忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[3893] [3892] [3891] [3890] [3889] [3888] [3887] [3886] [3885] [3884] [3883]

○「グリザイアの迷宮」 5

 1クール空けての2期目、っていう認識でいいのだろうか。この作品もよくわかんねぇからなぁ。

 1期目はその訳の分からない作品世界で物議を醸した、ある意味では最も話題となったエロゲアニメ。当然地上波放送に落ち着くためにエロ要素は極力排除されているが、やっぱり「エロゲからエロを抜き取ったもの」っていびつよね。これでイチャイチャするだけのゲームだったらばある意味問題無いのだが、本作のようにエキセントリックな世界観を売り物にしている作品の場合、アクの強さをエロで薄める、というかエロありきでシナリオのバランスを取っている部分があるだろうから、他の要素(例えばバイオレンスであったり、グロであったり、ギャグであったり)だけを抜き出してしまうと、どうしてもどぎつさが目立ってしまうことになる。(まぁ、原作プレイしたことがないので勝手な推測だが)本作はそうした「どぎつさ」が変な方向に先鋭化され、それが良くも悪くも目立ったアニメ化になったのではなかろうか。

 そんな奇妙な形の1期目は、成功した部分もあり、首を捻る部分もあり。結局「単なるハーレムもの」として心穏やかに見守った方が諦めがつくので見ている方は楽だ。みちる編が受け入れやすかったのは「余計な要素」を介入させる必要性が薄かったからだし、由美子編がどうやねん、と思ったのはトンデモ要素の介入度合いが強く、更に尺が短いという憂き目にあったためだ。それでは、トンデモ要素しかなく、尺もそれなりに取れた天音編はどうだったのか。正直、残念なことになかなか一本の作品として落とし込めるところまで処理出来ていないのだが、そうした消化不良の部分が残っているのは、こうして延長戦である「迷宮」、そしてこれに続く「楽園」があるためなのだとポジティブに捉えておこう。結局は雄二のパーソナリティに帰結する問題になるのはギャルゲーなのだから当たり前。その上で、彼の人生が上手いこと「トンデモだけども面白い」という落としどころに着地できるならば、それに準じる形で各々のヒロインの心情も拾い上げやすくなるんじゃなかろうか。今回の1話目(0話目?)を見る限りでは相変わらず「ホントわけわかんねぇ世界だな」という感想しか出てこなかったが、1期のときと違ってそこまでイカれた飛躍はなかったし(そうか?)、話も駆け足ではなかったので理解は追いつく。冒頭のシーンで「別にもっと近づいてもええんちゃう?」とか、「狙撃が確認出来た後に強襲部隊が動くまでに時間がかかり過ぎててスナイプした意味ないやんけ」とか、考えたら負け。何となく雰囲気でつとまる便利な仕事人業務であるのだよ。

 まー、あんまりディティールにこだわってもしょうがない作品だとは思うので……。あとは映像面さえきっちりしてくれれば、話題性のある原作なのだからアニメとしても何とかなるんじゃなかろうか。今期天衝監督はなんと「きんモザ」とこれの掛け持ちなんだよな。製作期間被ってるかどうかは定かじゃないけど。こんだけ両極に振れる作品を手がけてる時って、どんな精神状態で作業するんだろうな。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター