忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[2178] [2177] [2176] [2175] [2174] [2173] [2172] [2171] [2170] [2169] [2168]
「ヨルムンガンド PERFECT ORDER」 6→7

 一息ついて改めて感想をまとめようかとも思ったけど、大体毎回の感想で書いてた気がする作品。改めて2期目がどういう構図になっていたのかを振り返ってみると、やはり賑やかな作品だったのは間違いない。

 1期の張り詰めたようなきわきわの脚本をくぐり抜け、2期は非常に分かりやすく「盛り上げる」構成になっていた。大まかに分けると3つのパートがあり、冒頭はアールを中心としたヘックスさんわっしょいの回。続いてトージョをメインとした怪しげなスパイ作戦の回。そしてそこから大きく盛り上がっていくラストエピソード。これだけでもお腹いっぱいだが、間にはヨナが日本で子供たちの行く末を見守っていたり、爆弾親父が守りたい笑顔を展開したり、実に贅沢な盛り込み方である。そして、再三繰り返している通り、これらの脚本が詰め込み感をそこまで際だたせず、きちんと理解出来るレベルで進捗していたのが一番の驚きだろう。もちろん、あっさりと片付けてしまって勿体ないと感じる部分もあっただろうし、原作ファンには物足りない部分などもあったのかもしれないが、アニメしか知らずに視聴していた人間には、これでも重たすぎるくらいの刺激の連打であった。

 改めて振り返ってみると、当たり前のことではあるのだが、脚本は全てゴールを目指した一本の線の上にある。戦争や軍隊、武器をテーマとしたアニメというのはおそらくこれまでも少なからずあったと思うのだが、「武器商人が武器を売ること」というテーマは寡聞にして初めて見た。「武器商人を憎む少年兵」と「才気溢れる武器商人のうら若き女性」なんて非常にあざといセッティングだと思っていたものだが、ことの顛末を最後まで見守った今となると、なるほど、なかなか面白い道具立てだった。最終的な判断は視聴者・読者に丸投げの状態にはなっているが、1つの試論として、問題提起としてこの物語が提示してくれたテーマは非常に興味深いものだし、それに見合った「お話」でもって退屈せずに見守らせてもらった。もちろん、単なる蘊蓄語り、胡散臭い運命論だけのお話にならず、そうした世界の中に活きる個々のキャラクターにもきちんと生き様があり、哲学が見えたのも面白い部分だろう。日野木のように最後までなんだか不思議な人もいたし、ヘックスやDr.ミナミのように、いかにも漫画的でシンプルにかっとんだ奴もいた。2期でクライマックス以外に一番盛り上がったのが19話のワイリさん大爆発回だったことも、非常に良いアクセントになっている。ちょっと離れて見ると実に幼稚で、あり得ないお話なのかもしれないが、畳みかけられたシリーズの中で、こうした「説明不要の盛り上がり」がきちんと用意されているのも、単にお利口さんなご高説アニメに終わらないだけの魅力になっていただろう。

 そして、こうしたキャラクターたちの魅力を支えた画作りのスタッフ陣も、見事なお仕事だった。元永監督指揮による素晴らしい演出面は言うに及ばず、アクの強い原作絵をギリギリのバランスでアニメ絵に落とし込み、要所でインパクトのある動きを産みだしたWHITE FOXの仕事ぶりは、これまで築き上げてきた信頼の1つ上の仕事だった。アクションパートではチェキータさんVS黒坂さんのワンシーンが強く印象に残っているが、一歩間違えればギャグにしかならないココの「悪い顔」や大見得を切った時のキレた見た目など、1つ1つの絵に熱がこもっていた。もちろん、押し寄せる女体の波による深夜アニメ的ご褒美だってごちそうさまである。キャラクター全員がエロかったが……一番ヤバかったのはヘックスさんかなぁ。尻がエロいアニメは良いアニメ。バルメさんは最後の最後までおっかなかったけど。

 冷静になってから見るとまた感想も変わってくるのかもしれないが、一気に走り抜ける分には大変満足出来たアニメでした。もちろん最後は中の人の話で締めたいのだが、こちらも1人1人がえげつないくらいに濃かったから、なかなかまとめるのが難しい。エロいおねーさんを褒めるべきか、クドいおっさん連中を褒めるべきか。……どちらも褒めるべきだろうなぁ。久川綾・豊口めぐみ・大原さやか・冬馬由美と並んだ屈強なる布陣。ケロちゃんとスッピーの共演アニメはなんだか久しぶり。おっさん連中では、ブックマンの磯部勉やワイリ役の乃村健次のえげつなさがたまらん。ごついのが集まる中でも異質な胡散臭さを発揮したキャスパー役の松風雅也も相変わらずの仕事ぶり。もちろんスケアクロウとショコラーデコンビも好きよ。ここまで殺伐とした濃い世界だと、あみすけボイスのアホっぽさが際だつこと。

 そして、やはり最後に控えしはメインの2人。「台詞が少なくて楽」しか言ってなかったけど、ヨナ役の田村睦心。良い仕事してくれるよね。だんだん残念美人みたいになってくるむーちゃんマジカワユス。そして、今や時の人(?)、ココ=ヘクマティアルを産みだした伊藤静。今作の成功の一端は間違いなく彼女のおかげである。なんで私は気付いたらラジオCDを買っていたのか。「パンプキンシザーズ」とかこれとか、御前のやってるラジオは気付くとDJCDを買っている気がする。まぁ、特別編ゲストのおかげなのかもしれないけどさ。さて、原作本買うかな。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター