忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[1032] [1031] [1030] [1029] [1028] [1027] [1026] [1025] [1024] [1023] [1022]
 「バクマン。」 5→5

 気づいたら2クール終わっていたのである。びっくりだ。なんだかんだで毎週見てたんだけど、特に退屈することもなく見られたのは、やっぱり原作が面白いからなんだろうなぁ。やってることは本当に地味な作品なんだけどなぁ。物語の半分くらいが「担当から電話が来るのをドキドキしながら待っている」だけの漫画って、やっぱりおかしな存在なのは間違い無いと思う。

 この作品を評する時には、やっぱり「アニメにしたことによるプラスとマイナス」を見る必要があるだろう。マイナスポイントは明らかで、どう考えても漫画以外の媒体で視覚情報、聴覚情報に訴えかけるには地味なのだ。ずっと机に向かっている漫画家の仕事を盛り上げろ、というのが土台無理な話。漫画ならページを埋め尽くす台詞量でごまかせようが、アニメではそうもいかない。もちろん、様々な物語でお話自体は盛り上がるわけだが、どうしたって目新しい画面が少なくなり、ダラダラと垂れながらされる画面になりがちなのだ。学園パートなんかもあるとはいえ、こればかりはどうしようもない部分であった。でもまぁ、それが決定的なつまらなさに至らなかった、というのは、スタッフの尽力によるものだとは思うのだが。やっぱりカサヰ監督を始めとするJ.Cのスタッフは本当に安定している。

 逆に、プラス要素として働いたのはアニメとしての顕在的な売り出し要素を付加した部分。例えば1話ではうるさすぎるくらいで浮きまくっていた「超ヒーロー伝説」みたいな作中作のビジュアルだが、他の様々な作中作もそれぞれに独自の世界構築をいちいちやってもらったおかげで、別々のアニメを何本も見られたような、ちょっとお得な感じがあったのは素直に嬉しい。「ふたつの地球」はたっぷりの朗読ドラマで独特な絵柄が味わえたし、「KIYOSHI騎士」なんかも福田さんのアクの強い人間性が作品を紹介することでうまく浮き彫りにされていて面白かった。

 トータルすると、「この原作ならこのアニメ化で良し」というくらいの80点採点。連載決定で1期終わりという尺の取り方も悪くないし、これをきっかけに作品に触れた人がいるとしたら、次の2期も楽しみに待てるのではなかろうか。ただ、今後のシナリオって、亜城木夢叶が専業作家になっちゃうからますます画的に地味になる気もするんだけどね……

 本作は隅から隅まで充実したキャスト陣が揃っているのも魅力の1つで、編集長役が賢雄さんだったりするのが地味に嬉しい。福田役の諏訪部さんがやたらはまっていて格好良かったのが随分印象的だったし、新妻エイジ役のぴこりんも良い味出してました。でも、相変わらず俺的MVPは見吉役の矢作紗友里なんですけどね。おはぎの見吉のせいで、原作の見吉も可愛く見えて仕方ないです。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター