忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4352] [4351] [4350] [4349] [4348] [4347] [4346] [4345] [4344] [4343] [4342]

「ゆるゆり さん☆ハイ!」 5→5

 世はおしなべてことも無し、ならば良し。そういう作品ですよ。このまま4期、5期と続いていく作品になるのでしょうかね。

 先に改めて書いておくと、私は1期、2期の方が好きだ。OVAと今期はどうしてもまったり度合いが過ぎるし、回数を重ねたことによってマンネリ感はつのるばかりなので正直退屈な内容だった。あまり目を凝らして真剣に観るような作品でないのは間違いないだろう。いや、そりゃ1期2期だってそうなんだけど、今作に比べたらまだ注意を引きつける要素は多かったはずだ。話数を重ねることで登場人物が増え、それぞれのキャラクターの間に積み重なる人間関係は確実に厚みを増しているが、それがすぐに面白さに直結するような作品でもないので、あまり「年季が入る」ことによるアドバンテージがないのは残念なところ。

 ただ、こうして「3期はダルいなぁ」と思ってしまうのもあまり正しい認識とは言えない。冷静になって振り返れば、「ダルい」ではなく「ユルい」と評するべきであることを思い出せるはずだ。この作品はタイトルが「ゆる」いのであるし、原作だって別にそんなしゃきしゃきした作品ではないだろう。1期2期で得られた満足感、ギャグアニメとしての充足感はあくまでも「太田雅彦アニメから得られる要素」であって、「ゆるゆりから得るべき要素」ではない。そこはしっかり線引きしなければ、「ゆるゆり」のアニメを正しく観ることは出来ない。あくまで「ゆるく」「百合を」という風にタイトルを素直に受け取るなら、今期は「百合」要素は割と強めに出ており、それぞれのカップリングの彫り込みに関してはしっかりと「年季が入る」ことによるペイが発生している。ギャグのテンポが抑えめになったと言っても、それが「じっくりと百合関係を描くための雰囲気作りだ」と言われれば、なるほどそうかもしれないという気もしてくる。実際に今期は様々なカップリングがあちらこちらで発生しており、そのどれもが丁寧な心の交流からしっかりした「百合」を結びつけていた。であるならば、今期だってまったくもって「ゆるゆり」だったのである。

 繰り返しになるが、私は1期2期の方が好きだ。それでも、より幸せそうな顔の千歳が拝めたのはどちらかと聞かれれば、「3期の千歳の方が幸せだったかもしれない」と答えるしかない。「3期の方が綾乃の色んな表情が楽しめた」という価値を認めるべきかもしれない。ことここに及んであまりに陳腐なまとめ方になるが、「3期には3期の良さがあるよね」ってことだ。

 まー、このテンションだと流石に4期を作ってもう一回、っていうテンションにはならない気もするのだけど……まだまだごらく部の仕事は尽きないよなぁ。アニメがどうこういうよりも、僕は京ちな(の中の人)のいちゃいちゃを見てるのが一番楽しいです。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[12/09 NONAME]
[12/04 Mei]
[11/25 NONAME]
[11/23 NONAME]
[11/23 Serra]
バーコード
ブログ内検索
カウンター