忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4062] [4061] [4060] [4059] [4058] [4057] [4056] [4055] [4054] [4053] [4052]

○「がっこうぐらし!」 5

 なんだこれ。

 

 

 

 えーと………………………………………………なんだこれ。

 すまん、実をいうと事前情報で「なんかある」っていうのは知ってしまったので、そこからはなるべく事前情報をシャットアウトするように努めていたのだが、「なんかある」と知った時点で既にアウトではあるな。おかげで視聴中、あらゆるところが引っかかって、本当の意味での視聴は叶わなかった。もう、細かいポイントポイントで「うん?」ってなってしまってね。

 それにしても……なんだこれ。何が起こった。上記のような視聴体制から入ったので、別に画面の全てを丸呑みしてたわけじゃないんだ。訝しみながら見ていたんだ。そのおかげで伏線部分は大体回収しながら見られたと思うのだが、そのせいで「ネタ知ってる人」とも「何も知らずに朗らかに見る人」とも言えない中途半端な視聴体制になってしまい、この1話目をどのように処理したら良いのかを決めあぐねている。2話目以降にどういう風に展開するか次第で改めて判断していこう。

 これだけ扱いに困る作品も珍しい。何しろ表と裏で解釈が全く違っており、そのせいで演出意図も裏返ってしまうためだ。いや、演出意図はたった1つ、「だまくらかしてやるぜ!」だと思うのだが、もちろんアンフェアになってしまってもまずいし、ある程度は2話目以降も意識しての作品作りを心がけていたはず。そのあたりのさじ加減をどっちサイドから見ればいいのかがよく分からなかった。「表」側ならば「キャラが可愛いなぁ」と思って見ればいいわけだが、「裏」の存在に気付いたらとてもじゃないが主人公の子を「可愛いなぁ」とは見ることが出来ないわけだし、その他の面々についても、どこまでが「表」なのかが定かじゃないのでキャラの立て方なども判断出来ない。まぁ、ある意味では「喰霊」の1話目だけ観ても何も言えないのと同じか。それにしても……怖い……。

 最大の怖さを引き出しているのは当然主人公の子。あの子がいなくて、残りの面々だけのお話ならば「陳腐だなぁ」で片付けられたと思うのだが、あの子がいるせいで世界に救いが無くなっている。そして、考えれば考えるほどに気持ちが沈んでいく。この胸くそ悪さが出せた時点で1話目は成功なのかもしれないが……やるせねぇな。ちなみに、「萌えアニメ」としてはそこまで引かれるものにはなってないんだよ。キャラを可愛く描こうとはしてるんだろうが、割とテンプレ気味の映像処理になっていて、そこまでキャラの魅力が前面に押し出されているわけではない。……いや、だからそこも虚像だからしょうがないんだよなぁ……あぁ! もう訳が分からん!

 中の人の話にしようじゃないか。主人公の子は、ホントにパワフル、水瀬いのり。完全に流れに乗り、自分の声を全て自分のものとしている。強い。他のキャラはまだ前に出てくるほどのことをしていないが、注目すべきはやはりここでも高橋李依。今期は3作品同時にメイン、そしてそのどれもが絶妙に違うアピールをするという、本当に良い配役に恵まれている。こりゃ今後が楽しみだ。

 今作も、2話目がどうなるのかが本当に楽しみだ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[11/17 DRAKE]
[11/16 ヴェス]
[11/16 Serra]
[11/13 NONAME]
[11/10 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター