忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

○「時間の支配者」 5

 すげぇタイトルだな。青のクリーチャーにいそう。バウンスするか、追加ターンを得るか、どっちかだろうな。英語名はChronos Rulerだもんな。

 なんかジャンプ漫画みてぇな展開だな、って思ってたら、マジで掲載誌はジャンプ(関係)だった模様。なんかこう、「D-Gray Man」みたいな作品を思い出すんだろうな。1話目の導入としては、そうした少年漫画的なノリのスタンダードなヤツで、可もなく不可もなし。ただ、冒頭の3Dの町並みを使った活劇シーンは割と頑張っているように見えた。あとは敵モンスターの造形とか、そういう部分にオリジナリティが出てくれば、戦闘シーンは最低限見せられる部分が出てくるんじゃなかろうか。キャラのノリも悪くないし、ラストで明かされたオチも「どないやねん」という突っ込み待ちな感じはあるものの、少年漫画のバディものとしては非常に珍しい組み合わせなので、これはこれで。「まーた、福山潤がこんな若僧の役任されてる」とか思ったら、そういうオチなのかよ。

 全体を通してのストーリー基盤は割と凡庸。「時間」というキーワードで敵キャラが「時間を食う」化け物、そしてヒーローが「時間を操る」戦術を使うが、その主人公が「時間を失っていく」という設定。これはこれで面白いのだが、結局出てくるものはいつも通りの剣戟アクションなので、もうちょっと「時間を操る能力なのだァ!」と言う部分を強調して、ロードローラーでも降らせてくれるようになればそこで個性も出てくるだろうか。いや、そんな個性は求められてないけど。これ、結局1話目の女の子の問題は1話の中で全部解決したってことでいいのよね。この後は毎話1人ずつ「過去に囚われている」ゲストが出てきてそれを解決していく話になるのか、それとも今回の女の子が助手ポジションに落ち着いて3人でドタバタするのか、どっちなんだろう。雰囲気からすると前者かなぁ。せっかくのちかぺヒロインなので、今後も登場してほしいところだけども。

拍手

PR

○「恋と嘘」 4

 エロ漫画でよくある設定だーー!! いや、よくあるかどうかは分からないけども……多分、「上に決められた関係ですので」って本人の意志と無関係にSEXさせられる展開のエロ漫画を俺が積極的に読みに行っているせいでバイアスがかかっていると思われる。NTR好きなので。

 ま、そんな私の性癖傾向は置いとくとして、大上段の設定だけを見れば割と見かける設定であることは間違いないはず。ただ、この「政府が結婚相手を決めるよ」設定で、恋愛漫画としてじっくり長期に物語を描いている作品がどの程度あるかは定かでない(何しろこちとらショートストーリーのエロ漫画規準なもので)。この制限の中で、何か設定を活かした「物語」が展開するなら、それはそれで興味深いものになるだろう。禁断の恋の物語が盛り上がるのは、人類太古の昔から脈々と受け継がれた伝統なのだから。

 ただ、今作の場合、その設定が何とも浮ついているのが気になってしまうのは、どうも今期アニメに細かく文句を言いたくなってる気がする私のヒネた見方なのだろうか。この作品、単に「親に結婚相手を決められた」とかでも成立するんじゃないの? 「政府が決めた」っていうところは重要なの? こうしてSF的な要素を盛り込んでしまうと、まずはその設定を視聴者が飲み込むところからスタートする必要がある。本作の場合、本当に「単なる現代」にその設定だけを被せた形になっており、少なくとも1話を見ただけでは「政府が何らかの情報を駆使して生涯の伴侶を選べるほどの謎の技術力」を持っている世界には見えないのだ。

 更に、そんな技術が確立しているなら、若くて元気いっぱいの男女を大量に同じ校舎にぶち込む共学の学校などさっさと廃止にすべきだろう。どうせ放っておいても盛って面倒なことを起こす若い世代、勝手に惚れた腫れたとやられた後で政府が「あんたの結婚相手はこっち」とか言ってきたとしても、普通の感覚で納得出来る訳がない。わざわざ政府主導でそうしたシステムを整えるなら、もう完全に男女を別々に培養し、結婚照会の時に初めて面会させるくらいのSF設定を導入した方がスムーズだろう。もしそれが技術的に不可能な世界観であるとするなら、おそらく「政府が強引に結婚相手を決め、違反して恋愛した者を罰する」というシステムも到底用意出来ないはずである。過去の作品だと「RAIL WARS」なんかがそうだったけど、「現代に何か思いつきの設定を被せただけ」という世界観は、見ていて気持ち悪いのでどうにも身が入らない。

 何とかその部分を乗り越えれば、後は普通の恋愛ドラマになるだろう。余計な設定は一旦脳から追い出して、「政府が決めた運命の相手」ではなく古式ゆかしい「親が決めた昔からの許婚」みたいな設定に置換しておけば、さほど面倒無くお話は飲み込める。まぁ、主人公の恋愛模様がなんか気持ち悪かったり、2人して好きあってる理由がさっぱりわからないなどの難点はあるが、そのあたりの過去話もおいおい掘り返してもらえば良しとする。いきなり一話目からやたらと気合いの入ったキスシーンを展開するなど、ひょっとしたらエロ方向にも力を入れてくれるかもしれないので、そっち方面の作品としての加点もあるかもしれない(ないかもしれない)。映像製作はライデンフィルム。直近担当作品は「ロクでなし魔術講師」、他にも「山田くんと7人の魔女」なども担当していたスタジオだと考えるなら、悪くはないか。

 何とか、この「妙な追加設定」がきちんと意味を持つ瞬間が訪れればいいのだが……。それにしても、「オレンジ」→「サクラダリセット」→「本作」と、花澤ヒロインは最近何かと面倒な特殊恋愛に巻き込まれることが多いな。

拍手

○「DIVE!!」 3

 うーん、これはちょっと……。

 今期ノイタミナ枠。ノイタミナのスポーツ作品ということで、最近だと「バッテリー」に近い枠だろうか。製作会社が同じだから勝手に連想しただけなんだが、ただそれでも、「バッテリー」の方が(話は合わなかったが)映像としての安定感はあった気がする。今作はとにかく、キャラクターデザインを含め、どうにも画が受け付けがたい部分が多く、1話目から非常にハードルの高い作品になっている。

 好意的に受け取るなら、まず「対象層が違う」といういつもの言い訳は用意しておくべきだろう。野郎が半裸で延々水に落ち続けるだけの展開を、同性の人間が理屈抜きで楽しむのは難しい。可愛い女の子のキャラが脱げばとりあえず一定の価値を持ってしまうエロ作品とは真逆のベクトルで、見ていて辛さが募ってくるのはしょうがないこと。また、「飛び込み」という競技自体のハードルの高さだって無視出来るものではなく、なかなか飛び込みに精通していて1つ1つのシーンをじっくりと観察出来る視聴者なんてのもいないだろうと思われる。「狙っている層が違い、モチーフに馴染みがない」という時点で、今作はかなり厳しいスタート地点から始まっているのは事実である。

 しかし、それにしたって惹きつけるものが無い。まず映像部分だが、昨今のアニメにしちゃぁキャラ画の魅力が乏しい。例えば公式サイトに掲載されている1枚絵なんかを見ればシュッと引き締まった筋肉をとことんまでアピールしてゴリゴリのマッスル作品として見せていこうという意志が感じられるのだが、1話目の時点でその筋肉も含めて何とも頼りなく見える。これはおそらく、作画スタッフが筋肉を単なる「外側」としか見ていないせいだろう。例えるならムキムキのイラストが書かれた全身タイツを着ているような、そんな「身にならない」映像に見えてしまう。「力をかけた時にどこの筋肉に負荷がかかるか」とか、「こういうポーズの時はこの筋肉がこっちに歪む」みたいな実際のムーブメントが全く感じられないのだ。別にそうしたディティールに「ほんとう」を持ち込む必要はないのだが、どうしたって比較してしまうのは天下の京アニ作品「FREE!」シリーズである。あっちで描かれた筋肉が「本当の動き」なのか「アニメ的な嘘」なのか私のような素人には判断出来ないが、それでも躍動感のある本物に「見えた」のは事実。本作の筋肉にそのような魅力は無い。単なる際どい水着姿のコスプレ状態である。

 「飛び込み」という競技の新奇性についても、残念ながら1話目時点では武器にならずに足かせにしかなっていない。せっかく珍しい題材を扱うのだから、知らない視聴者がグッと引き込まれるように飛び込みの「すごさ」を見せつけて心を掴む大事なスタートだというのに、飛び込みシーンの動画にこだわりは見られない。中割もユルく、おそらくスタッフに「飛び込みの時の魅力的な動き」の意思疎通が図れていない。これなら実際のオリンピックなりなんなりの中継を見てリアルでの飛び込みを見た方が何倍も感動出来るはずだ。アニメという「嘘」を利用すれば、理解の及んでいない競技だって何となくこけおどしで「すごいもの」に見せることが出来るはずなのに、何故かそれをせず、空虚に水の中に放り込んでいるだけ。これではスポ根として主人公達を応援しようという気も起こらない(そもそも1話目時点で主人公達に惹きつける要素が無い)。天下のノイタミナのくせに、何ともお粗末なスタートなのである。

 一応、現時点での弁明として、「まだ主人公達は未熟な子供であり、ここから少しずつ飛び込みの技術が上がれば、びっくりするような演技を見せてくれるようになる」という可能性はあるのだが、アニメ1話目で律儀に「見ていて面白くないもの」を見せる必要はないのだ。ただでさえ視聴者の飽きが早いこのご時世、1話目で少しでも「おっ、飛び込みアニメって面白そうだな」と思わせるものを見せてくれないと、正直追いかける気力も湧いてこない。今後映像部分で持ち直せば巻き返す可能性はあるが、今のところは期待するべきではなさそうだ。

 まぁ、1話目で大して期待しなかったけど面白くなっていった「カブキブ!」みたいな例もあるので、まだ諦めるのは早計だけども(逆に、特に盛り上がりが無かった「バッテリー」みたいな例もあるが)。どうかなぁ。

拍手

○「異世界食堂」 4

 オラオラァ! 異世界転生の時間だぁ! ……あー、ごめん、別に転生してないや。まぁ、似たようなもんだから誤差ってことでいいだろ(適当)。

 最近とみに話題のジャンル、それが「異世界」+「飯」である。元々はどちらも別々に発展を遂げてきたジャンルで、個人的な感覚としては「飯もの」が「孤独のグルメ」なりなんなりで静かに火がつきジワジワ成熟させてきた土壌が、ここ数年で一気に爆発した「異世界」ものとハイブリッドを形成して、非常に安易な足し算が一気に産み出されたような気がする。ただ、どんな作品でもパイオニアというのは偉大なもので、おそらく決定的な起爆剤となったのは「ダンジョン飯」だ。「ダンジョン飯」は他の「異世界飯」作品とは一線を画しており、しっかりと「異世界の存在を飯にする」という部分にオリジナリティがある。スライムは食えるのか? 動く鎧は? どういう生態なの? なんてことを真剣に考え、創造力豊かに描いていく。雨後のタケノコが大挙する中で、(少なくとも私が知るかぎりでは)「ダンジョン飯」だけが唯一その存在意義を持ち続ける作品だ。

 転じて、「雨後のタケノコ」勢はどうかというと、個人的にはあまり好きではないんだ。いや、ほとんど読んだことないんだけど、話題になった時に「異世界居酒屋のぶ」だけ少し読んだんだけど、「これ、別に異世界じゃなくていいやんけ……」という感想しか出てこなかった。そして、「異世界」要素に意味を持たせられない場合、こうした作品は単に「食堂で飯食って帰る人たち」を描いているだけでしかなく、話の中身はあまり面白くない。一応、異世界の相手に飯を振る舞うというシチュエーションは、「相手が何も知らない客なので、驚かせることが出来るし、相手の反応も予想外のものが返ってくる」というのが最大のオリジナリティとして採用出来るのだが、その場合でも、得てして「何も知らないヤツに向かって偉そうに大上段から飯を恵んでやる」という、言わば食事バージョンの「俺ツエー」になることがほとんどで、昨今流行っている「日本人は偉いよね! 凄いよね!」と無駄に持ち上げるだけの変なナショナリズムバラエティを彷彿させるようなシナリオになることが多い。正直、「食べ物」をテーマにした作品としてはあまり歓迎したくない内容だし、そこに目新しさも感じられない。結局「のぶ」は1巻だけ読んでやめてしまった気がする。

 そんなわけでスタート時点で印象が良くない「異世界飯」の世界。この作品の原作は知らないが、残念ながらそんな私の先入観を取っ払うほどの作品にはなっていない。何しろ1話目で出てきた料理は本当にありふれていて、全く目新しさは無いからだ。別に「飯もの」の食事に目新しさが必要なわけではない。例えば最近だと「甘々と稲妻」なんかは本当に普通の家庭料理だけで話が展開しており、「女子高生がご飯を炊く」というたったそれだけで立派にドラマになっていた。この場合、「飯を作る」ことの楽しさや偉大さを伝えてくれる筋立てに意味がある。しかし、今作の場合は「飯なんて一瞬で何でも作れる」プロの料理人が主人公であり、「作る」ことにドラマは無い。結局、貧しい異世界人に「フツーの飯」を出し、「ほぅら、この日本という国の飯の文化は圧倒的なのだよ」と見せびらかすだけの展開。これだけでは、残念ながら話として成立しないだろう。映像面ではこの手の作品にはお約束で「料理の描写」に非常に力を入れていることは分かるのだが、それ以外のキャラ画の部分で突然ショボくなることがあり、「今期のSILVER LINKは大丈夫かな……」と不安にさせられる。「バトルガール云々」との2本態勢だが……うーむ。

 強いて期待出来そうな点をピックアップすると、前述の通りに「料理の描写」はかなり気を遣っていることが分かるので、今後なりふり構わずに「とりあえず美味そうな飯が描ければそれでいいんだ!」という飯テロ作品になるなら、突き抜けた存在感になる可能性はある。また、「異世界ならでは」の部分を見せて欲しいという方向では、ドラゴンのおねーさんが小さな寸胴に顔を入れてちろちろとシチューを舐めるシーンなんかは絶対に「ありえない」画なのでちょっと楽しい。こういう方向で振り切ってくれるのも一案か。あとは、いっそ潔く「異世界」要素を斬り捨てるという方法もある。もう、魔族の娘とのハートフルファミリードラマみたいにしてしまえば、後は「甘々と稲妻」や「幸腹グラフィティ」みたいな方向と一緒になるのだ。……なんかどれも違う気がするけども……。

 さて、このジャンルは更にアニメ化の弾が控えているらしいので、業界としても注目のジャンルになるだろうが……何とか結果を残せるかどうか。なお、個人的に一番気に入ったのはエンディングの映像だったりする。やっぱり完全ホームドラマ展開の方がいい気がするなぁ。

 

拍手

○「最遊記 RELOAD BLAST」 4

 これも……リバイバル作品というのだろうか? 確認したら一応現行で連載している作品らしいのだが……。

 実は、私のアニメ視聴履歴と一切重なっていないので、今作にはほとんど触れたことが無い。たまにAT-Xとかで再放送しているヤツをたまたまテレビつけて流れてたら見たかもしれない、っていうくらいだ。それもしょうがない。だって、敷居高そうじゃない。確認すると、テレビアニメの放送は2000年に第1作がスタートし、その後もいくつかのシリーズを重ねながら展開し、最後のテレビシリーズが終わったのが2004年。そこまででトータル8クールも放送されているという。そりゃまぁ、途中からおいそれと入っていくわけにもいかないだろう。どうせターゲット層じゃないし、終わった作品をわざわざ追いかける必要も無いと思っていたのだが……そうか……新作がスタートするのか……。

 一応メインキャストの配置くらいは知っているので、触れていないと言っても作品の雰囲気は何となく知っている。そして、今回放送が始まった1話目は、まさにその「何となく知ってる知識」を再確認するための親切な導入。メインの4人がどんなキャラクターなのかがしっかり理解出来るし、私のように知らないことの負い目を感じている人間には優しい1話目。まぁ、4人の目的やらこれまでの経緯やらが分からないのはしょうがないが、「それでも見られそうな滑り出し」になっているのは評価すべきポイントだろう。やっぱり長く続いている安定感みたいなものは嫌というほど漂ってくるもので(主にキャストの年齢から)、4人の掛け合いを聞いているだけでも何となく楽しいのは流石である。上手いこと「過去の履歴を必要としない」という条件を満たしてくれるなら、これからダラダラと見ていくのに苦労はないだろう。

 ただ、そうは言ってもアニメーションとして何か特別な魅力があるかというと、残念ながらそんなことはない。製作がプラチナビジョンという聞いたことのないスタジオなのだが、確認したら「サーヴァンプ」が初の元請け作品だったらしい。……いや、覚えてないな。あんまピンと来ないな。1話目を見ていると、なんだか初っぱなだというのに動画枚数ケチってるみたいに見えるカットが散見され、画が整ってはいるが魅力は乏しい。「興味はないけど見てもいいよ」という私のような視聴者を少しでも「なんだこれ?」と気にさせるような軽いジャブが欲しいところだなぁ。

 まぁ、私の好きな男性声優ランキングの1位タイに関俊彦の名前があるので、いかつい関さんの声を聴くためだけでもしばらくは付き合ってみますかね(ちなみに同率1位は中尾隆聖な)。

 

拍手

○「Fate/Apocrypha」 5

 知らない……セイバーだ……。

 最近各方面で荒ぶっているFateシリーズの新作アニメ。もう、冒頭から明らかに俺の知ってるFateじゃない。どうせ元々原作とか知らなかったからこれまでのstay nightzeroもアニメオンリーで見てきた人間なので、昨今色んなところから漏れ聞こえてくるFateシリーズの話題も全くもって蚊帳の外。まぁ、今更入ろうとも思わないから別にいいんだけども。私のまわりにもFGOにどんどんお金を吸い込まれる人間が多くてなぁ。願望機とはよく言ったもんだよな。

 そんなわけで、「どうせソシャゲ勢のためのアニメだろ。予備知識無い状態だとさっぱりなヤツだろ」と思って観てて、実際冒頭のシーンは何が起こってるのかさっぱり分からなかったのだが、流石に周到、その後の展開はきっちり世界設定を説明して、残念ながら大体の状況は把握した。そもそもこれ、ソシャゲ原作とは違うやつだったんだな。まぁ「それもう聖杯戦争でも何でもないただの戦争やん」とか色々突っ込みたいところはあるのだが、おそらく世間的にはもう終わってる段取りだろうから今更言ってもしょうがない。とりあえず、今回は2倍聖杯戦争をやるということだ。まぁ、設定なんて作ったもん勝ちだし、この作品内で矛盾無く成立するならそれでいいわな。少なくとも以前特番で放送されたFGOの世界観よりは分かりやすいです。正直、「聖杯戦争であんだけ尺使うのに、倍のキャラが出てきたら何クールかかるねん」っていう方が心配。

 意外だったのはFateシリーズだけど製作がA-1ってところ。今期はufotableが「刀剣乱舞」の方に回っており、これまでの製作スタッフとはまた別なチームが新たな作品として1から作り上げることになったようだ。流石にビッグタイトルということで映像面にはかなり気合いが入っているが、今回は戦争シーンとそれ以外の説明シーンがくっきり分かれていたし、そこまで贅沢な作画ってわけでもないのかな。まぁ、世界の空気感はキッチリ出ていて良い仕上がりだとは思います。最近はこのレベルでもあんまり驚かなくなったし、視聴者も随分贅沢になってるのである。

 あとはもう、なんか色々とクセのありそうな登場人物が一体どうなるか、っていう部分ですかね。サーバント連中も含めて、やたらと濃いキャスト陣のせいで1話目から眩暈がする。檜山と宮本充がチェス盤挟んで対話とか、もうそれだけで絶対良からぬことが起こるに決まってるじゃないですか。他にも「バーサーカー・鶴岡聡」とか「いいのかそれ」って配置になってるし、果たして過去の別作品とどれくらいに重なってくるのか(まぁ、作品内では全然関係無いのかもしれないけども)。とりあえず、「このセイバー、絶対言うこと聞かない奴だよなぁ」ということが分かるキャスティングは大変良いですね。川澄セイバーの腹ぺこ素直ぶりを懐かしく思いそうである。いや、別に元の作品で腹ぺこだったわけではないが。

拍手

○「潔癖男子!青山くん」 4

 坂本や半田君に続く何かだろうか。いや、坂本はちょっと違うか……。これって、サッカーアニメ(漫画)なの?

 「潔癖」っていうだけでネタになるのか? というのがとにかく不可解な一本。そういう意味では本当に「はんだくん」に通じるものがある気がするんだけど、「主人公のその性質、ギャグになる? どっちかっていうと見ていて痛々しくない?」っていう。最大の疑問は「そんな潔癖症ならサッカーやるなよ」であり、この疑問は結局最後まで解決されることがない。「潔癖なりに頑張ってるんやで」っていう文脈がなんだか闘病生活みたいになっており、主人公の最大の特性が「病気」扱いされてしまった時点で、ギャグとして成立させることが出来なくなっている気がするのだが……。

 全体的な映像は可もなく不可もなく。とりあえず1話目の段階ではサッカーのシーンがほとんどだったのだが、いわゆるスポ根アニメのようにサッカーのプレイの映像でダイナミックに見せようという意識はなさそうだ。タイトルの雰囲気からするとやっぱりギャグになると思うのだが、その部分が全く落ち着かないので、全体的に中途半端な印象は否めない。これ、このまま「潔癖」だけで引っ張って1クール保つんですかね? 「はんだくん」のときは半田の行いがどんどん周りを巻き込んで不必要にエスカレートしていく様子が一応シチュエーションコメディとして成立していたが、今作の場合、青山の性質は1話目で完全に伝わってしまっており、これ以上掘り下げる要素が無い気がするのだが。今のところ一番個性が強いのって相手高校のキャプテン(子安)だったと思うが、彼だってそんなにいじるところが多いわけでもなさそうだしなぁ。でも実際原作はそれなりに尺があるみたいなんだよなぁ。謎だ。

 こちらも同じ枠の「妖怪アパート」同様キャストが尋常じゃなく、そのあたりは「坂本ですが?」に通じるものがあるな。男性キャスト中心でクドいまでのキャスティングにすると自然に年齢層があがるのだが、それに合わせるかのようにサッカー部の顧問が根谷さんになってるのがちょっとしたほっこりポイント。ストーカー少女のキャストだけが若手かな。こんだけギットギトの現場でほぼ新人の子がどれだけ仕事が出来るか。1話目の様子だと割と可愛かったので、負けずに頑張ってほしい。

 

拍手

○「アホガール/徒然チルドレン」 *

 きりがないので30分に満たないショートアニメの記事は書かないようにしてるんだけど、この2本がワンセットでまとまってるのは良いアイディアだな、と思ったのでせっかくだから記事立て。まぁ、評点はしないけども。

・アホガール

 思えば同作者の「マンアシ」もショートアニメだった。つくづくそういうジャンルの作者なんですかね。原作はわざわざ読んじゃいないけど最初の方は何となく見ていたので概要は知ってる。ぶっちゃけ、漫画だと毎週読みたいってほどのもんではない。まぁ、それは同誌の「生徒会役員共」にも言えるんだけど、何故かあっちは(マガジン手にとった時は)何となく読んじゃう、こっちは面倒だから飛ばす。そういう作品だった。でも、アニメになったら結構な飛距離が出ている。多分、よしこ役のおいちゃんがホームラン級なのが大きいんだとは思うけど、テンポもいいしサクサク観られるから、原作読んでる時の「毎回同じやな」っていう感覚が多少薄れるのかもしれない。あと「アホ」という特性に案外真剣に挑んでいる。オープニングのangelaがどうにもおかしくなっちゃってるくらいの曲書いてるし、全力で暴力を受けるのがヒロイン側ってのが昨今のアニメじゃ珍しいし潔くて良いよね。あと、おいちゃんも含めてキャストがフルスイングからのストライク。よしこのママン役にぴかしゃって、下手したらこれキャスト逆でも問題無いヤツやんけ(いや、おいちゃんにママン役は駄目か)。おいちゃんは「本人はアホじゃないからな……」ってのが分かってるんだけど、こういう振り切れ系の演技で変な音出してるのが本当に楽しそうで素敵。短い番組の割に収録後に相当HP削られてそう。今後も何も考えずにフルスイングな十数分が楽しみ。「ドラマCDでもええやんけ」って思うけども、まぁ、画がついてるからこその馬鹿らしさみたいなものもあるんじゃないでしょうか。結局、人間うんこちんこ言ってるのが一番平和で楽しいんですよ。

・徒然チルドレン

 まさかアニメ化するとは思ってなかった作品。だって、画が全然動かないじゃん。「アホガール」だったらまだアクション()があるけども、こっちは4コマ漫画だけど大体2コマくらいのコピーで足りるくらいのもんじゃん。ただ、原作の段階では「アホガール」よりこっちの方がずっと好きだけどね。まぁ、マガジンは本当にたまに目を通すくらいなので、いつ読んでも同じようなことやっててすぐに読めるってのが大きな要因な気もするけど。「こんなん、アニメにせんでも」って思ったが、こっちもやっぱりキャストの力でグッと魅力が増した。元々「カップル未満の変な関係性の男女の会話の妙」を楽しむ作品だが、その会話のテンポが実際の音を伴うことで更にはっきりとした作品の魅力になっている。ぶっちゃけ、アニメの画よりも原作のキャラデザインの方が好きなので画はおまけなんだけど、それでもこの初々しいカップル(?)がちょこちょこはにかんだり、怒ったりしてるだけでも可愛いもんだ。キャスト陣も最初の1人こそ新人だったようだが、他はヒロイン力MAXで殴りつける特濃の配備になっているので、もうそれだけで企画として成立してる。これ、毎週のようにヒロインが入れ替わり立ち替わりで登場するのよね。まだまだ色んなシチュエーションが楽しめそう。

 

 2作品とも「キャストが強烈」っていうのが最大の売りではあるが、どちらも身の丈にあった枠でしっかり特性を活かした作品作りになっているので好感が持てる。やっぱりショートアニメの枠って、既存の感覚ではアニメ化出来なかった作品も拾い上げているので業界的には決行重要な枠なんだよな。

拍手

○「妖怪アパートの優雅な日常」 4

 間違いなく言えることは、「引っ越した先の住人のCVが石田彰と沢城みゆきだったらまず逃げるよな」ということである。胡散臭すぎるし、多分世界の秘密の半分は握ってる。

 なるほど、こういう方向性での「ベタ」ってのもあるな。最近はラノベだの異世界だのでアニメの「テンプレ」観も変わってきているが、やっぱりこういうのを見ると「どんだけ繰り替えすんや」と改めて思えるのはDNAにすり込まれてるレベル。

 個人的には好きなセッティングである。最近あんまり無かったからこの言葉を使うのは久しぶりだが、いわゆる「長屋もの」。更に「妖怪」というモチーフも好きだし、これらが組み合わさった「妖狐×僕」なんかはとても好きでしたね。今作もそんなお約束モチーフを使っているのだからきっと愉快に……なるといいんだけど、1話目での印象はなんかぼやっとしている。別にどこが悪いということは無いのだが、せっかくのモチーフが何か乱雑。オープニング映像を見ると分かりやすいと思うが、色々な「妖怪」というデザインが本当にとっ散らかっており、1つの世界に共存した存在に見えないんだよね。徹底的にマスコットっぽく描かれてるやつ、典型的な「幽霊」デザインのやつ、不気味さを前面に押し出したやつ。対する人間キャラの方は割と頭身が高めで、冒頭で「高校に進学する」って言った時に「おまえ中坊かよ!」ってびっくりした。そうした諸々がごった煮になるのが「長屋もの」の楽しみという側面もあるのだが、ちょっと依って立つところが不安過ぎる気がする。

 あと、製作がシンエイ動画らしいのだが、なんか、全体的に映像も古くさいし、パッとしない。キャラ画は少し気を抜くとだらしなくなってしまうし、アニメーションとしての動きそのものに魅力を感じる部分が無い。1話目の時点で「このキャラは気になる」というキャラが1人でも出てくればいいのだが、そう言った見せ方が1つもなく、とにかくベタな説明だけで終わって「これ、色んなところでみた奴だ」という感想だけで終わってしまう。別にこの作品でなくてもいいことばかりなのだ。

 まぁ、何かキャストがエラいことになっているとかいう不穏な要素があるので、ここから何かとんでもない大爆発が起こる可能性もあるのだが……(鳥3羽のキャストがイカレてるとしか思えない)。どうかなぁ、爆裂するような作品ではないだろうなぁ。

拍手



忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14
24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/23 あ]
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
バーコード
ブログ内検索
カウンター