忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[265] [264] [263] [262] [261] [260] [259] [258] [257] [256] [255]

○「うみねこのなく頃に」 5→4

 アニメのみの視聴なので原作組の上げる声の意味がいまいち分からない作品だったのだが、一応「アニメだけ見て評価する」という姿勢もまっとうなものであるはずなので、あくまで単品としての評価を。

 まず前提として、個人的にアニメの「ひぐらし」はなかなか良くできていたと思う。特に目明かし編での謎解きなんかは存外しっかりしていたし、それ以外の部分でのしっちゃかめっちゃかな落とし前の付け方も、1つのアニメシリーズとして見た場合にはきちんと決着を見ていた。ミステリ的にどう、とかいう評価では無しに、一本のアニメシナリオとして、有りか無しかで言えば、有りだったはずだ。

 そして、残念ながら現段階でのこの「うみねこ」は、明らかに「無し」である。シリーズ途中でさっさと訳の分からない展開になってしまい、ただでさえついていくのが大変な状況だったというのに、そのラストまで全て投げっぱなしではどうにもフォローのしようがない。流石にこれを通して視聴して「なんだか分からなかったけど面白かったよね」というのは無責任の誹りを免れないだろう。原作が未完であるというビハインドは最初からあったわけだが、分かっていたならばオリジナルでとりあえず収束させるとか、ハナからアニメ化しないとか、色々と対処は出来たはず。「未完だから未完です」というのは言い訳にならない。まぁ、2期の存在を前提とすれば一応の言い訳にはなるが……いつになるのかねぇ。

 作品の性質上、細かく要素で見ていくのも困難である。当初は「孤島、遺産相続、密室」などなどの素敵なタームが絢爛に並べ立てられて素敵なスタートを切ったわけだが、ベアトリーチェの登場以降、その全てに意味が無くなった。メタ世界におけるベアトと戦人の対決までならば、「ひぐらしにおける梨花視点」と同じでギリギリ許容出来るかと思ったのだが、そもそもこの時点で戦人とベアトの目的意識が理解出来ないために意味が通らない。こうして振り返ると、メタ視点ながらも作中人物としても完成していた梨花&羽入というのはなかなか秀逸なセッティングだったといえる。そして、そうしたうま味が今回のベアトには無い。

 シナリオ上のサプライズの設け方もどこかおかしな部分が目立ち、中でもベアトの仕組んだ罠、ワルギリアなどにも協力させた謎のツンデレ作戦がすさまじい。そもそもの対決姿勢が分からない状態でそれを二重三重にひっくり返すという趣向は、不出来を通り越して無理解としか言いようがない。視聴者としては何とか話を理解しようとして妙なお嘆美ムードになったベアトに共感しようとしていたのに、「んなわけねーよ」と突然ひっくり返される。これはサプライズではなく、単なる裏切りである。

 そして最終話に列挙された「一応の解決」。それまで「いかに凄惨でインパクトのある事件を描くか」に拘っていたのに、終わってみれば陳腐でみみっちい言い訳が出てくるだけ。一応ラストにまたベルンカステルによって「そんなわけねーよ」が挿入されるが、視聴者の感想は「なるほどそうきたか」ではなく、「もう知らんがな」だろう。いかに人気作品とて、何をやっても許されるというわけではなかろうに。

 それでもまぁ、トンデモファンタジーとして突き放して観るならば、アニメとしてギリギリ観られなくもなかったのでこの点数。もちろん、大部分は中の人への賛辞だと思っていただいて構わないかと。この作品で唯一誇れるのはそのあまりに豪華なキャスト陣であり、特に女性陣はあまりに美しすぎる面子が並んでいる。序盤に活躍してけなげながらも強さを見せた夏姫(篠原恵美)。毒婦として悪態をつきながらもあまりある格好良さを見せつけてくれる霧江(田中敦子)。母親としての優しさと女としての脆さ、自我の崩壊までを見事に演じ分け、並み居るベテランに一歩も譲らなかった桜座(小清水亜美)。そして魔女としての覚醒を経て、貞淑な妻と幼いが故の残酷さを見事に演じ分けた絵羽(伊藤美紀)。右代宮家の女性はどれも皆一枚看板でやっていけるくらいのキャラクターがある。

 そして、なんと言ってもこのブログ的にはベアトリーチェだ。これまで演じたこともない下卑た、本当に「下品な」役回りを、まるで水を得た魚のように開花させていく大原さやか。流石に過去に演じた「次元の魔女」や「逆理の裁者」のように「これが素ですよね」とは言えないが、本当に楽しそうに演じてくれているのが印象的だった。また役者として新たなステージに踏み出した実感がある。これで訳の分からない心情を持つ半端なキャラクターじゃなきゃ最高だったんだけどね……

 同じように役柄で損したのが縁寿役の佐藤利奈。結局、彼女は何がしたかったんでしょうか。多分、演ってる本人が一番分からなかったと思う。無念。 

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター