忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[3289] [3288] [3287] [3286] [3285] [3284] [3283] [3282] [3281] [3280] [3279]

「エスカ&ロジーのアトリエ」 5→4

 取り立てて何もなかった作品。本当に、びっくりするくらいに、徹底的に何も無かった。でもまぁ、考えてみたらアトリエシリーズって大体そんなもんだった気もする。どっちかっていうとごちうさよりもこっちの方が「日常もの」だった可能性すら。

 シナリオの適当さは「星刻の竜騎士」なんかにも並ぶレベルで、いかにもゲームのシナリオの断片を切り取ってんだろうなぁ、という、イベントとイベントを繋いでいくだけの構成になっている。そりゃ「錬金術師がお客の依頼を受けて少しずつレベルの高いものを作れるようになっていくことを楽しむゲーム」なんだから、依頼がどんどん繋がっていくだけなのは当たり前なのだが、ゲームと違ってアニメの場合にはエスカのレベルアップが実感出来ず、ずっと同じことを繰り返しているように見えるだけなのが辛い。その分、回りの人間との関係性や、少しずつ広がっていく仲間の輪なんかで時間経過を表現していくわけだが、「いがみ合ってたあいつらがどんどん仲良く!」みたいなのは一切ない。何しろ、エスカって大体において第一印象からかわんない子だから。出会った直後から大体みんなしてエスカの仲間だし、彼女に悪いことなんてしない。一応、ロジーとの関係性は少しずつ深まったかなぁ、というところくらいが一応の成長ポイントなのだが、最終回での別れがあまりにあっさりしすぎてたしなぁ。本当に「蓄積」の少ないアニメであった。

 そういう意味で「日常系」なんだ。一応ラスボス(?)を巡るメインシナリオはあったけど、おとぎ話を交えた骨子は何ともぼやっとしていて、終わった感じがしなかったのもなんだか日常ものっぽい。捉えどころの無さでは今期随一。ただ、だからといってすげぇつまらなかったかと言われると、案外そうでもないんだ。結局、「みんなでエスカを見守る保護者の会」みたいなスタンスが基本にあるので、エスカがわーきゃーいいながら楽しげに日常生活を送ってくれていればそれでいい。個人的にはエルルゥから時を経てやってきた新たなしっぽ系ヒロインとして、エスカはしっかりと脳髄にインプットされている。studio五組の割には作画がヘタレたところも多かったのだが、それでもエスカだけは可愛くあり続けた。なんかもう、それでいいような気がする。「可愛ければいいか」だからごちうさと同じ点数。うむ、ぶれてない(?)。

 あとはもう、エスカを楽しむっていうか、村川梨衣を楽しむしかないでしょうね。多方面に活躍中のなしころもさんですが、単独メインヒロインは今作が初。そして、ほたるんやあおいちゃんのような「おっとり系女の子」と違って、エスカのテンションは禍々しいりえしょんパッションハイテンションに(わずかながらも)近い。そのあたりを無我の境地で楽しむという「りえしょん劇場」が一番正しい楽しみ方だったんじゃなかろうか。他にも、聞いているだけで心の底からホッとする「アホの小清水」とか、「眼鏡の植田佳奈」とか、お約束に満ちたこのキャスティングが、どこか嫌いに慣れなかった一番の要因なのかもしれない。あと、クローネ役の山村響が面白い仕事をしているのが印象的であった。なんか、見かけるときは必ず人造生命の役ばっかりやってる気がする。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2
7 10
12 16 17
22
28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[06/24 NONAME]
[06/19 Serra]
[06/19 metalica]
[06/14 DRAKE]
[06/13 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター