忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[3463] [3462] [3461] [3460] [3459] [3458] [3457] [3456] [3455] [3454] [3453]

「アルドノア・ゼロ」 6→5

 すごいのは分かる。分かるんだけど、なんかこう、ピンと来ない。そんなアニメ。「まだ1期目だから」と言われりゃそうかもしれないのだが、そこで消費者の欲求を満たしきれないなら分割2クールは勘弁してほしいのだが……。

 はっきり言ってしまうと、現時点においては「既存のあおきえい監督作品の中では最も心躍らなかった」作品である。いや、ハードルが無駄に高すぎる気はするけど、事実は事実なのでしょうがない。演出面に問題があるわけではない。相変わらず非常にデリケートで綺麗な絵が作られているし、戦闘シーンにしたって様々な趣向を凝らして迫力を出しているのが分かる。キャラの描き方だって、一本調子にならないようにドラマを盛り上げる技術力の高さは様々なシーンから確認できるだろう。「やっぱりあおきえいは上手いな」と思わせるだけのものは、本当に何気ない中に転がっているのである。

 ただ、そうした技術力をもってして、何を描きたかったのかが未だはっきりしていない。毎度毎度のことになるが、やはり「天才を描くのは難しい」ということなのだ。主人公イナホがどれだけすげぇ奴かを描くためには、敵がどれだけやべぇ存在かを描く必要がある。たとえば無敵のハイパーバリアだったり、なんでも斬っちゃう居合いマッスィーンだったり、謎のロケットパンチおばけだったりする。個々のデザインは面白いし、ロボットものとしての個性は引き立つ部分も多かろうが、こうした敵キャラのやられ方が、なんかショボいのである。イナホは最初から最後まで量産機に搭乗したままで戦い抜くという、ロボットものの主人公としては革命的なチャレンジをやってのけたわけだが、結局、彼の思いつく対策法はそこまでエポックメイキングなものではなく、「そうなれば、そうなるやろ」だったり「いや、その理屈はおかしい」だったりするので、どうしたって敵キャラには「なんで負けてんねん」という突っ込みを先に入れなければならない。火星貴族の連中はさぞかし強いのだろう(何せ人類を壊滅させたのだから)。でも、イナホ君は何故かもっと強いのである。結論からいうと、人類は、かなりの阿呆だ。うーむ。

 まぁ、こういう作品の「戦略性」なんてものはお話として適当に受け入れるのが良かろうとは思うのだが、丁寧に描こうという作品の方向性が、どうしてもこの根本的な「足がかりのなさ」と相性が悪く、結果的には「すげぇけど、なんか伝わってこない」という消化不良の状態になってしまっているのである。まー、ザーツバルムさんを筆頭として「作中キャラの心情もよく分からん」ってのはあるんだけどね。最終回の超展開とか、誰が何を考えていたのやら。単にみんなして戦場にいたせいでテンション上がってたとしか思えないんだよなぁ。姫様、これで死んだの3回目やぞ。三国無双の孟獲倒すイベントじゃないんだからさぁ。

 改めて確認するが、流石に期待が高すぎた部分があるので、そのギャップでがっかりした感は否めない。色々取っ払ってもう一度別視点から見直せば、改めて評価出来る点も多いことだろう。でも、現時点ではそれをやる元気はないので、「うーん、2期大丈夫?」という不安を残してこの状態のままで。正直、イナホが死んでようが生きていようが、おねーちゃんさえ生きててくれればいいや。俺、最終的にこのアニメはおねーちゃん目的でしか見てなかった気もするな。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
12
17 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[10/07 「まくっすみ」だったら完璧だった]
[10/02 metalica]
[10/02 metalica]
[10/02 Chrolony ]
[09/28 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター