忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[3850] [3849] [3848] [3847] [3846] [3844] [3843] [3842] [3841] [3840] [3839]

「神様はじめました◎」 5→5

 良くも悪くも安定の2期目。決して外しはしないが、そこまでのロングヒットになってるかというとそうでもない。でも、そういうアニメがあるのは悪いことじゃないよね。

 1期目でもそこまで入れ込むことは無かった作品。1期の感想を簡単にまとめると「もともと少女漫画ってあんまり好きじゃないし、そこまで刺さるもんじゃないけど、やっぱり大地監督の演出は落ち着くな」というもの。そして2期も、大体そんなもん。1期との違いは、当然歴史を重ねた分のシナリオの厚みと、キャラクターどうしの人間関係(神様関係)の変化。2期に入ってこれまで以上にイケメン枠、ヘンテコ男枠が増えて、奈々生の回りはすっかりイケメンパラダイス。基本的にこういう「いかにも少女漫画」な設定は得手ではないし、今回メインとなった天狗絡みのお話や悪羅王関係のエピソードについても、「最終的にみんな奈々生様に押し通されてるわけでしょ」というくらいのものである。巴衛の時もそうだったけど、基本的に奈々生ってのは「なんだか人間味に飢えている変化の類」が人間と神の中間に位置する特異存在である奈々生に接して、「あ、なんかこの娘素敵」ってんでほだされるだけのお話。奈々生自体にそこまでのカリスマがあるわけじゃないだろうし、巴衛に助けられても関係性が固まらずにやいやい悪態ついてる姿なんかを見ると、下手したら我が儘すぎる部分まであるかもしれない。今期の花とゆめ作品で対比させると、ニケ、ヨナなんかよりもヒロインとしての魅力は薄い。

 とはいえ、そうした「ちょっとワガママな女の子」なりの庶民的な魅力ってのもあるもんで、さらに上手いことギャグテイストで丸め込んで、ノリと勢いで「いい子」にしてしまえるのが大地マジックってやつでね。ラブ展開あり、ギャグ展開あり、お涙頂戴ありで、最終的には「うん、いい話だった」と落ち着くように出来ている。こういうジャンルは多分これで良いのだろう。誰もここからドロドロぐちゃぐちゃの展開なんて望んでないんだし、お互い素直になれずくっついたり離れたりの巴衛と奈々生の姿を見て「あらぁ、若いわねー」と眼を細めれば良いのである。ジジイか俺は。

 あとはまぁ、非常に分かりやすい大地テイストを味わいつつ、懐かしい気持ちでみればいいのではなかろうか。やっぱりすごく独特で、抜けてるようで基本は守っているし、ユルいようだけど締める部分はきちっとお話をまとめてくる。なんだか知り合いのおじいちゃんから昔話を聞いてるような安心感があるわね。こういうのも一種の伝統芸能なのかもしれないなぁ。いや、やってる中身は全く伝統って感じではないんだけども。

 中の人については、新番チェックの時にも触れたけど、やっぱり奈々生役の三森がだいぶ聞きやすくなっている気はする。まだ「ハマる」ってほどの没入度にはなってないけど、1期目の時みたいに「そこは三森じゃないだろ……」という気持ちはあまり起こらなくなった。単に慣れただけなのか、流石に彼女もこの数年で腕を上げたのか。どっちなんでしょうね。あと、確実にバニラ声を聞けるのも今作の楽しみの1つ。弁師がちゃんと弁師の仕事してるアニメって、これくらいじゃね?

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
14 16
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
バーコード
ブログ内検索
カウンター