忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[5467] [5466] [5465] [5464] [5463] [5462] [5461] [5460] [5459] [5458] [5457]

「ひなこのーと」 5→5

 可愛い(ストレート)。もう、それだけでいいじゃない。

 正直、ストーリーの方は二の次、三の次。演劇ストーリーという大義名分こそあれ、「知らない人と出会うと緊張してかかしになってしまう少女」という謎設定から堂々とした舞台演劇まで成り上がるストーリーとしては流石に説明不足。成長要素が「何となくレッスンしていた」くらいしかなく、いわゆる「部活もの」のフォーマットではない。やっぱり本作は「友情物語」よりももっとユルい、いわゆる「女の子がわーきゃーしてる物語」なのである。何となく仲よしになり、いちゃいちゃ百合百合していればその「友情」が燃料になり、メインシナリオのタスクも何となくクリア出来るようになる。そういう方向性なら成長要素を気にしてもしょうがない。まぁ、「うらら迷路帖」あたりも同じコンセプトでしたよね。

 そういう作品なので、細かい筋立てで楽しむような部分は少ないのだが……とにかく「可愛い」という分かりやすい鈍器で容赦無く殴りつけてくるだけである。阿漕過ぎる「萌え」キャラによる恥も恐れぬ共演。チビキャラの配置などのバランスも期待通りの仕上がりで、「お前らこういうのが好きなんだろ!」と言われた「まぁ、好きですけどね!」と応えるしかないのである。その上で、高橋丈夫という人は容赦無く性癖を刺激してくる人でもある。元々エロ関係の出身ということが関係しているやらしてないやら、こんな作品なのに遠慮を見せずに煽情的なイラストレーションで攻めてくるんだよなぁ。普通、この手の萌えものが持つ「可愛らしさ」はエロとは別ベクトルであり、相容れない場合が多い(年齢層が低すぎるとか、キャラが寸胴すぎてエロくならないとか)のだが、何故か本作ではイメージを維持しつつそこに「エロ」や「フェチ」をぶっ込んでくる。このエロと萌えのいいとこ取りの姿勢は他の作品には無い罪作りな部分だ。それこそ「うらら迷路帖」は同じ方向性を狙っていたと思うのだが、残念ながらあちらは「エロ」につながりにくかった。一体何が違うのかは定かでないのだが……最初から「こいつらはエロくなる」っていうことを分かった上でキャラを配置していくかどうかで成果も変わってくるってことなのかしらね。

 こうして素材のままの「萌えもの」でしっかり「これは萌えだ」という認識が出来たのは、何だか久しぶりな気がする。それだけでも充分な作品。それでよいのではないでしょうか。

 中の人要素としては、富田美憂が良いポジションで2つ目の実績を残せたことが嬉しいポイント。あとは高野麻里佳の相変わらずの存在感とかかな。ゆーきちが「大人の女性」をやってるのも新鮮といえば新鮮だ……いや、ゆーきちだったけども。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
19
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[07/16 Chrolony ]
[07/15 Hito-oni]
[07/12 seachicken]
[07/07 DRAKE]
[06/24 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター