忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[5380] [5379] [5378] [5377] [5376] [5375] [5374] [5373] [5372] [5371] [5370]

 スポイラ終わったからようやく2話目からの感想書けるようになった、第2話。今期も週末近辺に注目作が多いので大変そう。

 さて、個人的には最注目作である今作だが、2話目もなかなか予想外な方向に話が展開している。1話の空中戦から怒涛のファンタジー世界にぶち込まれるのかと思いきや、なんと、ネットで原作者をググってアポを取る展開に。これもひとえにクレバーで腹ぺこなメテオラさんのおかげですね。2話目ですでにキャラが立ってるメインヒロイン2人はなかなかにキャラ強度が高い。まぁ、「人気キャラ」ですからね。いや、メテオラさんが元の作品でどの程度の重要キャラなのかは分からないけども。

 多くの異世界転生の場合にはあまり問題にされない「2つの世界の関係性」。今作では片方が「作られた」という明らかな有意差があるために、この異世界どうしの関係を無視するわけにはいかない。颯太を代表とする「我々」サイドは「勝手知ったる」世界なので別に構わないわけだが、「お前の現実は、俺達の仮想やぞ」と言われた来訪者側は流石にそのままでは放っておけない。今回登場したまみかちゃんのように多少イカれてしまうのも致し方ないところ。しかし、幸いにもメインヒロインのセレジアさんは割とそのあたりは冷静。流石、殺伐とした世界で主人公を任された人間は肝の据わり方が違う。

 しかし、ここで問題になってくるのは「仮想は本当に仮想であるのか?」という部分だろう。聡明なメテオラさんは「何らかの世界の交わりが創作物という形を借りてこっちの世界に漏れ出てきた」という説を披露してくれた。なるほど、確かにそれなら筋も通る(?)し、重なり合う運命に理解が示せる。この「世界間での対等」という条件は実は非常に重要なもの。何しろ、メディアに展開された彼女達の生き方は「これまで」のものであり、こちらに転送され、こうしてドタバタしている彼女達の人生は「創造主」すらも関与していない「オリジナル」になってしまうからだ。「創作物から産まれた」という仮定が正しいとするなら、この「キャラクターの一人歩き」はとんでもない事態である(いや、すでにとんでもない事態だが)。それに比べて、「世界が何らかの形で交わっていた」仮説を採用すれば、今回彼女達が飛ばされたのはシンプルな「異世界転送」として処理され、彼女達が自由気ままに動いていることにも説明がつく。こっちの方が、ややこしい矛盾が生じずに済むのである。

 でもまぁ……作品の性質を考えれば前者なんだよな。「この世界の情報は常に複層であり、他の世界を生み出す(Create)のに充分なものである」というメテオラさんの見立ては実に冷静なもの。そりゃまぁ、創作物の中で創作物が編まれるなんてことはよほど念の入った作者でもない限りなかなか起こらない現象だし、「向こうの世界」の「創造物」はどうしたってシンプルなものになってしまうだろう。我々が日常的に甘受している数々の「作品」は、我々が「上層の存在」だからこそ可能になる生活水準なのである。そうして生み出された数々のキャラクターたちは、何らかの作用でそこを「起点」として、こちら側に飛び出してきた。誰が、なんの目的でそんなことをしているのかはさっぱり分からないが、その結果として現状把握に努めるもの、新たな文化を楽しむもの、そして、世界の関係性を理解し、自分にとって大切な「故郷」を思うもの。どんな行動に出たとしても不思議ではないわけだ。

 「創造主に会う」というとんでもないプロジェクトがあっさりと実現してしまったセレジアさん。彼女は聡明ではあるが割と衝動的なところもあるようで、原作者に出会った後にどうするかまではあんまり真剣に考えていなかった様子。頭では理解したかもしれないが、流石にいきなり「自分の人生がこいつによって作られた」と考えるよりも「こいつが自分の人生をのぞき見していた」いう直観の方が自然なわけで、反感を抱くのも致し方ない。そして、理不尽な運命を戦い抜く「面白いドラマ」を作る人間というのは、その分だけ「冷酷な創造主」でもあるのだ。冷静な姫様はまだそのあたりを理性で処理出来たが、お花畑な世界から飛び出した魔法少女はそうもいかないらしい。そりゃね、プリキュアが出てきたらどれだけ人が死ぬんだ、ってのはアホみたいだが真に迫った疑問だったわけで……空想科学読本が冗談ですまない世界になってきた。

 あとはもう、次から次へとキャラクターの大安売り。また殺伐とした奴が1人増えた。こうして考えると、創作物ってどこを引っ張り出しても血の気が多くなるよな。漫画タイムきららコミックとかからも顕現しろよ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
27 28 29
30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[04/24 Seachicken]
[04/24 NONAME]
[04/23 NONAME]
[04/22 metalica]
[04/07 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター