忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[5443] [5442] [5441] [5440] [5439] [5438] [5437] [5436] [5435] [5434] [5433]

6月17日 ドラフト模様(AKH×3)

ピック順 【Chrolony】→【Sangriter】→【Thraxi】→【Alessi】→【Mei】→

 

 さぁ、いよいよ「破滅の刻」の情報も出始め、このアモンケット世界も残り一ヶ月を切りました(実をいうと7月末のつもりでいたんだけど、今確認したら7月第2週が発売日でびびった)。ということで、アモンケット世界も残りあと(最大)3戦という……うわぁ、割と後がないわ……俺、まだ優勝してないんだけどなぁ。なんか、この世界はもう無理な気がして半ば諦めてる。いいんだ、そういうちっちゃいことを気にしてても立派な大人になれないんだ。大事なのは、デッキを楽しむこと。まぁ、勝てなかったらやっぱり楽しくないんだけどさ。

 

 




 

 

 

    AL TH SA ME CH

AL  ー  ×  ×  ×  ×  0ー4 5 ○

TH  ○  ー  ◎  ×  ×  2ー2 3

SA  ◎  ×  ー  ×  ◎  2ー2 4 ○

ME  ◎  ◎  ○  ー  ×  3ー1 2

CH  ◎  ◎  ×  ◎  ー  3ー1 1 ○○

 

 

1位 【Chrolony】 青緑赤 <秘宝の管理者 熱烈の神ハゾレト サンドワームの収斂

 「是非とも今回のデッキリストは掲載させたかった」とのことで、優勝に非常にご満悦の様子。そんなことを言われると意地でも掲載したくなくなるので大人権限で掲載を見合わせてもよかったのだが、そんなことをすると一切大人要素がなくなってしまうために、残念ながらリストはいつも通りに掲載している。まぁ、気持ちは良く分かりますがね。タイプで言ったらおそらくジョニー寄りだと思うので、理想のデッキ像で勝てれば超気持ちいい。とても良く分かります。今回はなんと青メインでのパーミッション志向。以前「本質の散乱」が戻ってくることを期待して青に決め撃ちして死亡したことがあったが、それのリベンジを見事果たした形。メインで搭載されているのは「検閲」×2と「本質の散乱」×3の5枚だが、状況次第ではこれに「取り消し」×2まで差し込めるので最大7枚のカウンターが積まれることに。そして、2マナカウンター5枚というデザインのおかげで構成も思い切ったものになっており、低マナ域はクリーチャーによるアクションを完全に捨てている。リストを見てもらえば分かるが、クリーチャーは3マナスタートで、2マナ以下はカウンター5枚+「マグマのしぶき」のみ。序盤をカウンターとの1対1交換に徹底し、多くの対戦相手がゲームメイクしようとするマナ域を飛び越える。そこまで乗り越えてしまえば、重めのカードを多く取っているこのデッキの方が有利に展開出来るというわけだ。後半のクリーチャー選択も渋く、「ナーガの神託者」×2は堅実にブロッカーをこなしながら少しずつ有利を積み重ねてコントロールを徹底するし、いざというときにサイクリング出来るクリーチャーが4体なので序盤の動きを阻害しづらい。「ルクサの恵み」でステップアップが実現すれば、はっきりと「ゴール」の文字が書かれた「サンドワームの収斂」が待っている。ここまではっきりと役割分担を徹底したデッキは、なるほどなかなか組めるもんじゃない。奇しくも前回同様に「サンドワームの収斂」をゴールに据えたデッキはあったのだが、「ゲームをそこまで引き延ばす」というデザインはこの督励荒れ狂う環境ではなかなか徹底出来ず、どうしたって中途半端に殴り合う形になってしまうもの。そのラインを乗り越えられたのは果たしてどんな巡り合わせが成し得た技なのか。正直、リストを見てもそこまで序盤の攻防が捌ききれるようには見えないのだが……今回白督励がほぼ死んでるカードプールだったのはラッキーだったかな。一応、青緑という組み合わせはカウンター+飛びかかるチーターという2面待ちが出来るのはかなり大きなアドバンテージ。今後の青緑ではこのパッケージを意識すると、多少序盤の捌きが楽になるかもしれない。

 

<ヘヴィーなパーミッションからヘヴィーなワーム時々神>

島×9 森×4 山×2 隠れた茂み

 

<クリーチャー類> 12

砂時計の侍臣 飛びかかるチーター×2

ナーガの神託者×2 秘宝の管理者

熱烈の神ハゾレト 戦炎の投槍手

微光鱗のドレイク 川蛇

シェフェトのオオトカゲ 大いなるサンドワーム

 

<その他> 12

マグマのしぶき 検閲×2

本質の散乱×3 錯覚の覆い

権威の殿堂 ヒエログリフの輝き

ルクサの恵み 蓋世の誉れ

サンドワームの収斂

 

 

2位 【Mei】 白黒 <嘲笑/負傷 貧窮/裕福 魂刺し>

 青いデッキが優勝で白黒ゾンビが2位って、前回と全く同じ状況なんだよなぁ。ただでさえ歪な5人戦は、どうしてもゾンビデッキを「やらされる」人間が出てくるものだが、こちらは幸いにも上家が1パック目で「黄昏/払暁」なんて分かりやすいパスを送ってくれたもんだから白はその時点で確定。更にその次のパスは「呪われた者の王」→「砂の攪拌」とくるのだから、そりゃノータイムでゾンビレッツゴーだ。今回は「黙考の時」が2枚に「束縛のミイラ」2枚とゾンビパーツはそこそこだが、やっぱり5人戦となると独占してもパーツは「そこそこ」どまりになるか。完全にゾンビフィーチャーとまではいかず、「貧窮/裕福」と「黄昏/払暁」という2枚の全体除去を軸にして盤面で有利を取りまくることでジワジワ締め上げる随分贅沢な中速デッキの出来上がりである。レアゲーといえばレアゲーだが、1枚でゲームを決めるってほどでもないからヘイトは集めにくい感じ。こうしてみると今回は1位も2位もしっかりレアが引けてるっていう分かりやすい勝因はあるんだよな。

 

 

3位 【Thraxi】 緑黒赤青 <栄光をもたらすもの 死の権威、リリアナ マグマのしぶき>

 もちろん、「こんだけレア引いても勝ち切れねぇヤツもいるんだよ」っていう前振りですけどね……。実は初登場の「栄光をもたらすもの」。意気揚々と最強レアからスタートするも、赤い流れは欠片も見あたらず、手元にどんどん溜まっていく恐ろしいスペックの緑。1パック目はもう、1引き以外はほぼ緑単色くらいのピックになっており、事実、3パック目で「サンドワームの収斂」を引いたヤツが出るまではほぼ独占。我々の中では最高人気を誇る緑が今回は独占ということでエラい事になるかと思われたが、まぁ、独占できたってことは「活力のカルトーシュ」がパックから出てなくて誰もいかなかったっていうことでね。いやいや、強いんだよ、1パック目時点で「活力の模範」「好戦的な大口」だし、「ナーガの生気論者」が2枚とも一周した時点で「もうどうにでもなるんじゃね?」と思ったし。2パック目でうっかりプレインズウォーカーを開けたときも、「もう、これだけマナクリがいればどんなタッチだって余裕やろ」ってので大して悩みもせずに引いたし。実際、「生気論者」×3に「楽園の贈り物」で、最終的にサブカラーの黒にダブルシンボルのリリアナ、あとは赤がドラゴンだけのタッチ、青は「開拓/精神」の余波分のタッチだけで、4色とは言ってもほぼ緑単タッチ黒である。それでも行けるくらいに緑の肉は充実してたはずなのだが……なーんか押しきれなかったのよねぇ。今回は行けると思ったデッキで勝ちきれなかったので、おそらくこの辺りに私の環境理解不足が表れているのだろう。どこで何を引いたのが失敗だったのか……。いや、もう全部デッキのせいにしよう。ライブラリアウトで終わった試合が2回ありました(当然どっちも負けました)。「神託者の大霊堂」によるガチャが本当にひどい排出率で、デッキのラスト3枚にリリアナとドラゴンとかいう最低のデッキ。どこに訴えたら詫び石もらえるんでしょうかね?!

 

 

4位 【Sangriter】 赤青 <周到の神ケフネト 主張 ネフ一門の鉄球使い>

 前回は欠席。前回優勝の赤デッキのリストを見たのかどうかは知らんが、ピック前に「赤の速攻つけるヤツやばいらしいで」とか言いながらのスタートで、最終的に実際にそいつが入ってるデッキになった。まぁ、赤単ビートとケフネト様という本当に食い合わせが悪そうなデザインは苦笑いものだが……基本は赤ビートの方である。「ネフ一門の鉄球使い」×2に噂の「血に飢えた振起者」も加え、更に「アン一門の壊し屋」「燃えさし角のミノタウルス」など荒ぶる赤は当然の圧力。ただ、今回赤はそこまでプールが振るわず、あんまり督励ラッシュが綺麗に決まっていない。いや、多分プールが足りなかったのは白の方か。赤はそこそこカードがあったから2人に割れており、白の速いビートが1人もいないんだな(「突風歩き」「ター一門の精鋭」が0枚、「断固たる修練者」「レト一門の槍の達人」も1枚だけしか出てないというひどい偏り)。そんなわけで速い色のサポートが得られず孤軍奮闘の赤かと思われたが……面白いのは青の絡み方。これまで使われたシーンを見たことがなかった「判断麻痺」が2枚も搭載されており、中盤の押し込みに不安を抱えた赤ウィニーに強引に数ターンの時間を与える。どう考えてもコスパの悪い呪文には違いないのだが、2,3ターン目から畳みかけてくる赤が「しばらく寝といて」と言ってくるのは割と悪夢。本当にヒヤッとさせられた。決め技は「驚異への入り口」なんてナイスな1枚も。やっぱりどんなカードも使いようなんだな。

 

 

5位 【Alessi】 黒赤 <無慈悲な投槍手 野望のカルトーシュ 砂の攪拌>

 1度優勝して勝率を5分まで戻したのだが、そこからまた勝ちが重ならずに低迷中。「やっぱり5人戦ってクソだわ」が定説。大丈夫、みんな知ってるから。今回は「無慈悲な投槍手」という色々絡みが多そうなアンコからスタートし、「アン一門の壊し屋」→「華麗な苦悶」とほぼ赤黒が決め打ち状態。上とも大体棲み分けているし、黒はそこそこの陣容なので色選択は別にミスっていないだろうし、「ハゾレトの碑」や「苦しめる声」に「冷酷な侍臣」を絡めたディスカードシステムの採用など、そこそこシナジーは見込めるデザインになっていたと思うのだが……なんでだろう、全敗である。上述の通りに赤が今回唯一と言っていい喧嘩した色になってしまったので、そのあたりで多少割を食った部分はあるのだろうが、そこまで駄目そうにも見えないんだけどなぁ。まぁ、実も蓋もない言い方をすると、ほら、レアが、無いし。派手なカードが、無いし。多分最強カードは「野望のカルトーシュ」。

 

 

 

今回のピック表

 

Chrolony】(青緑赤)→【Sangriter】(赤青)→【Thraxi】(緑黒赤青)

                     

Mei】(白黒) ← 【Alessi】(黒赤)

 

 

