忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[1913] [1912] [1911] [1910] [1909] [1908] [1907] [1906] [1905] [1904] [1903]
「AKB0048」 5→5

 実ははらはらしながら観てました。最終回の盛り上がりはなかなかのものだったので、総括前にまずそちらから。

 既にこのアニメの世界設定にも慣れたつもりなのだが、やっぱりいちいちおかしな台詞が出てくると突っ込みをいれたくなってしまうな。センターノヴァを絡めた壮絶なAKBの運命もそうだけど、やっぱりメンバーとしての「襲名制」のキチガイじみた文面がなんだか凄まじい。あと、オリジナルメンバーの神格化具合も凄まじく、本当のAKBファンにとって、現存するメンバーの神格って本当にこれくらいのレベルなのかなぁ、とか考えると、これはこれで感心する。この様子だとマジであっちゃんは宗教おこして国が作れるレベル。

 そして、そんな神の戯れがアニメ上では「サテライトが巻き起こす超時空ライブ」になるわけですよ。そういや劇場版のマクロスFでも留置所ライブやってたもんなぁ。実は「希望について」は好きな曲なのでね、これが1期目のクライマックスとし用意されているのは素直に嬉しかったりする。自然にライブ演出の中でナギサの声が戻るイベントとか、たかみなを巡る後継者問題とか、色々と重要なファクターにも進展があり、次のステップに続く物語の節目としてもメリハリが効いている。クライマックスでは「それ以上輝いてしまうと!」……どうなるかすごくはらはらしたし。これでね、キャスト陣が歌う歌がちゃんと上手く聞こえたら完璧なんだけどね。生歌だとどうしても「なんでこのレベルのアイドルユニットで宇宙中が熱狂するんだろう……」って気分になってしまうのでね。

 やっぱり分からない名台詞。「襲名キララが、高橋みなみにまたたかみなを選んだ!……高橋みなみは……やはりたかみな……」 ちょっと何言ってるか分からないです。
 

 まぁ、結局のところ、1クール観てもろくにメインキャラの名前を覚えないくらいの見方しかしていなかったのだが、これはこれでヘンなところをつついてくるオモシロアニメだったんじゃないか、という気がする。「AKBでアニメを作って一儲け企もうぜ!」という企画はきっとどこかの偉い大人が考えたものだと思うのだが、まさかこんなもんになるとは思わなかったんじゃなかろうか。AKBファンではないアニメファンとしては、この方向性は需要が可能なのでありがたいものであったし、結局ここまでのシリーズはあれこれいいながら視聴を完了させたのだから、文句の出るところではない。まぁ、2期がすごく観たい、というほどモチベーションが上がりまくったわけでもないのだが……あとはここまで地盤が固まった状態から、岡田麿里がどんな無茶をぶちかますか、っていうのが最大の注目ポイントよね。

 あれ? 結局楽しんでるのか? うむぅ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[11/17 DRAKE]
[11/16 ヴェス]
[11/16 Serra]
[11/13 NONAME]
[11/10 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター