忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[5470] [5469] [5468] [5467] [5466] [5465] [5464] [5463] [5462] [5461] [5460]

「グランブルーファンタジー ジ アニメーション」 5→5

 うん、まぁ、ファンタジーだったな……。ごめん、それ以外の感想はあんまり出てこないんだけども……。

 やっぱりソシャゲアニメを新規層に訴える形で作るのは難しいというごく当たり前の結論しか出てこないんだよな。全体を通して、大きなミッションをこなした感は出ているものの、結局最終回が冒険の終わりにはならないわけで、「グランたちの冒険はまだまだ何となく続くぜ!」ってなことにしとかないとソシャゲとしては据わりが悪い。ただ、アニメでしか接しない人間からすると、何だか1つの物語の半端な部分だけ抜き取って見せられたような気分になってしまい、「お話」としての収束性が得にくくなってしまう。「仲間を集めてチームになって」という構造は比較的見やすいので減点要素こそ少ないものの、あんまり今作にこそ期待したい要素ってのはなかったかなぁ。

 強いてあげるなら、やっぱりその独特な作画の風合いが注目点といえば注目点。これまたソシャゲアニメのお約束だが、おそらく資金はふんだんにあるのだろう。手の込んだ作画の作り込みは「ならでは」の世界観を醸し出す大きな要因の1つと言えるかもしれない。おそらくゲームのプレイヤーだったら「ゲームに近いイメージのままでキャラクターが動いてる!」ってんで更に印象は良くなるんじゃなかろうか。残念ながら私の場合はそうした副次効果が得られなかったわけだが、「こういうデザインでもしっかり動かせるようになってるのはすごいな」と技術面には素直に感心しました。ただまぁ、それが「このアニメをもっと観たいと思わせる良さ」になっていたかというと別問題ではあるのだが。まぁ、結局対象外の視聴者にとってはこんなもんだよね。でもまぁ、「ディヴァインゲート」とかと違って最初から最後までちゃんと見られたというだけでも、悪いことは無いと思いますよ。

 キャストについては……まぁ、ソシャゲあるあるの3つ目は「とにかくキャストは金がかかっている」なので、重戦車みたいなラインナップでしたね。どこぞの船だとコックなのにこっちだと操舵手だから混乱する(しない)。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[12/09 NONAME]
[12/04 Mei]
[11/25 NONAME]
[11/23 NONAME]
[11/23 Serra]
バーコード
ブログ内検索
カウンター