追加コーナー

【成長するカ()ド 第2回・ラヴニカ ギルドの都編】

 企画第2回は、さっさと統率者を決めてほしかったという意図もあり、旧作ラヴニカでした。まぁ、まだ2セット目なのでそこまで変化はないかもしれないが……なんかもう、企画に暗雲が立ちこめてる感じが怖い。まさか2セット目で「ガチデッキなんか無いって言ったじゃないですかー」っていうクレームが飛んでくることになるとは思わなかった。しらねぇよ、毎回毎回飽きもせずに同じようなことしてくるヤツの制御は俺には出来ねぇよ。みんなして「ドラフトのデッキに毛が生えた」みたいなデッキ組んでる中で、早々に統率者デッキの特徴を活かして勝ちパターンを確立してるヤーツ。一応、現時点での展開の説明。

 

統率者・シミックの幻想家、モミール・ヴィグ

序盤からマナクリーチャーを展開してさっさとモミールを出す

適当な青緑クリーチャーをキャスト(もしくは緑クリーチャーをキャスト)で、次のターンまでには「クルフィックスの預言者」が手札に。

「預言者」キャスト。これで好きなクリーチャーをハンドに加えながら、相手ターンにマナが全部アンタップする上にクリーチャーもすぐ出せる。大体の場合、サーチするのは「潮吹きの暴君」。

「暴君」が出たら後は適当にクリーチャー連打すれば相手パーマネントが全部戻せて終了。

 

 まぁ、まわすのに膨大なマナが必要なのでマナ加速は必須だし、出た後にすぐに「預言者」を潰せればそこまでの速度はないんだけど(モミールを除去ってもあまり意味がない)、いかんせんまだ他のデッキは「リミテッドに毛が生えた」程度なんだよ。展開を上回る速度も、流すための全体除去もそうそう用意出来ないんだよ。今後、このデッキを止められるかどうかで一つの試金石になるのだろうか……なお、その後のテストプレイで「霧裂きのハイドラ」にボコられてる姿が目撃されてるのはご愛敬。

 

その他のデッキの状況

白黒:まだまだカードが足りずにとりあえず40枚で「エルズペスがトークン出したら勝った」みたいなラフを描いてる段階。

青黒:「蒸気の精」も入ってるよ! だってまだデッキにならねぇんだもん! タッサさん強いよね!

赤緑:さっさとデッキを100枚に近づけて、グルールらしいデカブツフィーバーを何となく炸裂させれば楽しいじゃない。色んなカード引きたいねん。

緑黒:今回ラヴニカだったからせっかくなので「サヴラ」を統率者にして発掘デッキを組んでみましたが、発掘の難しさが分かった週末。

白赤:今回欠席。オーダーがあればラヴニカのカードは個別にお届けするよ。

 

 以上、やっぱりドラフト後に他のデッキのこと考えるのしんどいよね。

 

 次週は、なんか週末に色々と人が増えそうなので、場所と時間を取りそうなこの企画は一回お休みです。多分、再来週に持っていくとしたら今度は新ラヴニカの方になるんじゃないかな。とりあえず統率者の選択肢を増やさなきゃいけないので。

 

来週シークレット(?)ゲストが襲来しそうですよ!

 

拍手

PR

コメント
では
黒焦げ、信仰の足枷、印鑑、コモンアンコレアそれぞれの赤白土地、太陽打ちの槌、後はもう赤白多色カード全部(16枚かな?)(以上ラヴニカ)それと悪魔火(ディセンション)
雑にカードリスト眺めた結果、まあこんなところですかね。
【2017/06/19 11:28】 NAME[Serra] WEBLINK[] EDIT[]
Re:では
さては相当適当に決めてるな? いや、真剣に見てもそんなもんだろうけども。火力はいくつか不足分があるので、他の赤ユーザーと話し合って下さい。ただ、Demonfireは1枚あったはずなんだが、Charは下手したら持ってないかも。当時は割と値の付くカード売ってたからなぁ。
【2017/06/19 11:44】


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
12
17 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[10/07 「まくっすみ」だったら完璧だった]
[10/02 metalica]
[10/02 metalica]
[10/02 Chrolony ]
[09/28 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター