忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[1682] [1681] [1680] [1679] [1678] [1677] [1676] [1675] [1674] [1673] [1672]
「P4 Persona4 the ANIMATION」 4→5

 うん、これは多分、今年度の正統派ヒット作と言ってしまって言い作品だったんだろう。素直に、中身が面白かったです。なるほどこのゲームは面白そうだ。

 初回視聴時にあまり引かれなかったのだが、その理由は「なんかバトルシーンがしょぼい」というもの。ペルソナを起動して対決するシーンは、結局最後までそこまで引き込まれるようなシーンがあったわけじゃないんで、予想は外れてはいなかったのだが、このアニメで戦闘シーンの盛り上がりは別に重要じゃなかった。シナリオで最も重要だったのはコテコテのギャグ要素であったし、シリアス部分だって、現実での刑事捜査や鳴上家の家庭事情、妹との家族愛なんかで構築されていた。ゲームだったらバトルが一番重要な要素だろうが、アニメなら、それはあくまでおまけですむのだ。むしろ他の要素をがっつり描いて、物語としての厚みを増してもらった方がありがたいくらいなのだ。

 最初のうちはなんかヌルいな、と思っていたギャグ要素が少しずつ癖になっていって、間の抜けた空気も愛着がわいてくると、俄然楽しくなってくる。番長を中心として学生連中のおとぼけコントは古いっちゃぁ古いノリではあるのだが、何のてらいもなくやってくれるのでこれはこれで笑える。中の人的にも色々とはっちゃけられていたようで、クマはクマだから面白かったし、完二のホモがらみのネタも強烈。女性トリオも位置取りがナイスだし、菜々子ちゃんのキャラも、クライマックスに向かって盛り上がるまでにきちんとできあがっていた。そして、そんなおちゃらけばっかりかと思えば、きちんと「サスペンスもの」としての骨子がくみ上げられており、ラストの犯人を暴くくだりなんかは、誰がどう見ても怪しい人間が1人しかいないから答えなんて分かりきっているのに、それでも固唾をのんで見守ってしまった。いやはや、良くできてますよ。

 また、これは聞いた話なので定かじゃないのだが、今作は出来る限りゲームの雰囲気を維持することにも注意が向けられているという。確かに、ペルソナ召還シーンなどは明らかにゲームから持ってきたものであることが分かるようになっているし、その他にも細かい部分で原作をプレイした人間を喜ばせる仕様になっているのだろう。そういう気遣いっていうのは、やろうと思っても「やっぱりアニメになると仕方ないんだ」と言って妥協する場合が多いだけに、きちんとセールスポイントとして活かせているなら、当然評価されるべきポイントであろう。

 結局、これはほぼ確実に岸誠二の「成功作」の方にカウントされることになった。やっぱりアレだ、原作有りだと強いんだ。与えられたものを十全に仕上げるっていうのはアニメ監督としては求められる才能なので、この方向で良作を連発してくれるなら文句はありません。

 中の人の話。……今作は浪川先生なの? えー、なんか釈然としない。みんな本当に手慣れた連中ばっかりだったから、あまりにも安心して聞けてしまえてねぇ。あぁ、そうだ、MVPは足立役の真殿さんでいいのか。こういうくせ者役で輝くのって、やっぱり素敵よね。あと、中華屋の娘さん。実は作中最強説。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14
23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター