忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[560] [559] [558] [557] [556] [555] [554] [553] [552] [551] [550]

「聖痕のクェイサー」 4→6

 「馬鹿も通せば男伊達」。この冬に放送されていた「バカとテストと召喚獣」のエンディングテーマ、「バカ・ゴー・ホーム」の一節である。この作品ほど、この言葉が似合う作品も無いのではなかろうか。史上類を見ない、「修正上等静止画大散布アニメ」は、気付けば誰もなしえぬ独自の偉業を成し遂げていた。

 最初に1話を視聴した時のぽかーんぶりは、今思い出しても鮮烈である。謎の止め画と、不自然に荒くなった画像。突然途切れる音声。何が起こったのかと訝しんでいたが、すぐにそれが「修正」であることが分かり、「地上波で流すなら修正なんて余計なものが入らないレベルにすりゃいいのに。余計なフィルターがかかった出がらしなんて見たくないわ!」と腹を立てたものである。それでも何とか視聴を継続できたのは、中の人補正という言葉の偉大さもさることながら、「ほんと、修正入ってるとこは申し訳ないけど、それでも作りたいモノがあるから」というスタッフ一同の熱意を感じ取れたからかもしれない。

 乳の、乳による、乳のためのアニメ。それがこの作品の骨子であり、全てである。キャラクターの設定を作るときに全ての女性キャラについて「乳のサイズ」だけでなく「乳の形」「乳首の形状」「乳首の色」などを事細かに設定し、場合によっては顔を描くよりも注意を払い、全ての労力を注ぎ込む。そして、そんな努力が地上波版では一切見られないという奇跡。日本の匠は裏地に凝るものだというが、修正で消えることが分かっているのに、乳描写に一切の手抜きをしないというのは、既に粋といってしまっていいレベルの制作理念である。

 もちろん、乳が絡むのは作画面だけではなく、全てのシナリオは乳に始まり、乳に収束している。ギャグあり、恋愛あり、そしてバトルありの本作であるが、その前にまず、乳がある。最初は馬鹿馬鹿しいと思って笑い飛ばしていた乳絡みのネタも、マジだと分かれば真剣に受け止めざるをえない。最終回で、サーシャが「お前は震えたことがあるか」と見得を切ったが、確かに震えがとまらないです。だって、ここまで真剣な馬鹿を見て、笑わずにいられるものではないのだから。

 そして、乳成分さえ取り除けば、この作品はふつーの作品になるわけだ。バトル要素は非常に重要なファクターであり、「各能力者が1つずつ元素を専門にして扱うことが出来る」というのはなかなか面白いアイディア。塩素使いが毒ガス殺人魔、鉛使いが銃撃大好きな殺人狂など、シンプルな使い方もいかにも少年漫画らしくて分かりやすいし、ネオジムやレントゲニウムといったマニアックな元素でも一応の役割が与えられている。そして酸素使いや炭素使いなども、使い方次第では様々なギミックが演出できただろう。まぁ、正直言うとそこまで凝った戦闘があったわけではないのでバトルものとしてはあまり評価出来るものではないと思うのだが、数話をのぞけば作画状態も良好で、最低限のインパクトは出せていたのではなかろうか。癖の強いアデプトの連中なんかも、主人公チームが変態であるというハンデを乗り越え、きちんと別方向からの変態性が演出できていたのは評価したい。

 改めて書いておくと、この作品はアニメとしてのクオリティが存外高い。シリーズ構成が上江洲誠氏ということでシナリオのペース配分が見事だったのは素直に評価出来る点だし、うのまことによるキャラクターをいい塩梅でアニメ画に落とし込んでおり、メリハリの効きすぎた女性キャラのボディラインなんかも、ギャグとエロの絶妙な境目をついている。小野学や高橋丈夫、日高政光など、それだけで看板が背負えそうなクリエイター陣が各話を任されてそのスキルを画面にぶつけていたのも面白かったし、おそらく全体統括に回った金子ひらくと名和宗則という2名がうまいこと舵取りをしたのだろう。これだけの布陣で作ったものがコレっていうのが、現代アニメの奥深さを感じさせてくれますな。

 各話レビューでも触れたが、個人的に無視できないのがオープニングとエンディングのデザイン。オープニングは小野学によるオーソドックスながらも期待を持たせてくれる仕上がりで、まっとうな少年漫画のオープニングとしての迫力は満点。そしてエンディングは実にフェティシズムに満ちた高橋丈夫による風呂とベッドの饗宴。どちらも作品の本質をぎゅぎゅっと絞り込んだ愉快な出来でした。

 なんだか無駄に長くなったが、最後は当然キャストの話。この作品を引っ張った大きな要因として、中の人たちの半端ねぇ努力を扱わないわけにいかない。主人公カップル役、藤村歩と三瓶由布子。この2人が基本線を作ってくれたおかげで他のキャストが散々遊べたことを考えると、やはり立役者といえるだろう。三瓶は途中のサーシャ女性化のくだりあたりでがっつり存在感を見せてくれましたな。

 純粋に声優としての幅を見せつけてくれたのは、燈役の豊崎愛生。最初のうちは「ホントに豊崎はこういう役しかこねぇな、そのうち行き詰まるぞ」とか思っていたのだが、愉快なおっぱい劇場で散々遊び倒した後に、黄金のクェイサーが覚醒したところで本領を発揮。普段高音域ばかりで仕事をしている役者が突然音域を下げてくると、本当にドキッとします。他にも回りを囲みながら週替わりで痴態を見せてくれた女性陣、川澄綾子、清水愛、花澤香菜、佐藤利奈、黒河奈美なども良い仕事。

 悪役側もこだわりが見えるシュートなキャスティング。私がこの作品を視聴し続けるきっかけを作ってくれたマグネシウム役の高垣彩陽。多分、今作で一番格好いい悪役でした。たった1話しか登場しない双子には中原麻衣・田村ゆかり。勿体ないくらいの使い方。

 男性キャラだってなかなか濃いぃ面子が集まっており、最終回も含めてばっちり決めてくれた鳳役の大川透。終始冷静で世界を観察し続けたユーリ役の千葉進歩。興津和幸、成田剣など、濃い濃い。

 そしてなんと言っても、「こんなエロ役やって、事務所的に大丈夫?」という心配を一身に浴びたのが、カーチャ役の平野綾と、華役の日笠陽子。ぴかしゃは……これのおかげで誰も届かない高みに到達してしまったかもしれません。芸人としては文句のない役だったわけですからね! エロいはずなのに何故かギャグにしか聞こえない。不思議! 

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[11/17 DRAKE]
[11/16 ヴェス]
[11/16 Serra]
[11/13 NONAME]
[11/10 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター