忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4162] [4161] [4160] [4159] [4158] [4157] [4156] [4155] [4154] [4153] [4152]

「ケイオスドラゴン 赤竜戦役」 5→5

 まず、「あんまり真面目に観てなかった」という謝罪を先にしつつだが、なんか色々と不思議な作品だった気がする。難点も多いけど、その分この作品ならではの売りもそれなりに見えており、随分視聴者を選ぶような、非常にアクの強い作品になったのではなかろうか。

 先に難点の方をあげておくと、流石にシナリオラインが適当過ぎる。根本的な設定に「主人公は自分の大切な人の命を費やすことで敵を倒すことが出来るよ」というものがあり、これのせいでほぼ毎回のように「大切な人」が死ぬ。ご丁寧にミステリアニメのような人物一覧が毎回挿入されて一人ずつ消えていく仕様になっており、「次は誰が犠牲になるんやろなぁ」という「死人トトカルチョ」まで楽しめるようになっている。斬新な設定ではあるのだが、「大切な人との別れ」はレアだからこそ意味があるわけで、主人公・忌ブキとお手軽にインスタントな友情物語を見せられた後で「はい、じゃ次はこいつ」という風にサクサク死んでいくと、そこに大した感慨も湧かずに流れ作業になってしまう。「大切なキャラ」1体を殺す割にはその代償が「敵の何か鬱陶しい奴の殺害」くらいであり、ホントにそれが必要だったのかどうかもよく分からない場合が多い。また、作品が進むにつれて今度はその赤の竜の力が「大事な人のアンデッドを完全消滅させるため」とかにも使われるようになり、もっと戦争に直接役立てる方向性にしろよ、というもやっとした展開も悩ましい。いや、忌ブキにしてみれば深刻な問題なのは分かるのだが……「還り人」設定のせいで生と死の堺が曖昧になってしまい、「命の対価」の大きさがぼやけてしまったのも悩ましい。

 また、戦争設定も大きな枠組みで「戦乱」を描いている割にはせせこましいところで推移しており、国の命運を握ってるはずなのに問題がやけに所帯じみているのも変な感覚。もとがTRPGだったって言う話も聞くのであくまで「個人のレベルの戦闘」で処理出来るお話ばかりが繋がっているのは理解出来るし、設定上それが国の運命を左右しているかもしれないことも頭では分かるのだが、やっぱり忌ブキという主人公のサイズがどこまでも小さく見えてしまい、最後の最後まで「竜のおじちゃんにいいように弄ばれてる小僧」にしか見えなかった。回りの大人たちばかりが勝手に話を進めているので、途中からは赤の竜は放っといてもいい気にさえなったし。「とにかく人を殺さにゃならん」というシナリオ上の制約があったせいで、どうしてもキャラの数・死人の数が増えてしまい、物語に収拾がつかなかったのが今作の最大の難点だったのではなかろうか。

 ただ、不満点は多かったが、それをフォローする気になる点もちょいちょいあるのが今作の悩ましいところ。「死の物語」を中心に描いているので、ドラマは自然に重たいものになる。1つ1つのシーンは割と劇的なものが多く、例えば楽紹さんの死と復活のドラマ、ウルリーカさんの涙の主従関係など、他の作品ならば全部クライマックスに用意されていてもおかしくない密度の「悲劇」も合間合間に平気で顔を覗かせる。キャラデザこそ独特ながらも、映像自体は決してクオリティの低いものではないので、気迫のこもったバトルシーンなんかは見応えのあるものも多いのだ。還り人、生け贄という2つの要素が絡む「命」の使われ方も意外性のある展開を生んでおり、もっと掘りさげていけば愛憎劇としても命の物語としても面白そうな素材はそこかしこに転がっている。正直言って、忌ブキが絡まないシーンでこそそういう要素が輝いていたように思う。安易過ぎる発想かもしれないが、やはり「人の死」というのはショッキングなものであり、受容する側にもそこでは何らかの心的な影響があるはず。それを上手い方向に「面白さ」に繋げていければ、一回りも二回りも刺激的な作品になっていたのかもしれない。

 トータルで見ると、「まぁ、やりたいことはそれなりにやれていたのでは」と思うのでそのスタンス自体は嫌いになれない作品ではあった。もうちょっとキャラデザが見やすくなれば視聴モチベーションが上がってより深くハマれたかもしれないのだが、適当に処理してしまったこちら側にも非はあるかも。とりあえず「ぱるにゃすが真面目にしゃべっている」っていう事象だけ認識してればそれでOKだったから、別にいいか。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
2
11 13
18 20
24 25 27
28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[05/22 NONAME]
[05/21 Chrolony ]
[05/15 Serra]
[05/15 metalica]
[05/15 Chrolony]
バーコード
ブログ内検索
カウンター