忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[1831] [1830] [1829] [1828] [1827] [1826] [1825] [1824] [1823] [1822] [1821]
「めだかボックス」 5→5

 とりあえずの決着、ひとまずのゴール。毎週不必要なくらいに感想を書いてきたのでわざわざまとめる必要も無いくらいのところですが、なかなかよろしかったんじゃないでしょうか。

 アニメにする上で、漫画原作から+α出来る部分というのはいくつかある。その中で一番注目されるのは、やはり「動く」ことであろう。まぁ、元々台詞量が多いせいであんまり動き云々が問題になる作風じゃなかったわけだが、天下のガイナックスが最低限の矜恃を守る結果にはなっていただろう。雲仙戦でのたっぷりと量感を持たせたアクション作画なんかはガイナに任せて良かったかな、と思えた部分。ただ、割とジャンプアニメにはありがちなんだけど色彩設定がちょっと鮮やかすぎて、その辺はイメージとずれていた部分はあったかな。元々カラーで描かれていたはずなのに半袖の髪の色にはなかなか慣れなかったし。それでも、ちゃんときゅぽきゅぽ感は出ていたし、書き文字と台詞のバランスをとりながら「理想の半袖像」を模索しているのが分かったのは良かった。その他、細々と原作ファンには嬉しいサービスもあったしね(最終話の感想で書き忘れたけど、善吉が将棋盤の駒を吹っ飛ばすときに震脚使ってるんだよね)。

 脚本についても、ほとんどが原作準拠で、台詞なども極力改変無しで(無茶にもかかわらず)作り込んでくれていたのは嬉しい部分。やっぱり西尾維新作品はそこを維持してナンボみたいなところはあるのでね。キャストの皆さんは大変だったと思うけども。こういう作品の脚本任された人間は本当に気を遣うから大変そうだなぁ。佐伯監督、お疲れ様です。

 後は中の人の話をするか。豊崎めだかに関しては何度か触れている通りで、個人的には充分仕事を果たしてくれたと思っている。最初のイメージとずれていた、というのは間違いないだろうが、こちらのめだかも充分に味わい深いものになっていると思う。出来ることなら、あんまり受け入れられなかったっていう人も、一度全部取っ払った上で聞いてみて欲しいと思っている。他にはもがなちゃん役の茅野愛衣も予想以上に良い仕事を果たしてくれたし、毎度毎度素晴らしいエンジンになっていた半袖役、加藤英美里にはMVPを。その他、ゲストキャラに関しても、予想とは違っていたが(当たり前や)なかなかいいキャスティングが決まっていたんじゃなかろうか。ゲストの中ではすごく安全策のキャスティングながらも奮戦してくれていた朴璐美が一番印象深いところかな。ちゃんと作品の雰囲気を維持しつつのキャスティングになっていたので、2期目も是非ともいい人選をお願いしたい。

 さて、2期目は一体いつになるのかね。10月か、それとも1月か。まぁ、慌てず騒がずのんびり待ちたいところ。願わくは、安心院さんが言っていたように「アニメ放送前に原作が終わる」なんてことは無いとよいなぁ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[12/09 NONAME]
[12/04 Mei]
[11/25 NONAME]
[11/23 NONAME]
[11/23 Serra]
バーコード
ブログ内検索
カウンター