忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[3290] [3289] [3288] [3287] [3286] [3285] [3284] [3283] [3282] [3281] [3280]

「シドニアの騎士」 4→4

 「シドニア」を歌うと無駄にテンションがあがりますよね、というのが一番の感想だったりする番組。いや、嫌いなわけじゃないんだけども。

 結局、初見の印象が最後まで維持された作品だった。特に、この作品の場合には映像面について触れないわけにはいかないだろうから、そちらメインの話にしよう。直近で放送された「アルベジオ」と同じくフルCGでメカのみでなくキャラクターまで全て網羅した作品として話題になった今作。ただ、そのCGはやや堅いものであり、海外産のいわゆる「CGアニメ」よりも、どっちかっていうと「てさ部」とか「ピーピング・ライフ」なんかに近い。つまり、映像面での見得を優先するよりも「手間の削減ツール」としてのCGだ。もちろん、メカ戦闘やガウナの書き込みを見れば決して手抜きのために使っているのではないことは分かるのだが、やはり細やかな表現力において、まだまだ手書きアニメに迫るものにはなっていない。「アルペジオ」も似たような堅さを伴っており、特にキャラクターが大きく動くシーンでは動作のぎこちなさが気になる部分もあったのだが、アルペジオの上手いところは、「実はあんまり人間のキャラクターは動かない」っていうところなのよね。物語の中心になるのはほとんどメンタルモデルであって、あいつらは別に「不自然な動き」が自然な存在なのだ。生身の人間である群像たちは、潜水艦の中でじっとしてることが多かったので、「キャラクターのモーション」については、そこまでハードルが高くなかった。残念ながら、この作品の場合にはそこが如実に出てしまっているわけだ。

 また、アルペジオはフルCGといいながらも、あくまで「アニメ的な演出」を重要視しており、既存のアニメの方法論に落とし込めるように、極力CGを「使いすぎない」ことを意識し、情報量を絞った画面を形作っていた。この作品の場合、どうもそうした「アニメの演出」としての練度が劣っているような気がする。これはもう「マクロスF」の時点で(ひょっとしたらアクエリオンの時点で)気になっていたことなのだが、メカなどをCGにすると、モデルが一括して動かせるために、情報量は際限なく増やすことが出来る。巨大なマシンの全てのパーツを別個に動かすことだって出来るし、戦闘シーンでは見たこともないようなアクロバティックなアングルで、画面全体を使った表現が可能だ。しかし、そうした「盛り込む」演出は、時として人間の認識を越える。あまりに画面に情報が入りすぎると、何が起こっているのかが処理しきれなくなり、ただ「何かが動いている」画面になってしまう。今作の戦闘シーンでもそうした現象は起こっており、最終回のベニスズメ戦などは、「なんかすごいスピードで戦っている」ことは分かるのだが、「何が起こっているか」が非常に分かりにくく、結局オペレーターのアナウンスで状況を伝えるしかないという、何とも勿体ない状態になってしまっている。アニメーションというのは「省略の美学」であるから、なんでもかんでも見えるものを入れ込めば良いというものでも無いのだ。このあたりは「惡の華」でのロトスコープ論争と根っこは同じである。「なんかすげぇ」が伝えたいのなら、「マジェプリ」のクライマックスのようにひたすらありえない方向を追求するとか、「アルペジオ」の覚醒コンゴウのように「もう、何が起こってるか分からなくてもいいくらいヤバい」状態での演出にすべきである。もしくは、手書きアニメの良作がそうであるように、「全体は動かすが、そのことによって表現すべき事象はシンプルで、画面から情報を得やすい」構成を心がけねばならない。

 こうした「やりすぎ」と「固すぎ」のCGワークがどうしても気になってしまったのが1点。あとはまぁ、シナリオ部分が結局何をしたかったのかが(まだ完結してないから)ピンと来なかったってのが1つ。いかにもSFらしい興味を引くガジェットはてんこ盛りなのに、それがおまけみたいに見えてしまうのが勿体ない。播種船という舞台の独自性、生物学的なおかしさなど、個々に見て面白いポイントは多かったのに、結局最後は「選ばれし主人公の最強物語」になってしまうんだよなぁ。個人的に一番盛り上がったのは、下手したら生体尿道カテーテルが刺さった瞬間かもしれません。尿道で頬を赤らめたり、尿を飲んで生き延びたり、「人間にとって尿は欠かせない存在」ということを知らしめるための作品だったのかもしれない(やべぇ)。

 まぁ、こんだけ文句は言ってても、星白は可愛かったですけどね。ヒロイン勢が、「化け物に食われて変質した触手生物」「ふたなり」「クローンモブ子」「仮面」「熊」(?!)と並ぶ時点で、すげぇ作品なのは間違いない。2期目でもう少し独自性のある盛り上がりに期待しよう。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
14 16
28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
バーコード
ブログ内検索
カウンター