忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[1047] [1046] [1045] [1044] [1043] [1042] [1041] [1040] [1039] [1038] [1037]

「これはゾンビですか?」 5→4

 うーん、なんだかよく分からない作品だったな。ものすごいごった煮でとにかく思いついたことを全部ぶち込んでみた、みたいな作品で、その「思いつき」に統制が取れておらず、どこに行きたいのかを誰も分からない状態になってしまっている、そんな印象である。分からなくなったのは視聴者だけでなく、制作スタッフも、そして原作者についても、そんな気がする。

 面白い部分は割と面白い。ギャグに特化している時にはそれなりに笑える要素も少なくなかったし、現代ラノベの残りカスの塊みたいな、とにかく属性だけを山のように盛りつけてそれを垂れ流すだけ、というアイディアも、実は案外メタネタとして悪くないのではないか、という気にもなった。しかし、その程度のネタ回しは、本気でギャグに振り切れた作品の命がけのチャレンジには敵うものではない。中心となるアイディアが無いままに走り出してしまったが故に、体幹が維持できずにフラフラしているだけなのだ。

 たとえば、えげつないネタの1つに魔装少女となった主人公歩の姿があるが、既に現代アニメでは「キワモノ魔法少女」のジャンルはほとんどの道を走り追えた後で、野郎が変身するくらいではトップランクのネタとは言い難い。世の中には魔女の孵卵器や白い悪魔など、もっとえげつない魔法少女が山ほどいるのだから。でもまぁ、「歩がもっと可愛く!」とか、そういうネタ回しはちゃんと設定をいかしているので悪くないとは思ったけど。豚骨ラーメンの回とか、突っ込みようもないくらいに突き放してくれた方がこの作品のテイストとしてはありがたかったか。

 また、ヒロインの乱立っぷりが消化不良でイマイチ活かし切れていないのも勿体ない部分。結局歩の中では一番大事な存在はクーだったと思うのだが、それを埋め合わせるくらいにハルナが頑張ってしまい、どこを見たらいいのかがブレてしまった(ユーの魅力が、結局中途半端に終わってしまった)。最終的に、一番親しみやすいヒロインが割と常識人のトモノリだってのも頂けない。ギャグが武器にならずに阻害要因になってしまうようでは、ハーレムものとしての設定にかみ合わない。当然、シリアス展開になると、「ろくにバックグラウンドもないのになぁ」と不安になってしまうこともマイナス要因だろう。やっぱり、要素だけの切り貼りで成立するほど、物語というのは甘くないのである。

 おかげで1話1話を「独立したよく分からない流れのギャグ」として見た場合には、それなりに楽しく見られたというのがこの作品の評価点。毎回妄想ユーが誰になるのかが楽しみだったし、メガロの造形なんかも割と楽しかった。そういえば、中の人で言うと、今作で一番頑張っていたのはハルナ役の野水伊織か。最近はすっかり新人臭さも消えて、安定感のある仕事が出来るようになった。お歌の方はそこまで大したものではないが、今後はエースの看板を背負って一線で戦っていくことになるのだろう。なかなか楽しみである。……結局、クー役の月宮某にとって、この作品はどうなんだろうな。作中でほとんど声が聞こえなかったから印象がぜんぜん無いわ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14
22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター