忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[3465] [3464] [3463] [3462] [3461] [3460] [3459] [3458] [3457] [3456] [3455]

Persona4 the Golden ANIMATION」 5→4

 僕はマリーが可愛かったと思います。正直、前半戦は冒頭のポエム朗読さえあればそれでいいや、って思ってた部分がある。もしくはドヤ顔でマーガレットさんに朗読される展開とかがいいな。

 ふむ、正直ゲームはまったく知らないし、アニメ1期もそこまで熱心な視聴者ではなかったが、特に苦労なく最後まで観ることは出来た。「追加ディスクからのシリーズ化」っていう時点で色々と無茶な作品にはちがいないのだから、よくもまぁ、ちゃんとこれだけの話数をやりきったとは思う。「1期目で作り上げた世界観を活かして、更に盛り込んだ2期目を」という活用法としては決して間違った作品ではないだろう。

 ただ、残念ながら頑張ったところで無茶を覆いきれるものではなく、作品のそこかしこに無理が生じてきたのも間違いない。メインシナリオはすっ飛ばさなきゃいけないので「1期見てた人、もしくは原作経験者御用達」みたいな部分はあったのだろうし、どうしたってぶつ切りのイメージはぬぐい切れない。最終的には「すごく普通の頑張る青少年のお話」なのだが、マリーの正体が分かってからそれを打破するまでの流れは、結局力業なのであまり入れ込む余地がないのである。どっちかっていうとまだマリーが楽しそうにみんなと遊んでいる時のダラダラギャグの方が見ていて楽しくて、それらの思い出を大切に思う後半戦の方が、おまけみたいな印象になってしまっていた。もう、いっそ2クールでやってくれた方が諦めてガンガンどうでもいい話をつぎ込めてかえって面白くなった気もするぞ。

 そして、もう1つの問題点としては、ちょいと画面のクオリティが低い。キャラの魅力を強くアピールしなけりゃならないはずの作品なのに、等身がやや高いせいかいまいちキャラデザが安定しないのである。ギャグパートだったらそこも含めてネタに出来るのだけど、シリアスになってからの展開でそれだとちょっとね。ほとんどのお話がメインキャラ総出演のシーンばかりだったので、かなりリソースを割かなきゃいけないのが負担になってたんだろうなぁ。同情するところではなかろうが、なんだか寂しかった。

 ま、あくまでおまけのお話なので、これくらいのユルさでも特に目くじら立てるほどのこともないと思うけどね。諦めてOVAとかでやっててもよかったのかもしれない。それはそれでカオスになりそうだけども。個人的に、足立メインのエピソードを割と丁寧にやってくれた部分については、このアニメの独自のセールスポイントだったんじゃないかと思っている。ああいう「1期で足りなかった部分」をもう少し見たかったんだけどねぇ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[12/09 NONAME]
[12/04 Mei]
[11/25 NONAME]
[11/23 NONAME]
[11/23 Serra]
バーコード
ブログ内検索
カウンター