忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[3894] [3893] [3892] [3891] [3890] [3889] [3888] [3887] [3886] [3885] [3884]

○「山田君と7人の魔女」 5

 最近の高校生は、ひとけの少ない放課後の部室に行くと決まってはやみんキャラに出会える気がするので羨ましいですね。

 既にドラマ化などもしている、マガジン原作のそこそこ人気漫画。「そこそこ」というのは私は実際どんなもんか知らないから予防線を張っているだけだが、マガジンだと(というか講談社だと)ドラマ+アニメっていう展開も割と多いので、人気のバロメーターとして機能してるかどうかは定かじゃない。原作はちょっとだけ既読。連載開始時は何となく読んでた気もするのだが、基本的に立ち読みなので、あんまり興味のない部分についてはそのうち追いかけなくなってしまうのである。正直、どのへんで読むのをやめたのかもあんまり覚えてないし、今回1話目を見ても、「こんな展開はやいんだっけ?」と思い出せない始末。大体初見と同じ扱いでもいい気がする。

 1話目だけを見ると、そりゃまぁ恐ろしくベタである。正直、「今時こんなもんを堂々とやれる神経が逆にすごい」レベルである。ただ、もちろんそれだけで終わってしまう作品というわけではなく、「古式ゆかしい伝統美」としての設定をスタート地点に設定したと思わせておいて、その根幹は「キスから授受される魔女の特殊能力」の方であるという捻りが加えられている。もし1話目だけで「こんなベタベタありえへん!」と逃げ出す人がいたら流石に早計過ぎるということである。まー、知った風な口を聞いているが、このあとどういう風にお話が発展していくのかはあんまり知らないんだけどさ。

 1話目の率直な感想は「可もなく不可もなく」。何となく知ってるからかもしれないが、そこまで心躍る部分があるわけではなく、「まぁ、このくらいならば順当に原作を消化してくれるんじゃないかな」という感じ。製作は「アルスラーン戦記」と同じライデンフィルム、監督の名前は聞いたことなかったけど、どうやらサンライズが出自の人であるらしい。なんか、情報があんまりないな。ただ、一つだけ分かっていることは、そりゃもう「珍しいはやみんのテンション芸が楽しめる」というその1点である。普段の言動とかではそれなりに聞かれる「ばたばたしてる早見沙織」であるが、なかなかアニメの中の演技で聞くチャンスがない。今作は「入れ替わりコメディ」ということで、いきなり普段ではあり得ない早見テイストを楽しむことが出来たのだ。もう、それだけでも十二分に価値があるってもんだ。ただ、今後「はやみんが色んなキャラと入れ替わって色んなバリエーションが楽しめる」ってわけじゃないのが残念ではあるのだが……。

 あとはヒロイン勢が集まってきて賑々しくなってからかな。しかし、やっぱりマガジンアニメって良くも悪くも地味だよなぁ……。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[11/17 DRAKE]
[11/16 ヴェス]
[11/16 Serra]
[11/13 NONAME]
[11/10 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター