忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[1405] [1404] [1403] [1402] [1401] [1399] [1398] [1397] [1396] [1395] [1394]
「日常」 6→6

 色々と世間を賑わせながらも、2クールの長丁場を走りきって無事にゴールイン。結局最後の最後まで、充分に楽しませてもらいました。

 個人的には、京アニ信者としての属性が強いので、京アニが作り上げるストイックな画面構成には感心することしきり。本当に「アニメ化に向かない」作品だったと思うのだが、あくまでも原作に忠実に、原作が良かった部分をそのまま何とかアニメ媒体に取り出すように、全力で作品にぶつかってくれていることがよく分かった。ここまでのものに仕上げるのは、京アニ以外のスタジオでは不可能だったのではなかろうか。これまでの京アニ作品とはまた違った努力方向で結果が出たと考えれば、これまた新たな記念碑として記憶に残しておくべき作品だったろう。

 ただ、この作品の場合、手放しで褒めてハイそれまで、っていうのでは片手落ち。どうも、世間では「失敗した」という評価が散見される。珍しく京アニが滑ったとか、アニメ化して質が下がったとか、そういう評価がある。はっきり書いてしまえば、ちゃんちゃらおかしいと思っている。あの原作を、正攻法でアニメ化するならば、もう、これ以上のものは望むべくもない。生半可な技術で誤魔化そうとしても、確実に馬脚を現す結果になっていたことだろう。「原作を追いかけた」ことが明確に分かり、それが形になっただけでも、ものすごいことである。

 その上で敢えて難をあげるとするなら、やはりこの「日常」という作品は、漫画媒体で1つの完成形になってしまっていたということが上げられるだろうか。京アニの過去の作品例を見てみれば、原作ものとしては「ハルヒ」「らき☆すた」「けいおん」「CLANNAD」など、元が小説媒体であったり、動きが見えにくいシンプルな漫画だったりする。その分、スタッフは1からコンテを書き起こし、そこに肉付けするだけの「あそび」が多く与えられていた。自由な枠の中で最大限の「らしさ」を提供することが出来るのが、京アニの強みなのだ。しかし、この「日常」については、そうした「あそび」が極めて少ない。原作漫画の時点で、構図や間合い、ネタ回しが1つの完成形を見ており、そこにプラスアルファを加えるのが本当に難しい。どちらかというと「シュールギャグ」であり、シチュエーションそのものを笑いに変えるのが基本姿勢なので、どれだけアニメとして膨らませようにも、ネタの骨子を動かしようが無いのだ。過去に「すごいよマサルさん」やら「ギャグ漫画日和」、「ユルアニ?」作品など、シュールを売りにする作品の場合、実質的なアニメ品質に言及せずとも、ワンアイディアで笑いに置換できる要素の方が強い。そのため、京アニはなかなかオリジナルブランドとしての強みを活かせなかったというのじは事実だろう。

 だとしても、やはりこのアニメは京アニらしさが出ていたし、充分に「日常」の魅力が出ていた。原作ファンなら喜ぶべきことであるし、たっぷりとした尺で見せてくれたことを感謝しても良いと思う。繰り返し見られるだけの密度を持ったこの手のギャグアニメというのは、それだけで稀少なのだから。

 そして、京アニのもう1つの特性というと、出来るだけ「色の薄い」キャストを配置するというこだわりがある。過去のヒット作でもそうだが、他の人気アニメに比べて、キャストに新人や無名な声優を起用する割合が高く、フラットにその作品と接することが出来る。相沢舞・今野宏美・白石稔あたりは「京アニ声優」であるが、その他、メインを務めた中で目を引いたのはゆっこ役の本多真梨子。彼女のいつでも本気で演技にぶつかっていく姿勢には、不覚にも惚れてしまった。声にしろ演技にしろ、充分に武器になるものを持っていると思うので、これをきっかけにガンガン先輩達の牙城を突き崩す若手勢力になって欲しいと思う。他にも、なの役の古谷静佳、ウェボシー役の玉置陽子など、ちょいちょい面白そうな名前も出てきた。声優業界の刺激を与える意味でも、この作品の存在は面白いものだった。

 さて、次の京アニはなんじゃいな。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14
22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター