忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[3078] [3077] [3076] [3075] [3074] [3073] [3072] [3071] [3070] [3069] [3068]

「ノラガミ」 5→4

 あんまり興味が湧かなかった作品。ここ最近の傾向を見ると「神」を扱った作品って割と相性がいいのだが、まぁ、そんなぼんやりしたカテゴリなんて法則性は無いわな。

 映像は悪くない。ボンズ品質ってこともあるかもしれないが、ひよりちゃんの見た目はかなり可愛かったし、その他のキャラも線が細いけども案外躍動感があって、アクション1つ1つの描き方もスリムに決まっている。ふざけた顔の時の夜トなんかも案外可愛く描けていたんじゃなかろうか。ただ、アクションにしてもテンプレ的なスマートさから逸脱するようなものではなく、割とあっさり気味だったのでちょっと印象には残りにくかったか。戦う相手がぼんやりした物の怪の類であり、戦う時のメインウェポンも単に「剣」、そこに何か戦略的な要素が介入することもないので、どのバトルでも見た目が大して変わらないんだよな。

 「別に大冒険活劇が見せ場の作品じゃない」って言われればそれまでなんだけど、そうすると、じゃぁ何を見る作品だったんだ、っていう話。今回のアニメシリーズの中では大きく分けて雪音を巡る神器の描写と、ノラや毘沙門を絡めた夜トの過去話の描写の2つが主軸だったと思うんだけど、前者はずっと雪音がうじうじしてて、割とゆとり要素丸出しの子供なので、いまいち親身になってあげられれなかった。後者についてはそもそも夜トがあんまり過去を語ろうとしないし、そこまで肩入れ出来るほどに奴を信用したわけでもないので、どこに視点をおいて見ていいのかが判然としなかった。それなりに重たい問題を扱っていたはずなのに、要所要所での処理が軽いというか、あんまり真面目にその問題を扱う下地が無いように感じられて、「そんな深刻な問題扱わなきゃいいのに」と思ってしまった。こういうアニメのシリアスの配分って難しいねぇ。

 いや、あんまり面倒なことを考えずに「ひよりちゃんは可愛い」とか「小福ちゃんも可愛い」とか思ってればいいだけ、って可能性もあるんだけどね。豊崎ってのは貧乏神向けの声なのでしょうかね(猫神やおよろず的に)。あとオープニングの何か変な歌は割と好き。ヘイ!

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
14 16
26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[09/24 NONAME]
[09/20 トマト]
[09/20 トマト]
[09/03 Serra]
[08/31 ろはん]
バーコード
ブログ内検索
カウンター