忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[1601] [1600] [1599] [1598] [1597] [1596] [1595] [1594] [1593] [1592] [1591]
○「スイートプリキュア♪」 4→4

 記念すべき作品。何がって、私が1年通して見続けた初めてのプリキュアだから。

 これまで、プリキュアといえば1期からずっと1話目くらいは見ていたはずなのだが、時間帯の関係もあり、結局途中でフェードアウトしてゴールしたことがなかった。しかし、昨年の「ハートキャッチ」に文字通りハートをキャッチされたおかげで、今期くらいは頑張って見続けよう、というモチベーションが出来たのである。また、同じ日曜朝の戦隊物を見始めたっていうのも、視聴を続けられた大きな理由の1つかもしれない(あと、昨年からレコーダーを導入したから視聴が楽ってのもあるな)。多分、このままの生活習慣ならば来年の「スマイル」も見続けることが可能でしょうね。

 というわけで、裏を返せば「すごく面白かったから見続けた!」というのではない。放送スタート時から「なんか普通やなぁ」と思っていた通りに、最後までヌルッとゴールした印象。多分これが正しいプリキュア像なんだろうけど、異端の「ハートキャッチ」から入った身としては、何か1つも2つも足りない気がしてしまう。せめてもう少し話にメリハリが欲しかったなぁ。

 気に入った点をあげるなら、エレンがらみのあれこれは嫌いじゃない。セイレーンが悩んで悩んでプリキュアに与するようになるまでの流れはとても丁寧だったし、最終的に目を覚ましたエレンのキャラクターも悪くない。ギターを武器にする戦闘スタイルも見栄えがしたし、多分4人の中で一番キャラとして面白かったのはビートだ。

 しかし、それに比べてアコの方はなんだか中途半端。一応メフィストとの因縁は描かれていたし、それまでの謎の覆面活動の理由なんかも説明されてはいるのだが、そこに対する描写がなおざりで、何だか物足りなかった。メフィストとの対決なんかは血みどろの親子バトルなんだから、エレンが裏切るときよりも更に時間を割いて描いてもいいようなテーマだったと思うのだが、もうあのへんになるとノイズの存在がクローズアップされ始めていて、メフィストの改心イベントも駆け足気味だった。加えて更に格下のトリオザマイナーがずっとフラフラした状態で敵として立ち続けたので、バトルの緊迫感も薄くなってしまうし。バトルものとして見ると、色々とシナリオには文句も多いのである。

 では、キャラ萌え目的だとどうかというと……うーん、メインの2人がそこまで感情移入出来るキャラじゃないのがなぁ。メロディの方は真っ直ぐな主人公キャラのテンプレ通りではあったけど、それって「簡単」なんだよね。途中で見なくなってもそのあと何をするか分かってしまうというか。いや、正しい年齢層のターゲットを考えればこれくらいで充分だと思うんだけど、もう一歩友情設定に踏み込んで濃いエピソードも作れた気がするんだよ。最初の方で音楽嫌いを叫んでスネてた印象が徒になったかなぁ。リズムの方も、結局「サポートに回る2番手」の域を出ないまま終わってしまい、白と黒がバランス良く立って互いをいじり合っていた初代に比べると絡みの密度が低い。せっかくキャストが良かったのに、活かし切れていないみたいで残念である。

 でもまぁ、こういう文句って正しくない年齢層のおっさんが見ているから出てくるもんで、普通に見ている女の子たちはシャキシャキ頑張るプリキュアを見て精一杯応援するのだろうと思う。そういう意味での勧善懲悪、シンプルなバトル展開は悪くなかったのかな。とりあえず来年以降に見るプリキュアの基準点をこの作品に置いておこうと思う。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[11/17 DRAKE]
[11/16 ヴェス]
[11/16 Serra]
[11/13 NONAME]
[11/10 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター