忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[6275] [6274] [6273] [6272] [6271] [6270] [6269] [6268] [6267] [6266] [6265]

「フルメタル・パニック! Invisible Victory」 6→4

 まずもって、前提条件としてスケジュール通りに放送できなかった作品は評点が下がる。これは別に「ちゃんと仕事できない大人はダメだ」とかいう意味ではなく(まぁ、そういう気持ちもゼロではないが)、間が空くと、どうしたって視聴のモチベーションが下がり、記憶も薄くなるのでシリーズ全体での印象が弱くなってしまうためである。本作は最終話の放送までのブランクが1ヶ月弱とそこまで長くはなかったが、それでもやはり、ぶつ切りになってしまった物語にはなかなか好印象は懐きにくい。

 鳴り物入りで始まった今作。制作側はとにかく徹底的にメカ作画にこだわるという部分を売りにしており、原作者が細かく監修する中でひたすらリアルとフィクションの間で「らしい」メカニックの映像化にこだわっていた。その成果として「人型兵器」というアニメの中でも最大のフィクションにある程度の真実味を持たせ、作品の顔として見せることに成功している。そういう意味では、十数年という時を経てこの時代に作品が帰ってきたことにも意味はあったのだろう。

 しかし、それが十数年のブランクを埋め合わせに足るペイバックになったかと言われれば微妙なところだ。何より、メカ作画以外の部分にアラが出てしまっては元も子もない。メカ部分より何よりも、一本のアニメとしての映像にけじめをつけて欲しかった。せっかくのタイトルなのに、何故万全の用意を整えてからの放送にこぎつけられなかったのだろうか。そのあたりのメタ的な部分への疑問が、確実にアニメ業界への疑念へと摩り替わって悪感情へと繋がってしまう。作品そのものに罪がないとはいえ、我々視聴者は出来上がった作品そのものでしか判断できないのだ。そこにどんな言い訳も通用しない。

 映像部分以外での評価を考えてみても、本作はそこまでめざましいものではなかったように思う。硬派な内容なので横やりを入れる余地はないのだが、1クール作品としてみるとやたら視点が散ってせわしない印象だったし、旧作ありきでの成立が前提になっているので、これだけでは評価することもままならない。これですぐに続きが始まるのならば解釈のしようもあるのだが、どうやらそんなこともないらしい。例えるなら上中下と揃ったシリーズものの「中」だけ見せられているような、そんな感じである。返す返すも、やっぱり何故この形でのアニメ化にこぎつけたのかがわからないのである。

 結局、万策尽きるアニメを見ると「尽きたのか……」という話題ばかりが先に出て、他の部分も色眼鏡で見てしまう傾向はあるのかもしれない。今作がそうした余計な要素を排除し、純粋に楽しめる作品になる日はいつか訪れるのだろうか。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
5
18
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/05 ヴェス]
[07/26 Sangriter]
[07/24 Sangriter]
[07/18 Serra]
[07/17 名無し]
バーコード
ブログ内検索
カウンター