忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[5441] [5440] [5439] [5438] [5437] [5436] [5435] [5434] [5433] [5432] [5431]

 もう、全部サンダルさんに任せておけばいいんじゃないかな、第11話。ついに村の伝説分野でまでヒーローになりよったぞ。もう、どこにも付け入る隙が無いじゃないか。

 凛々子編、そして婚活パーティ編の後編。まぁ、相変わらず落としどころは「そんなもんかな」っていう作品なので、全体的に何かでかい収穫があったというわけでもないのだが……それにしてもさ、間野山って実はすごい町なんじゃないかっていう思いがどんどん高まってるよね。これまでも割と「そんな便利な伝統芸能とかあるんかい」っていう展開が多かったのだが、今回、何の前触れもなく町外れに展望台&ボルダリングウォールが出現。「ちょっと前に作った」って、意外と面白い売り出し方もしてるんじゃないの。もっとそこを押し出していけば、少なくとも持ち腐れにはならずにすんだはずなのに、何故かずっと死蔵してて初めて登場したのが婚活回っていう。まー、わざわざバス移動していかなきゃいけない屋外のウォールにどの程度の価値があるのかは分からないけども……普通ならそんじょそこらにあるもんじゃなかろうし、近隣の都道府県程度なら客も呼び込めそうな気がするんだけどなぁ。

 さておき、そんな秘密兵器の甲斐もあって、婚活イベントはそこそこの盛り上がりで無事に閉幕。途中、予定調和で元カレ襲撃によるご破算なんて展開もあったけど、これだって「間野山に愛想を尽かされて失敗したんじゃなくて、予想外のトラブルでイベントが失敗したんだよ」っていう大義名分を作るための措置だろうし、「駆け落ちの里」のアイディアはカップルにも案外受け入れられそうなので、今回の2人は最終回間際で間野山に駆け込んできたりするかもしれない。確かに世の中にそんな施設無いもんな。「全国の駆け落ちしたい不幸なカップルの皆さんは、間野山に来ていただければ当面の住居、仕事、福利厚生諸々を優遇します」っていう触れ込みなら、案外今の御時世は変なものが流行って流入住民が増えるかもしれませんよ。まぁ、そんな訳ありの余所者ばかり増えられても後が困るけど……でも、若い夫婦ばっかり引っ越してくるわけで、人口回復政策としては安定感あるよな。

 そうして「余所者を入れるか入れないか」っていうお話と絡めて展開されたのが、今回の凛々子話。今作は「町興し」の方の要素は「そうなればそうなるやろ」みたいな良いあんばいのところに落としてくれるのだが、メインキャラの人物を掘り下げようとするお話はなんか微妙な印象なんだよなぁ。以前の真希の話も結局落としどころがモヤッとしたし、今回の凛々子の話も、彼女の悩みがこんな簡単に解決していいものか、ってんでちょっとしこりが残る。色々と唐突なんだよなぁ。

 今回の話の組成としては、「龍」と「婚活パーティ参加者」と「凛々子」(と「サンダルさん」)が、全て「異物」というテーマで関連づけられており、凛々子自身は過去の「追い出された龍」の物語を探し歩き、最終的に「龍は追い出されたのではなく迎えられようとしていた」という別案を見つけることで保身を行う。他にも「サンダルさんのひい爺さんひい婆さんも異文化交流の成功例だよ」なんてところからも決して間野山が閉ざされた場所でないことをアピールするし、上述の通り、婚活女性達とも決して喧嘩別れしたわけではなく、「間野山はいいところだからまたおいで」という穏当な終わり方。「異物を受け入れる」という全体テーマでまとまっている。ただ、サンダルさんや婚活女性はこの程度でもいいのかもしれないが、凛々子の場合、「実際に母親が間野山に耐えられなかった」というどうしようもない現実があるわけで、そんなに簡単に「異物扱い」の闇を乗り越えられるものではない。また、凛々子自身も「誰も私を認めてくれない」と厨二じみた訴えをしていたものの、ぶっちゃけ、視聴者からすると「お前別に努力してないのでは」という印象が先に立ち、「生きる悩み」というよりも「箱入り娘のわがまま」みたいに見えてしまう。まぁ、わがままの受け入れ先がこれまた適当な由乃なので、バランスとしては丁度良い気もするけども。「なんか分からないけど私を認めろ」という凛々子の雑な訴えに、「何か分からないけど私よりすごいし認める」という由乃のキャッチ。うーむ、これでいいものか……。そもそも「普通であることにコンプレックスを感じる由乃」って言われてたけど、絶対普通じゃないし……。

 そうそう、これまで正論だけを吐き続けてきたババアに関しても、やっぱり凛々子が絡むとちょっと駄目な大人になっちゃうのが困りものだね。どうしても孫に甘くなってしまうのは祖父母の性であるが、ババアが甘やかしすぎてるせいで凛々子が引きこもってる部分もあるし、彼女が何か変化を試みた時に「凛々子は凛々子なんだから無理しなくても良いんだ」と言ってしまうのは、本当に駄目なパターンだ。今回の一件から、ババアも少し凛々子の見方を変えてくれればいいのだが。まぁ、次の凛々子回があるかどうかも分かりませんけどね。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2
7 10
12 16 17
22
28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[06/24 NONAME]
[06/19 Serra]
[06/19 metalica]
[06/14 DRAKE]
[06/13 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター