで昇華されており、もっさりと動くそのモーションの鬱陶しさは、「ロボの格好良さ」を表現する際に必要な、根源的な何かを孕んでいたように思える。昨今のロボといえばどうしてもCGメインでスタイリッシュに動くものが主流になってしまっているが、こうして建築重機のような巨大装置がもっさり迷惑な騒動を繰り広げる様子も、在りし日の特撮を観ているようで楽しいものだ。きちんとこだわり抜いた要素がセールスポイントとして活きていたのだから、それだけでも今作は成功といえるのではなかろうか。「紳士枠」でももっと色々と遊べるし、売り込み方があるんだな、ということを教えてくれる作品である。

 中の人的には、実は一番注目したかったのはプリンスの3博士である。無謀とも言える謎の若手三連星によるお色気キャスティング。中でもへごちんこと大橋彩香にまさかあんな役を任せてしまうとは! と驚いたものだが、そこをきっちりオーダー通りに仕上げるからこその俊才。普段のへごへごした様子と打って変わってのナイスバディっぷりは流石である。そこを木戸ちゃんと田所がサポートするという形が手堅くまとまっており、今後の若手ゆとり軍団の活躍は色々と楽しみだ。やっぱり田所あずさの声は好きなんだよなー。あ、あと信長君が正統派の燃えキャラを熱演しているのも案外珍しいこと。こういうところできちんと積み重ねてこその、「主役系男性声優」ですよ。よく出来てた。そして洲崎リッツですね。本当にぺはもらう役に恵まれているよなぁ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
14 16
22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
バーコード
ブログ内検索
カウンター