忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[3460] [3459] [3458] [3457] [3456] [3455] [3454] [3453] [3452] [3451] [3450]

「まじもじるるも」 4→4

 本当に第一位印象から一切変化の無いままで終了した番組である。なんだろう、今期アニメにぽっかりと空いたエアポケットみたいなイメージである。「予想通り」という意味では「モモキュン」だって一緒だけど、こちらは本当にスルッと、ヌルッと、サラッと(実に貧弱な語彙である)。

 普通なことってのは決して悪いことじゃないのだが、やっぱり今作はわざわざアニメにして押し出すような強さが無く、「別に見ていても苦痛じゃないが、無いなら無いで一向に構わない」というレベルから動くことはなかった。この作品にオリジナルの要素ってのが何一つ見出せなかった。うーん、日常もののジャンルでは必ずしもそれが悪いってわけでもないのだけど、別に「コレを見ているだけでとにかく落ち着ける、幸せになれる」っていうような、いわゆるきらら系漫画の空気とも違うんだよね。一番近いのはひょっとしたらドラえもんなのかな? いや、下手したら今のドラえもんだったらあっちの方が毒が強い可能性すらあるよな。そして、別にドラえもんは毎週録画する気は起こらないんだ。つまり、そういうことじゃないかな?

 プラスの要素はもちろんある。1話視聴時にちょっと予想していたけど、順当にるるもは可愛くなった。テンプレから1ミリも出ない素直クールなのだが、「素直」の部分が存分に前に出ていたので、そりゃぁ愛でてみたい気になる。相方のチロとバランスもよく、このメインヒロインズは確かに看板として成立していたのである。ただ、それを振り回す回りの面子のキャラがどうしても薄いんだよなぁ……。古今東西お馴染みで、最近はラノベなんかでも多いのが今作の柴木のような「変態、エロを強く押し出す男子学生」キャラであるが、「変態」要素ってのはアピールするとなると結構難しい。男子中高生なんてのは、誰だって少なからず変態であり、その要素を取り除くと「朴念仁の草食系」という別枠のキャラ設定が成立してしまうくらいなのだ。過去の事例を考えると「なるほどこいつの性欲は度が過ぎている」と思える男性キャラってのはほとんどおらず、強いて言うなら、「ハイスクールD×D」のイッセイあたりは、そこそこエロをキャラとして活かせていた部類だろうか。残念ながら、柴木にはそこまでのパワーは無い。特にるるもが関係してくると保護者としてのいい人な側面の方が際だってしまい、どうしても「変態柴木」の人物像からは離れてしまう。もう、猫の子のエピソードとかずるすぎるくらいに、良い奴なのである。主人公としては申し分ない奴なのである。だからこそ、どうしても「変態柴木」をベースにしたお話に勢いが感じられなかった。こういうさじ加減ってのはなかなか難しいね。

 色々文句をつけてはいるが、別にあって困るアニメではないし、もし購読してる雑誌で連載していたら何となく読み続けているだろう。でも、毎週30分を割くアニメの枠としては、出来ることならもうワンパンチ欲しかったところ。さて、弱虫ペダルに備えないとね……。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2
7 10
12 16 17
22 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[06/19 Serra]
[06/19 metalica]
[06/14 DRAKE]
[06/13 NONAME]
[05/30 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター