忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4205] [4204] [4203] [4202] [4201] [4200] [4199] [4198] [4197] [4196] [4195]

WORKING!!!」 5→4

 これもまだ終わってない作品だけど、まぁ、一通り片付いたし、最終話を観たあとには覚えてない気もするのでここで一応記録しておく。

 毎回製作スタッフが変わっている作品なので、同じ原作なのに微妙にテイストは違うんだよね。ここまでの2期はいうても「ギャグアニメ」の路線を守っていたとは思うのだが、シリーズファイナルとなる今期は、今まで好き放題にこじらせてきた人間関係を清算しなければいけないシーズン。つまり、あんまり余計なことをやってる余裕が無い。ひょっとしたら今期監督はそのあたりの要請で登板した人なのかもしれないが、これを前2クール分よりも面白くしろってのは無茶な話でね。いや、このごちゃごちゃした人間関係、惚れたの腫れたの言ってるシチュエーションが心底好きな人はこっちの方が楽しめた可能性もあるんだよ。1つ1つの関係性が予定通りの場所にかちっかちっと収まっていく感覚。何一つやり残しなく「めでたしめでたし」で終わるエンディングは、投げっぱなしが嫌われるアニメ業界においてはお手本のようなものだ。原作でもそのあたりの「収めるところに収める」意識はとても強く、高津カリノって人はどこまでいっても「ラブコメ」が描きたい人なんだろうなぁ、というのがはっきり分かるのである。

 ただ、やっぱりドタバタを中心に見たいと思っていた人間、特に1期2期の平池さんや大槻さんのファンとしては、今期は「爆発力不足」と捕らえられてもしょうがない。いや、監督のせいじゃないんだ。あくまでストーリーの問題なんだ。正直、リア充が内輪でいちゃいちゃしてるシーンを立て続けに見せられてもイラッとする部分が多いんだ。それは、多分俺の氏素性が悪いんだよ。しょうがない。でも、微妙に店長のキャラが変わってたり、最後の最後で収めるために何かを犠牲にしてた気はするんだよなぁ。終わらせたい気持ちは分かるのだが、これまでの展開で「綺麗に収める」ことを前提にしてなかったものを無理に収めるのもなぁ。

 というわけで、ちょっと物足りなさを感じてしまった、というのが率直な感想。まー、何も起こらずにただワグナリアの日常をダラダラやられて面白いかと言われれば微妙かもしれんけどさ。とりあえず、なんか色々と派生作品が出てきているようなので、そっち方向で改めて展開することに期待しましょう。しかし、これと「のんのんびより」が同時期に終わってしまうと、アスミスの代表格ともいえるちっちゃい役が一気に無くなることに……ゆのっちー! 早く帰ってきてくれー!

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
12
17 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[10/07 「まくっすみ」だったら完璧だった]
[10/02 metalica]
[10/02 metalica]
[10/02 Chrolony ]
[09/28 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター