忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[3293] [3292] [3291] [3290] [3289] [3288] [3287] [3286] [3285] [3284] [3283]

「風雲維新ダイ☆ショーグン」 5→4

 すげぇ、作品だった。ここまでの冒険に出る勇気はなかなか持てないものだ。そういう意味での勇気というのは讃えたいものである。まあ、面白かったかどうかは全くの別問題だが。

 「動画で駄目になるぐらいなら、止め絵に全力を尽くして動かさなければいいじゃない」という逆転の発想。アニメーションといえばどうにかして画面を動かそうとするのが普通の発想なのに、全く逆の発想でもって、「動きはあくまでおまけ」にしてしまった。「動かせればいい」というMMD製の作品などとは真逆の発想なのだが、結果的に出てきたものはMMD製に似たり寄ったりのクオリティ。もちろん、その分1枚絵の完成度は上がっているわけだから、考え方によっては狙いは大成功といえるのかもしれない。色っぽい絵を作ろうと思ったところではそれなりに見栄えの良い画があったし、ロボ戦のおよその部分をCGで処理し、動画についてもパンとズームのみでひたすら1枚絵を加工。それで何となく「動いているっぽい画面」を作り出せたのだから、これがものすごく面白かったら、現代アニメ業界に風穴を開ける一大プロジェクトになった可能性もあるだろう。そして、最後まで見終わった時点では、「可能性はひょっとしたらあるのではなかろうか」と思ってしまえたものである。

 だがしかし、だがしかし。まぁ、やっぱり現段階ではこれが限度か。いや、そもそも話が面白くなかったのが全てだった気もするが……「戦国もの」というジャンル被せに加えて、ここ最近は「童貞を守って戦い続ける」なんてコンセプトですら被ってしまうことがあるというこの国のアニメ業界の末期的症状。おかげで、画作りの独自性以外の部分にはまったくオリジナル要素が感じられなかったため、異質な画面に飽きてしまうと、これほど退屈なアニメもなかった。そりゃなぁ、基本的に画面の演出で魅せる気が全く無いわけで、あとはスライドショーで足りるアニメなんだからな。1クールすらもたないのはあたりまえだよな。中の人劇場で引っ張るって手もあったけど、それだってドラマCDでいいわけだしなぁ。いや、でも最後まで観てしまったんだからこれはこれで負けた気もする……こういう無茶苦茶なことやられるとどうしても気になってしまうからねぇ。さぁ、今後この茨の道を追随する人間は現れるのだろうか? 先陣切って無茶やったのが渡部高志ってのがすげぇところだな。ヤシガニの監督が、新たな時代でヤシガニを武器にしようとして戦い抜いたのだから。こういう発想の逆転から、新しい奇跡が生まれるのかもしれませんよ。

 あとは、不二子ちゃんもどきの沢城先生をたっぷり堪能するだけのアニメでした。いや、それよりもこの期に及んでまだメインヒロインとしてのオーラが衰えない川澄綾子の方がすごい気もする。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2
7 10
12 16 17
22
28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[06/24 NONAME]
[06/19 Serra]
[06/19 metalica]
[06/14 DRAKE]
[06/13 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター