忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[1546] [1545] [1544] [1543] [1542] [1541] [1540] [1539] [1538] [1537] [1536]
「世界一初恋2」 5→5

 人生何事も鍛錬である。鴨川会長だって、「努力した者が必ずしも成功するとは限らないが、成功した者は須く努力しておる」との格言を残している。積み重ねること、頑張ること、それが一番大事。この作品だって、それは同じ。

 凄いです。2クールもの長きに渡って付き合ってきたこの世界。だんだん慣れてきました! 濃厚なホモシーンも、男同士の歯の浮くような台詞も、だんだん、初期に覚えたようなやるせない不快感を脱出して、普通の物語として見られるようになってきました。これって、継続の成果なんじゃないでしょうか。いや、人として大切な部分を何かそぎ落とされているような気もするけど……

 とにかく、何度も書いていることだが、「見た目の嫌悪感」「どうしても受け入れられない致命的な禁忌感」が薄れてくれば、この作品は実に丁寧に、真に迫って描かれた立派なラブストーリーなのだ。メインである高野×小野寺コンビは理想的な「与えて与えられる」関係性であるし、それが単なる上っ面の惚れたはれたではなく、感情としてしっかりと「理解出来る事実」に立脚したものになっている。こうした、ベタで分かりやすい恋愛模様を時間をかけて描くという試みは、最近のアニメでは割と貴重なものになっているのだ。そして、この作品の場合はメインのカップリングを離れてその周りでも様々な恋愛模様をオムニバスとして繋ぐことによって、それらが相互に比較対象となり、「愛情表現にも色々あるんだよね」という多彩さ、多面的な捉え方を与えている。こういうスタイルの恋愛物って、珍しいんじゃないかなぁ。

 いや、もちろん、その全ての恋愛が野郎同士というのが最大の問題なわけですけどね。丸川書店の絶望的なホモ率は、出版社というクリエイティビティを礎とした職業とは思えない生産性の低さを誇っている。このトンデモ空間さえ設定として受け入れることが出来れば……案外、見ていて「大切なもの」が見えてくることもあるんですよ。ホントだよ。

 結局、最後の最後までスタッフを信用して見続けたわけだが、まぁ、普段なら絶対に追いかけられないジャンルで、それもかなり際立った作品を視聴し続けることが出来たおかげで、色々と面白い体験にはなったと思う。やはり今千秋・中瀬理香などの女性スタッフがお送りするめくるめく世界は、容赦がなくて良いですね。これが菊池洋子のキャラ作監で描かれるんだから、たまったもんじゃない。しかし……今監督をはじめとして、藤原良二、西村純二、小滝礼と、もうディーンは主力級クリエイターを全部この作品に注いでいたような気がするぞ。この作品から解放された強者たちは、次にどんな作品を描くことになるのか、それも気になります。ただ……最近のディーンは本当にBLが多いからなぁ……だから「地獄少女」の4期を(略)。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14
22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター