忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[3475] [3474] [3473] [3472] [3471] [3470] [3469] [3468] [3467] [3466] [3465]

「魔法科高校の劣等生」 5→3

 ん〜、なんかこの魔法戦争っていうアニメの感想は前に書いたことがある気がするんだけど……え? 違うの? でも魔法で戦争してたし、駄目っぷりも大して変わらなかったよ。

 いや、正直途中で挫折したので中盤以降はほとんど真面目に見てないんだけどね。典型的に合わないタイプのラノベ原作だ。設定を追いかけてるだけでうんざりしてくるし、設定を読み込もうと思えるほどシナリオに魅力があるとも思えない。なんだ、やっぱり「魔法戦争」じゃないか。巷では今作は「俺ツエー作品の極北」として取り沙汰されることが多いが、俺ツエーしていることが根本的な問題なわけではない。見方によっては、世に溢れるラノベ、少年漫画なんて大体俺ツエーである。ただ、ツエーするための段階にドラマを設けることで、普通は物語としてもエンターテイメントとしても成立するように出来ているのだ。

 今作の問題点は、俺ツエーの作り方がいちいち行き当たりばったりなことである。少年漫画的な「強くなる」方法論というものは、普通は「主人公などのキャラが、どう頑張っても勝てないような試練に直面する」→「その打開策を検討する」→「その結果として、修行したり、何かを思いついたり、はたまた都合のいい助っ人が助けに来てくれたりする」というものだろう。まぁ、BLEACHとかだとその限りではない気もするが、オサレ能力とかそういう独自パラメーターが用意されているんだろう。能力を隠してたなら「何故隠していたのか」っていう理由があればそれでいい。しかし、今作はそうした「段階性」が無い。元々主人公が「なんでも出来る、とにかく出来る」をうたい文句にしているので、「試練に直面する」がまず存在しない。「出来るわー、その問題ならこうやって解決出来るわー」と、いざ何かがでてきたら後出しじゃんけんでひねり潰すだけである(しかもなんか申し訳なさそうに)。そして、その後出しの素材について、特に世界設定を考えるわけでなく、じゃんじゃんその時の思いつきで適当に出てくる。おかげで後半になればなるほど、「あのときのあっちを使えばもっと楽にクリア出来たんじゃ……」とか、「お前、そんなん出来るんならそもそも回りに迷惑かけてないで先に片付けとけよ」とか、「この世界の法規制はどうなってんねん」とか、「その能力とあっちの時の概念は矛盾してませんかね?」とか、そういうメタメタな問題が出てくるわけだ。事実の「積み重ね」ではなく「横並べ」なので、まったくもってお話を読んでいる気にならず、まさに「お兄様の格好良さはこんな風にも表現出来ますが、今までのお話とは特に関係無いです」という、エンドレスキャラクター紹介作品なのである。

 まー、ひょっとしたらこれでもとにかく「何かつえぇものが何か悪いものを倒してる」っていう構図さえあれば満足出来る部分はあるのかもしれないけども。いわば毎回新しい道具を理屈抜きで出してくれる、ドラえもんみたいなもんだからね。これで毎週妹ちゃんが「お兄ちゃ〜ん、またジャイアンがいじめるよ〜」だったら別に問題はなかったんだと思うよ。でも、なんか無理矢理「真面目にやってます」感を出そうとしてるところが徹底的に食い合わせ悪いしね。何が面倒って、実は俺ツエーしてるのってお兄様だけじゃなくて、回りの取り巻きも全部なんだよな(妹含む)。こいつら本当にいちいちイラッとする言動しかとらず、とんでもなく偏狭な物の見方しかしないから、普通のアニメなら敵キャラになるような連中ばっかりやぞ。「いちいち言動がおかしいし腹が立つ」っていう意味では、多分一番近かったアニメは「RAIL WARS!」。楽しむ要素が中の人とエロ要素ってところも同じだな。今作は別にエロさはほとんど無いけど、学校の制服がなんかマタニティドレスみたいにストーンとしたデザインになってて、腰のラインのとこがやたらにエロい気がしました。給食着か何かかな? 白地だからむちゃくちゃ汚れ目立つし、素材も良さそうだから洗濯が面倒そうである。

拍手

PR

コメント
無題
実際は作者が後出し設定が嫌いで原作だとひみつ道具を使用する前にかならず準備や説明があるんですけどね。

その最たるものが妹が兄貴を気絶させて再生魔法を使用する場面なんですが。
後出しがあまりに嫌いすぎて話がぶった斬りになろうと事前に設定を出しておくという・・・
更に以前との設定の矛盾を付かれるのが嫌で読者が辟易するほどひたすら解説を連ねるというのが本作の魅力です。
【2014/10/14 13:58】 NAME[NONAME] WEBLINK[] EDIT[]
Re:無題
ふぅむ、そういう背景もあるもんなんですね……。やっぱりアニメにするときの「向き不向き」の問題ってことになるんでしょうか。山盛り設定だと、どうしてもアニメで画に載せるのには無理が生じてしまうので、これを一概に監督の責任とも言えないし……。
【2014/10/14 19:46】


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター