忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[2503] [2502] [2501] [2500] [2499] [2498] [2497] [2496] [2495] [2494] [2493]

「よんでますよ、アザゼルさん。Z」 5→6

 やっぱり凄い作品だと思う。こんだけゴミクズみたいな内容なのに、この下世話さがきちんとギャグとして完成している。このひどさを無理矢理でもアニメ化しようと思った業界の判断も恐ろしいが、それを更に斜め上から投げ返す水島努が一番の畜生だと思う。以上、全部褒め言葉。

 正直、どんなものでも2期目だったらいくらかパワーダウン(というか視聴者側の慣れ)は覚悟すべきだろうと思っていた。実際、1期目ほどの新鮮さは無いわけだし、個人的に一番楽しみだった佐隈さんいじりも1期に比べれば少なめ。苺の戦士の再来は叶わなかった。しかし、この作品の凄いところは、そうした「期待通りの楽しさ」を安直に引き継ぐのではなく、「こっち方向でも酷いネタがあるよ!」「こんな方向でもまだまだゲスいよ!」と、四方八方から最低なギミックが飛び出して来ること。正直、どのエピソードも全部クライマックスみたいな扱いだから1番を選ぶことは出来ないのだが、どのお話でも「あぁ、あれは酷かった……」と嘆息できる見事な仕上がりである。みんな活き活きしすぎだ。敢えて1番好きなのを選べと言われれば、佐隈さんが一番卑猥な目にあった博物館が好きなのだが、最終回もやたら動画に気合いが入ってた上、どんどんアザゼルさんが可愛く見えてくるのでかなり困った。CV小野坂昌也のおっさんが萌えキャラになるって、恐ろしい事態ですよ。

 ということで、アニメのクオリティとしては望むべき最高水準で実現していたので、あとは中の人の話。今期はアンダインメインでかっ飛ばしたエピソードで、その脇を「普通の女の子で可愛い甲斐田裕子」と、「水島努の無茶振りにも一切動じない斎藤千和」が固めるなんて一幕もあったが、その他「明夫、仕事選べ」とか「ミキシン、仕事選んだ結果がこれかも」とか。出演声優がみんな揃って仲良くやけどしていたのがステキ。しかしこんなに中の人が楽しそうな現場も珍しい。音響監督からギャグボール渡される現場って、労働法かなんかに引っかからないものだろうか。どビッチの釘宮とかもなかなか見る機会のない素晴らしいものであるし、どんな絵でどんなキャラでも、最終的に不思議と可愛く見えてくるのが不思議なものだ。キヨコもそうだけど、龍神湖のときのヤリマン小清水とかも不思議と可愛いんだよなぁ。

 まぁ、一番可愛いのは佐隈さんなんですけどね。サトリナに卑猥なことを言わせつつ冷たい目で見られ、罵られるとか、どんな異次元空間だろうか。アザゼルになりたい。

 

 

「波打ち際のむろみさん」 5→6

 こちらもとても嬉しいアニメ化でした。ただ、原作ファンの立場からは、スタート時点では正直「どうせ大してメジャーにならない作品だろうし……」とか思っていた。どうやら世間的にも割と受け入れられたみたいでとても幸せである。

 成功要因が何だったのかはなかなか分析しにくいのであるが、元々が「単発でキャラの魅力を押し出すだけの作品作り」というのは昨今の萌えアニメ、しかもショートアニメというスタイルにかっちりはまった部分がある。15分×1クールという尺を考えれば、登場したヒロイン勢の数はかなり多いといえる。むろみさんを中心にひいちゃん・富士さん・隅田さん・リヴァイアさん・いえちー・ハーピー・宝満さんに乙姫と、これだけのヒロイン候補がひしめき合っていたのだ。それぞれが好きなように自己アピールするだけの野放図な脚本だったわけだが、あまり大筋を期待せずに済む時間枠だからこその成功と言えるのかもしれない。あとはまぁ、元々原作自体、多少なりともオタ文化を前提とした作品作りだし、考えてみりゃ、アニメになった時にネタが動かしやすいっていうのはあったんだろう。

 無事に顔見せ出来たので、まだまだ広がるむろみワールドのストックを活かした2期目以降にも期待したい。キャラクターのバリエーションだけならいくらでも続けられるくらいに残弾はあるのだし、個人的にはもっと見たいキャラクターがいくらでもいる。今作の監督はこれが初作品らしいのだが、なんともレトロな雰囲気を醸し出すバックグラウンドも含めて、良い意味でユルくぬけたむろみワールドが綺麗に画面に出ていたと思う。一歩間違えば単なる押しつけだらけのギャグになりがちなところを、キャラの魅力を根底に置きながら振り回してくれた采配も良かった。是非とも続きをこのスタッフでやってほしいものである。

 当然、そうなれば中の人も続投出来るわけでね。いやぁ、田村ゆかりとむろみさんの親和性の高さは想像以上であった。その他のキャストも外れが1つもなく、富士さんなんかはアニメーションの奥に中の人が透けて見えるかのような出来。リヴァイアさんの泰然自若とした不可解なまでの大物感も中の人まんまだし、乙姫のどこか世間から外れてしまったようなうらぶれた感じ(ひどいな)も、中の人の残念さが魅力としてにじみ出ていた。あと、意外と大事なのが、ハーピー役の酒井香奈子。一時期はあの没落したラムズの看板の1人として活躍していたが、事務所のごたごたもあって、なかなか名前を見る機会が無かった。それでも、やっぱり「地獄少女」ファンとしては頑張ってほしいのですよ。ラムズは嫌いだったけど、所属声優に罪はないわけだしね。

 2期が出来たらまた色々と新キャラも見られるのだろうが、私の中でたっくんの先生は藤原啓治以外に無いんだ。見た目まんまなんだよな。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
14 16
22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
バーコード
ブログ内検索
カウンター