忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4353] [4352] [4351] [4350] [4349] [4348] [4347] [4346] [4345] [4344] [4343]

「アクエリオンロゴス」 5→4

 救世主だったんでしょうか。どうなんでしょうか。少なくともサテライトにとっての救世主にはなってない気がするな……。

 なんとも評するのが難しい作品だ。今作は「アクエリオン」シリーズ3期ということで、必要以上に過度な期待を持たれてしまっている時点で割と無茶な状態。前2作がどちらもぶっ壊れ作品だったせいで、何をやっても「こんなの違う」と言われたり、「大したことないな」と言われたり。ただ、「こんなの違う」という文句は今作にはちょっと当てはまらないような気がする。確かに前2作とは「違う」のだが、これがアクエリオンじゃないならなんなんだ、ってことになる。マクロスなの? いや、違う。やっぱりこんなアホな話はアクエリオンではあるんだ。でも、何かが違う。うーむ、なんだろ。

 非常に単純に答えを出すなら、大きく違うのは映像面である。キャラクターデザインが変わったことでなんだか全体的に尖った印象が無くなり、最後まで今ひとつ馴染まないままにキャラが動き続けていた。メカ作画以外の部分では今ひとつどころか今みっつくらいの作画もちょいちょいあったし、現代アニメのCG技術革新の草分け(の1つ)となったアクエリオンの後継としてはなんともチープ。いや、初代だって作画滅茶苦茶だったことはあったわけだが、それでも、その滅茶苦茶さをネタにして飲み込んでしまえるだけのパワーが、普段の映像演出にあったのである。今作の場合、全体的にシーンが間延びした印象になる。これまでのように油断すると命を取られかねない異世界ファンタジーとはそもそも設定からして違うのでしょうがない部分はあるのだが、高校生たちのお遊び演劇集団がメインとなると、どうしても勢いが削がれてしまう。

 そして、そんな画で描かれた影響もあるのか、それぞれのキャラクターにパンチがない。個人的に一番不満だったのは主人公の陽である。うわごとのように「救世主だからだ」とつぶやく陽は、いっそ開き直ってそのまま突っ走ってくれれば「理解出来なくてもしょうがない」と納得できてしまう異次元の主人公として輝く可能性もあったかもしれない。元祖主人公のアポロ、「EVOL」におけるカグラなんかは、「もうこいつらの考えてることなんか分からなくてもいいけど面白い」という異次元主人公の代表格と言っていい(カグラは主人公じゃないかもしれんが)。しかし、陽は途中、その「救世主至上主義」のバックグラウンドがなんとも情けない姿で描かれてしまう。それまでの一途な姿勢は強さではなく、むしろ弱さであることが暴露され、最終的なボスキャラである総との対比構造でこてんぱんに打ちのめされてしまう。普通のドラマであるなら、こうして主人公が打ちのめされ、立ち上がる物語を描くのが常道なわけだが、正直、アクエリオンにそういう湿っぽさは求めてないんだ。馬鹿は理屈抜きの馬鹿でいて欲しいんだ。その方が、アクエリオンに乗って戦う無茶な戦闘ギミックにも華やかさが出るのだ。

 そういう視点で見ると、今作で一番輝いていたのは努虫だったんじゃないかって気がする。初見では「なんやねんこの変な格好のデブは。声もなんか変だし、こんなんが味方パーティーにいていいんか」と思ったものだが、話が進むにつれて一番見ていて楽しかったのが努虫だった。慣れてしまえば中の人の声も個性的で面白いし。本作で最後の最後まで自分を崩さず、馬鹿であり続けた旧来よりの「アクエリオン気質」だったのは努虫だけだったのである(まぁ、お相手のショウコも同じくらい強かったが)。そんな努虫についても、しれっと殺してしまったことについてはなんかもやもやが残っている。本作のテイストだと「まぁ、どうせ生き返るやろ」と思って見てたのに結局そのままだったからね。いっそ陽が殺されていつの間にか努虫が主人公ポジションになって総をボッコボコにする、とかいう展開だったら「どないやねん!」ってなって面白かった可能性も……。

 まぁ、諸々の要素を並べて見ると、結局脚本の弱さなのかな。もっとネジの外れた馬鹿みたいな理屈が見たかったんだけど。「文字の力」っていうなまじ形が見えやすいテーマを選んでしまったせいで、途中からはパターンが固定して意外性のあるバトルが出てこなかったのも悩ましいところなんだ。上手く使えば色々面白い展開が作れたと思うんだけどなぁ。あと、何故今回AKINOにしなかったのか、っていうところで小一時間。旧作シリーズからの脱却をはかりたかったのか、って勝手に解釈してたのに、ラス前でちゃっかり使ってるし。そういうとこだけ旧作に頼るのはなぁ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
2
11 13
18 20
24 25 27
28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[05/22 NONAME]
[05/21 Chrolony ]
[05/15 Serra]
[05/15 metalica]
[05/15 Chrolony]
バーコード
ブログ内検索
カウンター