忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[3847] [3846] [3844] [3843] [3842] [3841] [3840] [3839] [3838] [3837] [3836]

「アルドノア・ゼロ(2期目)」 5→5

 無事に風呂敷はたたみました。ただ、その風呂敷はたたむことを望まれていたのかな、という不思議な読後感が。これも「ローリング☆ガールズ」と並んで、なんか色々と惜しいアニメだったような気がする。

 1期目と2期目ではだいぶ印象が変わっている。描いている展開が違うのだから印象が変わるのは当たり前なのだが、「へぇ、こっち方向にお話を作りたかったのか」というのが何となく意外だったというか。「良い部分」をあげれば1期目とほぼ同じ感想だ。やっぱり映像の質は非常に高いものになっているのは間違いない。こうした作品の場合にはどうしてもロボ戦闘と人間パートでは温度差が出てしまい、「メカ格好いいやろ?」とドヤ顔したい作品の場合、そちらの見映えにばかり注力して人間どうしのドラマは添え物になりがち。今作はそうした「人と人の対話」という部分にもきちんと意識を割かれており、「こいつら馬鹿しかおらんやろ」というようななおざりな印象にはなっていない。志村貴子によるキャラクターデザインというのも、バトルものと考えると浮きがちであるのだが、そういう「対話」を前提にするならば、他作品との差別化も図れる良いセッティングだったと思う。そして、2クールを通じてなんだかんだ言いながら風呂敷をたたみきったことも、昨今のアニメでは評価すべき点として取り上げてしまっていいだろう。

 こうして、様々な良い点、今作独自の売りというのはあるのだが、やっぱり「はたしてそれがやりたかったことなのだろうか?」という疑問が付きまとう。1期の時の最大の不満点は勢い任せでぶん投げた(ように見えた)幕切れの構図だったが、それをなんだか上手いこと収めた2期目についても、すっきりしない部分は依然残ったままだ。個人的に勿体ないと思ったのは、「たたむ」ことを優先したために、必要以上に小利口にまとまることを考えすぎたんじゃないか、と思える点。「天才軍師2人の戦い」を中心に描いた作品なんてものはシナリオラインだけで見せるとなると相当なハードルになるが、どこぞのルルーシュさんみたいに「こいつ、天才のふりした馬鹿だろ」まで吹っ切れてしまえば、笑いにも繋がるし、無茶なスケールでも強引にまかり通るだけの流れってのが出来るものだ(まぁ、この辺は好みの差なのかもしれないが)。今作のイナホは、実はルルーシュ以上のチート兵器を有しており、無茶のレベルで言ったら史上最強クラスのキャラである。彼が思いきりはっちゃけて、ドヤ顔でヴァースをブン殴りに行く物語ならば、非常に大きな流れが出来て楽しくなった気がする。しかし、実際には2期目の主人公はイナホではなくスレインの方である。「父殺し」を犯した彼は、惚れた女に尽くすためにトチ狂ったようにして権力を振りかざし、最終的に破滅へと向かう。しかし、改めて考えるに、彼がそこまでしてやりたかったことってなんだったんだろう。全部姫様が寝たり起きたりした間の悪さから起こったことではあるのだが、途中から「回り出した運命は止められへんのやでぇ」みたいな達観した顔で姫様さえ裏切ってしまう。1つ1つの段取りは「まぁ、そうなるかな」という説得力はもっているものの、彼の暴走はどこかお話のためのお話になってしまっており、今ひとつピンと来ない。

 そして、そんな「よく分からない妄念」に対し、もう片方の主人公であるイナホは区役所の職員のように淡々と業務処理を繰り返すのである。彼の動きを見ていると、マズゥールカさんを籠絡して反撃の糸口を掴む手管なんかはなかなか大したもので、1期で物足りなかった「大物感」をいい感じで増築していったはずなのだが、いかんせん全部真顔で無機質にこなしていくので、アニメ的な盛り上がりが作りにくい。彼もスレインみたいに人並みに悩んだり喜んだりしてくれれば、両サイドの対比でドラマに起伏が出た気がするんだけども。あー、でもチート兵器を手にした主人公が単に武力を振り回すだけってのも作り手側は避けたいセッティングなのかなぁ。ただ、2期目に入ってから、火星カタフラクト戦が本当に単調な作業に見えてしまってなぁ。もっとヘンテコマシンをヘンテコ戦術で倒すのが見たかったんだけども……最終的には、どの戦闘も「レベルを上げて物理で殴る」なんだよなぁ。「どや! 物理で殴れへんやろ!」→「でも物理で殴る」っていうのがどうにも。

 結局、あおきえいが見せるアニメの巧さってのは、今ひとつ「ロボが戦うバトルのけれん味」に繋がりづらい気がするのよね。「主人公がほぼ量産機で戦う」とか、そういう部分の面白さは、もうちょっと別な監督に任せてしまって、あおきえいにはこのキャラクターのままで「放浪息子」をやってほしいと、そう思ってしまうのでした。だから、個人的には散々思い悩んで青春してるキャラクターは割と好きだったのよ。イナホ、スレインに関しては上記のようにメインシナリオに深く関係しすぎているので上手いこと処理しきれてないけど、一切バトルに絡まず、悶々と悶えてるだけのキャラクター、つまりレムリナ姫は割とお気に入りになりました。1話目に登場した時には「絶対このアマが何かやらかしてスレインが没落する原因になるよな」って思ってたんだけど(まぁ、実際似たようなもんだけど)、思いの外健気で、最後まで賢いキャラを通してくれていた。個人的に、王国の全権を任せるななら夢見がちなアセイラムよりもレムリナ姫の方がいいと思います。多分、彼女の方が男のコントロール上手いだろうし、わがまま言いながらも尽くしてくれそうだし。それにしても、男2,女1がメインのストーリーで、最終的にお姫様が全然関係無いぽっと出の男とくっつくってのも斬新よな。一瞬NTRセンサーが反応しかけたが、考えてみりゃスレインもイナホもそんなことが言えるレベルまで姫様の内側には入り込んでないよな。イナホはインコといちゃいちゃしてればいいじゃない。でも絶対将来家庭に体重計置かなそう。あと、イナホが新婚の家庭築いてもユキ姉ぇは酒飲んでゴロゴロ転がってそう。毎週ユキ姉ぇの困り顔が見られるだけでも充分幸せな作品だったよ(いちファン並の感想)。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
2
11 13
18 20
24 25 27
28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[05/22 NONAME]
[05/21 Chrolony ]
[05/15 Serra]
[05/15 metalica]
[05/15 Chrolony]
バーコード
ブログ内検索
カウンター