忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4066] [4065] [4064] [4063] [4062] [4061] [4060] [4059] [4058] [4057] [4056]

○「監獄学園」 6

 「アゴなしゲンとオレ」やってるときには、この作家の作品がアニメになるなんて夢にも思わなかったよなぁ……世の中何が起こるか分からないもんである。

 水島努・横手久美子にJ.C.STAFFといういつも通りの組み合わせ。もちろんキャラクターデザインは谷口純一郎だ。大体「アザゼルさん」と同じくらいのもんだと想定しておけば間違いはなさそうだな。原作は何となく未読。「モンスター娘」と同じように1巻分くらいは読んだ気もするけど、特に追いかける意志もなかったので放っておいたパターンだ。そのために1話目の展開は何となく知ってる程度だが、アニメにしたおかげで色々と刺激は増している。

 1話目を見て度肝を抜かれたのは、何と言ってもキャラクターの陰影の付け方。元々「濃い」絵柄の漫画であり、暗い印象の絵柄が多くなる青年誌においても、ベタの量はトップクラスだろう。キャラの表情なども陰影による描き分けがはっきりした絵であり、これをアニメにする場合にはかなり繊細なデザイン調整が必要である。そこに思い切り影を残したまま、その影もデザインの一部とした非常にチャレンジングな描写を持ち込み、ものの見事にこれがアニメーションとして「動き」をもたらしている。このデザイン性は非常に面白いし、なによりこのクオリティでしっかり動いているというのが驚きである。「アザゼルさん」のときもそうだったけど、本当にアホなところへの力の入れ方が半端じゃない。作品が愛されている証拠なのだろうなぁ。まぁ、どう考えても水島さん好みの案件だしな。

 お話自体は「アザゼルさん」ほど尖りすぎていないが、あちらよりもストーリーものとしての流れが読めるだけにシリーズアニメにはしやすいだろう。1話目で大方のキャラ紹介を終え、ここからどういう方向性で盛り上げていくかは大体想像がつくようになっているが、そこを超えることが可能なスタッフである。はっちゃけた馬鹿作品としての爆発に期待したいところ。エロ要素についても上記のような「陰影の作画」が盛り込まれており、何とも不思議な肌の質感なんかが見どころになっている。湯気が入ってしまうのはしょうがないことだが、出来れば修正ありでも見られるくらいのレベルでの作劇に期待したいですな。「いや、BD買えよ」って言われそうだけども。アザゼルさんは買ったんやで。巻数が少なくてトータルの出費が少ない奴は買ってもいいのだがなぁ……。

 そして、今作のもう1つの見どころといえば、何と言ってもキャスト陣の揃え方だろう。「どSの集団」というセッティングにおいて、そりゃもう「大原・御前」の2人が揃うのは必定であろう。水島さんなら一も二もなくこの二人に声をかけてくれるだろうということは疑う余地が無い。一応「×××HOLiC」の二人、というつながりといえるが。まぁ、今後はM属性の男性諸氏にとってはたまらない展開が続くに違いない。更に「キレ芸好きの花澤」もセットで。

 いや、しかし本作で最も見どころになるのは、どちらかといえば男性キャスト陣なのだろうなぁ……もう、ホント楽しそう。特にこにたん。ぶっ飛ばしすぎである。小西、鈴村のこのおいしい役どころ。やりたい放題なんだろうなぁ。神谷兄ぃは立ち位置的にそこまで炸裂してはいないが、それでも要所要所で輝く「童貞臭」の巧みさである。アフレコスタジオは一体どんな雰囲気になってるのかなー。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14
22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター