忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[3279] [3278] [3277] [3276] [3275] [3274] [3273] [3272] [3271] [3270] [3269]

「僕らはみんな河合荘」 5→5

 よろしかったんじゃないでしょうか。ほぼ原作通りの内容を、原作通りに崩さずやってくれていた。それなら、原作ファンはひとまず満足。

 開始直後に懸案だった色彩設定のオリジナリティはすぐになれたし、あとはどのくらいギャグのテンポを回してくれるか、っていうところがポイントだった。最初は書き文字の演出なんかに多少の違和感はあったのだが、そのあたりもすぐに馴染んで、改めて見返せばかなり原作のテイストを意識して丁寧にアニメ化されていたのが分かる。基本的に宇佐がリア充になろうとして頑張る話なので要所要所でイラッとする部分はあるものの、そこも含めてのネタになるわけで、きちんとアニメでも「りっちゃん可愛い」と言えるようになっていたのだから問題あるまい。同じ作者の「恋愛ラボ」と比べて見るのも面白く、こちらの作品は独特の色彩のおかげでどこかじっとりと張り付くような質感が維持され、よりウェットに「ぼっち」や「非リア」といった哀愁が感じられるようになっているのが面白い。考えてみりゃ、アニメ放送分の内容だけを見ればりっちゃんは圧倒的ぼっち力でもって不幸な身の上にしかなっていないはずなのだが、それが許され、救われる河合荘という存在が、より身近なものとしてクローズアップされるように出来ているわけだ。こういうさじ加減で独自性が打ち出せるのは良いことだと思います。

 そして、アニメ化されて浮き立つポイントといえばなんといってもキャスティングであった。花澤りっちゃんについては、全盛期のイチローに「なんでもいいから出塁して下さい」っていってるようなもんで、落ち着くところに落ち着くのは当たり前の話。今作でもっとも注目すべきは、なんといっても麻弓さん役のサトリナである。もう、こんなに下世話でヒドすぎるサトリナキャラはなかなか他でお目にかかることはないだろう。どこまでも品性下劣なはずなのに、なんかこの声で言われるとセーフ。というか、とにかくエロさが際だってファンにはたまらない仕上がり。年下に余裕を見せるサトリナ伝説が具現化した姿であり、「とにかくサトリナにエロワードを言わせるアニメ」という、なんだか中学生男子の悪戯みたいなモチベーションがとにかく昂ぶりっぱなしであった。「能登麻美子にエロワードを言わせよう」みたいなアニメってのは過去にたくさんあったわけだが、サトリナはそういう路線と違って何やらせてもケロッとしてるのがまた良いのです。ビバ、佐隈さん。その他、彩花役の金元寿子もどストライクで見事に決まっていたし、久しぶりに楽しめた小林沙苗の澄子さん、林役がぬーさんっていうのもなかなか面白い配役だった。

 順当に行けば、原作ストック溜まった後の2期目も期待していいんだろうか。是非、そうなってほしいもんですけどね。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
12
17
24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[10/07 「まくっすみ」だったら完璧だった]
[10/02 metalica]
[10/02 metalica]
[10/02 Chrolony ]
[09/28 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター