忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[1548] [1547] [1546] [1545] [1544] [1543] [1542] [1541] [1540] [1539] [1538]
「ぬらりひょんの孫〜千年魔京〜」 5→4

 正直言うと、アニメ連打の狭間の時間帯で「はがない」と時間帯が被っていたのであまり真剣に見られていない作品だったのだが、脇目でちらりと見ている分には、そんなに悪くない出来で、悪くない終わり方が出来たんじゃないかという気もする。それなのに点数がちょっと下がったのは、単に原作もこの辺から格段にしんどくなっていたからだ。普通のジャンプアニメって、バトル展開に移行して多対多の団体戦とかになったら見やすくなって統率が取れるもんだと思うのだが、何故かこの作品は京都編になって途端に魅力がなくなったような気がする。どうも、あのこだわりがある絵柄のせいで「多面的に展開される混戦模様」っていうのを描くのが苦手なんだろうね。

 で、そんな2期目であるが、バトル要素が色濃くなり、敵キャラも土蜘蛛を皮切りに皆殺し地蔵だの鵺だのと色々と飛び出してくる。遠野での修行を終えたリクオの率いる妖怪軍団と京妖怪のぶつかり合いはそのまま観ていても大きく盛り上がるってわけではなかったが、少なくとも原作で読むよりは分かりやすいようにするという気遣いは感じられたし、途中でダレたような印象もない。丁寧に原作をまとめたらこんなものかな、というくらいだ。相変わらず墨絵を意識したような画面にはそれなりのこだわりも観られたし、シナリオだって無難に2クールでまとまっていたので不満は無い(まぁ、なんで最終回が総集編やねん、という謎はあったが)。

 ただ、結局それでおしまいなんだよね。「アニメになったおかげですごく印象が良くなる」なんてことはなかなか無いだろうし、こだわる部分についても墨絵を意識した演出なら「サムライガールズ」がぶっ飛んだものを見せてくれたし、バトルものの迫力だったら、これよりも目を引く作品はたくさんある。素敵なダーティー能登麻美子にしても、「戦国BASARA」のぶっ飛んだものを観てしまった後ではそこまでインパクトがあるものでもない。総じて、「悪いことはないけど、この作品でなくても他で見られるなぁ」という程度のものである。ま、ジャンプアニメだからあんまり大胆に原作のテイストをいじると固定ファンに怒られるっていう面もあるんだろうけどねー。かたや「スケットダンス」が銀魂あたりと組んで好き勝手やっているせいで、どうしてもこの作品だけ浮いてる印象になっちゃうんだよなぁ。

 とりあえず、無事にアニメシリーズが「終わった」のは事実だろう。これで原作も心おきなく終了できる……って、そういうこというとまたファンに怒られるんだ。でもさ、今の原作、何がやりたいかさっぱりわからんのだよね。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター