忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[1054] [1053] [1052] [1051] [1050] [1049] [1048] [1047] [1046] [1045] [1044]

「レベルE」 6→6

 安定。たった一言「原作が面白いからな」といえばおしまいの作品ではあるのだが、あの無茶苦茶な原作を極力変質しないようにアニメ化出来たのだから、その部分はちゃんと評価すべきかと。

 もちろん、無茶苦茶なのでやっぱり無理だった部分もある。特に野球犯人当ての回なんかは、原作の時点で初読放置というひどいありさまだったので、アニメで無理矢理1エピソードに落とし込んだのは無謀だった。いや、だからといって2話に分けたら意味が分かるかといったら確実に無理なんだけど……諦めるしかなかったよね。もし原作未読の人間がいたとして、あの話を「分からなかったからもう1回観よう!」と思えるんだろうか……原作買って下さい。それでも分からないから。

 それ以外だと、例えば最終話が王子の結婚までで、新婚旅行エピソードがカットされてしまっていたりするのもちょいと残念なところだが、実を言うと私は虫がものすごく嫌いなので、あの話がアニメ化されなかったことにはホッとしてたりする。1話のクライブの時点でちょっと嫌だったくらいなので、アニメスタッフの判断にはがっかり半分感謝半分。まぁ、忠実なアニメ化を望むならばやっぱり全エピソードやって欲しかった気はするんだけどね。他のエピソードについては、時間配分もちゃんと考えられていたし、オリジナルアレンジの部分も「アニメにするときには原作では分かりにくいだろう」という部分を積極的にいじっていたのが分かったので、悪くない修正だろうと思えるものが多かった。ここまできちんとスタッフに愛と理解を得られただけでも、文句を言うのは筋違いというものだろう。良いアニメでした。

 個人的には中の人MVPはクラフトの子安だったわけだが、浪川先生の頑張りも素敵だったし、だんだんキャラが固まってきた細谷佳正についても、悪くなかったと思う。そして、カラーレンジャー回はあまり聞かない名前ばかりが並んでいたのだが、特に気になる点もなかったのは有難かった。金谷ヒデユキがメイン張ってるのとか、どういうことだろうと思いましたがね。笹島かほるんも随分久し振りに見たなぁ。あとは二股人魚の中の人でしょうか。幸薄い声サイコー。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター