忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[1834] [1833] [1832] [1831] [1830] [1829] [1828] [1827] [1826] [1825] [1824]
「Fate/Zero」 6→7

 真正面から攻め込んでくるタイプのアニメ作品。終わってみれば2クールなんだからそこまでの「大作」ってこともないのだろうが、やはりその圧倒的なボリュームは、なかなか他の作品では味わえないものだったんじゃないかと思う。

 基本的に、視聴後の感想は1期を見終わった時のものと大差なく、「すごい映像」が「丁寧な演出」と「ぜいたくなキャスト」で作られたという、ただそれだけの話なのだが、やはり完結した後ということで、「きっちり終わらせた満足感」を含めてこの点数ということにしておく。少なくとも1期が終わってから下げる理由は無いだろうから。

 いや、実は点数を下げる要因も無いではない。あんまり他人の感想は気にしないようにしているつもりなのだが、どうも原作視聴者からすると、「アニメはシナリオ配分がまずくて削った部分が多すぎる」という意見が目に入ってくる時があるのだ。なるほど、原作を知らないから想像もつかないが、原作ではもっと丁寧に描写がなされていたシーンがあるらしい。そりゃまぁ、枠に制限がない小説媒体の方が、1話1話で時間制限のあるアニメよりも描き込めるのは当たり前のことなのだが。それを踏まえるとあくまで「原作を知らない人間の感想」であるが、個人的に、アニメの描写だけを見て「なんだかよく分からんな」と思ったことはあまり無い。気になった部分といえば、たとえば切嗣の起源弾ってのがどんな代物なのか分かりにくい、とか、そういう設定レベルの話でいくつか存在しているが、アニメスタッフはそうした「描写が欠けるであろう部分」もちゃんと把握した上で画作りをしている。「それが理解出来なくても差し支えない」進行を考えたり、本当に微細な作画演出でもってキャラクターたちの心情をフォローしたり。特にこの作品の場合には切嗣、綺礼などの心情理解がやっかいな連中が多いのであるが、そうした複雑怪奇なキャラクターについても、「画で見て」ある程度何が起こったのかを理解出来るように心を砕いている。もちろん、画で表される「描写」は100%の絶対的な伝達ではなく、視聴者の受け止め方に依存する部分はあるだろうが、そうした揺らぎも含めて、多くの想像の余地を残し、いくつもの「fate/zero」が作れるのだとしたら、それは難点というよりもアニメ独自の広がりととることもできるだろう。

 こうした受けの広い作品作りが出来るというのは、やはりメインスタッフの力量、そしてスタジオの力量が素直に出た結果だろう。ufotableとあおきえいという、脳汁が止まらない取り合わせは、見事に期待に応える結果を残してくれた。本当に恵まれた作品だったと思う。世間的にもかなり盛り上がった作品になったみたいなので、おそらく商業的にはこれからもしばらくは取りざたされることが多くなるとは思うのだが、これはこれで完全にシナリオが閉じてしまっているのが悩ましいところではあるな。聖杯戦争って第3次以前はほとんど描かれてないらしいし、稼ぐとしたらそっち方面に下ることになるのかしらね。

 最後に中の人の話だが……この作品で誰か1人を取り上げたり、ってのは無理な話。もう、とにかく全員すごい。全てのマスター、サーヴァントがあり得ない充実ぶりだもの。強いてあげるとするなら、他のキャストに比べて圧倒的に知名度が低いキャスター役の鶴岡聡氏だろうか。今までの活動履歴を見てもあんまりぴんと来なかったわけだが、今作での大活躍は語るに及ばず。今後はこの勢いに乗ってちょくちょく見る名前になるのかもしれない。男性声優って、どれだけ実力があろうとも、本当に砂粒みたいなチャンスをつかめるかどうかの勝負だからねぇ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2
7 10
12 16 17
22
28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[06/24 NONAME]
[06/19 Serra]
[06/19 metalica]
[06/14 DRAKE]
[06/13 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター