忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[3285] [3284] [3283] [3282] [3281] [3280] [3279] [3278] [3277] [3276] [3275]

「ノーゲーム・ノーライフ」 5→6

 恵まれしブラジリアンラノベ。いや、ブラジル要素欠片もないけども。結局略称はなんなんだろう。

 加点減点の要素が多く、なかなかジャッジが難しい作品になってしまったのだが、やっぱりいしづかあつこというクリエイターの仕事については一定以上の評価があってしかるべきだろうと考えて加点。この独特の世界構築は、玉石混淆のアニメクリエイター業界の中でも注目に値するものだと思う。奇しくも本作は「はったり」がテーマの作品であり、シナリオの中身以前に「どれだけ威圧感を与えられるか」という勝負になっていたわけで、氏の産みだした世界が、このアニメに最大級の結果をもたらしていたのは疑いようが無い。そういう意味で「恵まれし」である。

 初回の時から懸念していた通り、「知略もの」としては本当にグダグダになってしまった。放送途中で知人と話をしていたときにも「しょせんラノベなのに何を期待したものか」と目が覚めたのだが、やっぱり「天才」の「俺ツエー」なんて描ききれるわけがない。まぁ、本作の場合はまだ「天才性」についてはなんとか描出しようとしている部分はうかがえるし、割と筆を割いて表現、構築しようとしている努力はみられる気がするのだが、それでもやっぱり荷が勝ちすぎているのは間違いない。世間的には初回のチェスへの非難が多いが、その後のしりとりだってひどいもんだったし、最終回のコイントスですら、カイジと利根川さんにはボコボコにされるくらいに穴だらけの試合である。「ルールを厳守し、それを逆手に取る」ことを狙った主人公チームのくせに、そもそも世界のルールに穴がありすぎて、まともに考えることすらままならない程度の設定になっているのである。そういう視点から見ると、本当に身の丈に合っていない、駄目駄目アニメである。そもそも世界設定自体がざっくりしすぎているので、色んな可能性を全部考えはじめると、まともにゲームの内容なんか見てられなくなる。そして、その可能性のほんの一部を取り出して、「ほら、裏をかけた」とドヤ顔されても「知らんがな」としか言いようがない。「複数解が多すぎて答えを網羅できないよぅ」と思ってるところに1個だけ答えを持ってこられても、「サボってんじゃねぇよ」とか「出題者ふざけんな」と言われておしまいなのである。

 まー、結局頭脳バトルを目指すとそういう問題は大なり小なり出てくるわけで、はじめから覚悟した上で、上記のように「ラノベなのに何を」と思ってしまえばそこは目をつぶることが出来る問題ではある。そして、アニメスタッフも最低限そのあたりの「嘘臭さ」「後ろ盾の無さ」がネックであることは分かっていたはずで、それをコテコテに塗り固め、勢いで押しきるためにアニメという媒体が用意された。幸い、この方向性は見事に功を奏し、「画面を見てるだけでも十分面白い」という恵まれたクオリティで提供されることになった。決定打となった11話は言わずもがなだし、思わず飛びついてしまった2話とかもたまらん出来。つまり、「あんまりものを考えずにすむ」時のこのアニメがとびきり面白いのである。久しぶりにマッドハウスの本気を見せてもらったような気がする。もちろん、単に突っ込んだ費用がでかいというだけでなく、「はったり」で回すための工夫も諸々凝らされており、8話エンディングのような興味を引く演出も、「分からないなりの」世界から視聴者を離さないための効果があっただろう。1つ1つのシーンに手を抜かない。それだけのことで、やはりアニメのグレードはググッとあがるもんである。

 かてて加えての、あまりに素敵な萌え方向への誘致要因。最後に彗星のごとく現れた純正萌えキャラのいづなが全部持っていくかと思われたが、白、そしてステフの鉄壁さは微塵も揺るがなかった。作品的には白の完勝ってとこだろうが、個人的には立ち位置の関係もあってステフが一押し。11話を見ていても、「これ、絶対最後ステフが決めるだろ」と安心して見ていられるポジショニングが最高。日笠劇場、茅野劇場、そして沢城劇場。もう、本当にお腹いっぱいです。最後に進藤尚美の京都キャラ無双というのも実に贅沢なサプライズである。

 結論、「ステフがアホ可愛いから、シナリオとかどうでもいいくらいにこの世界は満たされている」。

拍手

PR

コメント
無題
略称、公式はノゲノラ押しだけど田村ゆかりの一声でノゲラになったとかなってないとか。
恥部消せば全裸でも無問題とか、はいてない絵で本当にはいてないとかは絵描きらしい発想で好きですね。
チェスで週を跨いだときは思わず頭をかかえましたがそれ以外はよくやったと思います。
ブラジルも勝ち残ってるし(なお作者はドクターストップがかかりインドネシアで療養中)。
【2014/07/02 00:31】 NAME[Hito-oni] WEBLINK[] EDIT[]
Re:無題
>略称、

でもAT-X特番で出てきたのは「ゲームセンターノムラ」だったし、CMで空は「ノゲ」って言ってるし、もう(決める気)ないじゃん。別にいいけども。

なんかもう、多国籍過ぎてよくわからねぇよ。ドクターストップってやっぱあれか、フルタイムで出場して疲労骨折とかか。運動量違うもんな、ブラジル。
【2014/07/02 08:51】


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2
7 10
12 16 17
22 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[06/19 Serra]
[06/19 metalica]
[06/14 DRAKE]
[06/13 NONAME]
[05/30 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター