忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4348] [4347] [4346] [4345] [4344] [4343] [4342] [4341] [4340] [4339] [4338]

「終物語」 5→5

 ひとまず一旦休止、みたいな扱いなのかな? 別にここで終わるわけではないのよね。原作読んでないのでそのあたりの展開がいまいち分からないけど、ばんばん新刊のCMやってるんだから終わってるわけないわな。

 ひとまず1クール分の内容で一旦まとめておくと、今回はこれまでのシリーズの中では中庸程度の評価になる。個人的にはどれだけ尺が詰まってぶっ飛ばしていたといっても、第1作目「化物語」はそのストイックな画面構成の妙を高く評価している。現代シャフトの到達点の1つとして「化物語」(と「ひだまりスケッチ×365」)は外せない存在だ。それに対して、続いた「偽物語」は評価が落ちる。まー、いくらなんでも尺が間延びしすぎてたからね。「セカンドシーズン」についてはピンキリかな、という印象。単発作品だと「猫物語(白)」は秀逸。「憑物語」も割と好き。その他省略。そんな作品の中でも「可もあり不可もあり」といったところで、平均点くらいの出来だと思う。

 良かった点を挙げると「そだちロスト」のスパッとまとめた切り口は良かった。老倉育というキャラも充分立っていたし、そこに関わる阿良々木さんの立ち位置、そして扇ちゃんと羽川というポジショニングが綺麗。存分にヒロイン勢が魅力を発揮出来たし、アニメとしての構成もなかなかスリリングで楽しめた。それに対し、「しのぶメイル」の方は若干間延びした感がある。台詞量を考えれば相変わらずこれでも尺が足りないくらいではあるのだが、何故足りなくなるのかといえば、それは西尾維新特有の「持って回った上にくくりつけて遠くにぶん投げたところを拾いに行かせる」くらいの言い回しのせいだ。むしろそういう衒学的(?)な部分を引っぺがしてしまえば割とシンプルな話が多く、「おうぎフォーミュラ」のネタ、そして「そだちリドル」「そだちロスト」の解答も取り立てて斬新なものではない。そんな中でも、残念ながら「しのぶメイル」のメインストーリーはだいぶ弱い。忍と「1人目」の関係性、そして「一人目」と阿良々木さんの関係性を描いた内容だが、例によって最後の決着は釈然としないものになっているし、「ここまで引っ張ってそれかよ」という腰砕け感はいかにも西尾維新。それだけ読者を煙に巻いてふざけたオチになっているのなら笑いもするが、今回は割とフツーの「恋愛もの」みたいな終わり方になってしまっている。もう一捻りしてくれれば面白味もあったのだろうが、流石にこれではあまり読後感は良くない。

 まぁ、あくまでも今回は「途中経過」でしかないわけで、このお話が前振りになって、次のシーズンで爆発的に盛り上がる可能性だってゼロではないだろう。そうなった場合には大人しくシャッポを脱ぐしかない。今回のお話だって「猫物語」の裏の話だった、っていう時系列的な部分はそれなりに面白い要素だったのだし、単なる痴話喧嘩だと思っていた今回の話がこの後のエピソードに大きな影響を及ぼす可能性はあるんだろうさ。

 ガタガタ文句は言ってみたが、結局いつも通りに丸め込まれて観てしまっていますよ。わざわざ1期最終回とセッティングを合わせるために最終話でガハラさんと寝っ転がりながら(今回は電話で)イチャイチャするシーンなんかでちょっとキュンとしたりもしますよ。そういう小ずるい演出は、今後も抜け目なく実行していって下さい。次を楽しみにしてます。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
14 16
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
バーコード
ブログ内検索
カウンター