忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[1544] [1543] [1542] [1541] [1540] [1539] [1538] [1537] [1536] [1535] [1534]
「WORKING’!!」 6→6

 これも「安定2期」と言ってしまっていい作品だろうか。新鮮味が無いのは残念なところだが、余計な「初見」の負荷がかからない分、ヘヴィーユーザーには助かる分野でもありますね。とはいえ、こちらも「イカ娘」と同様、監督が入れ替わっての続編。そして、「イカ娘」は前監督である水島さんがちゃんとバックについていてくれたのに対し、こちらは監督以外にもシリーズ構成などのスタッフも結構かわっている。そして、個人的には2期の方が楽しかったのである。

 楽しかった理由の1つには「1期で馴染んでいたおかげで入りやすかった」「長く続いている分だけキャラの掘り下げが進んで、より密度の濃い話が楽しめた」という2期特有の現象もあるだろうけど、そうした「密度の濃くなったキャラクターたちの関係性」を描く際の気配りについては、2期の方が優れていたように思える。「イカ娘」が2期で「安定して何だか物足りない気がした」のに対して、この作品は、「2期になって作品内が変化したことを、うまくアニメに取り込んだ」という印象。具体的には、1期にはとにかくキャラクターが顔見せをし、ちぐはぐな人間関係の「ズレ」から笑いを産み出すことがメインだったわけだが、2期あたりのシナリオになると、恋愛あり、憎悪ありの関係性が少しずつ深さを増していき、どこか歯がゆいような人と人との交わりの中に面白味を見いだす内容になっている(そんなに明確な差があるわけじゃないけどさ)。

 その差異を出すために、この2期で力が入っていたのは、目先の賑やかさではなく、1人1人のキャラクターの細かい仕草や表情などから、何とも不可解な心情を描写することだったんじゃなかろうか。誤解を恐れずに書くと、「京アニに近いような力点」である。元々A-1picturesはそうしたディティールの描き込みは得意なスタジオだし、監督を任された大槻さんも、「触れ合い」からのささやかなドラマの掘り下げは実に巧みなクリエイターだ。これまで「れでぃ×ばと」や「もっとTo LOVEる」など、小規模な作品で(個人的には)ヒットを飛ばしていたが、今回それなりの注目度の「話題作」で力を発揮出来たので、特色はよりはっきり出たのじゃなかろうか。

 個人的に、小鳥遊・伊波の嬉し恥ずかし恋愛模様の描写も好きだったし、佐藤・八千代のやるせなさ満開な大人の恋路も楽しかったが、恋愛関係(??)でいうなら、相馬さんが山田に見せる何とも歪んだ愛情がお気に入り。鬱陶しいし、憎たらしいんだけど、何となく面倒をみてあげたくなっちゃうという相馬さんの割り切れない親心が、今回いい味を出していたと思うのですよ。そして、原作でも大好きなのが小鳥遊4姉妹のエピソード。今期は1期に比べて登場シーンも増えたし、梢や泉あたりは中の人のイメージも加味されて凄く楽しいキャラクターに仕上がっていた。メインキャラたちがなまじストレートな恋愛模様を展開させてもじもじしていたので、この作品の本来の持ち味である無茶苦茶なキャラクター性が輝く彼女達の活躍に憧れてしまう、っていうのもあるかもしれません。

 何にせよ、「可愛いキャラは可愛く」ということを徹底して見せてくれていたので、それだけでも満足です。現在、原作はさらにややこしい展開に拍車がかかって「リア充爆発しまくれ」と言いたくなるような状態ではありますが、そんな状態でもアニメ画で更に賑やかに見てみたいという欲求はあるのです。さぁ、3期はいつ始まるのかな?

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14
22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター