忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[3652] [3651] [3650] [3649] [3648] [3647] [3646] [3645] [3644] [3643] [3642]

Fate/stay night [Unlimited Blade Works]」 6→5

 なかなか評点の難しい作品である。悩みに悩んだけど、ちょっと下げとく。

 正直、期待したほどのもんじゃなかったんだよね。「Zero」と違ってシナリオは大体どうなるか知ってるし、あおきえいの作る画面ほどのインパクトは今のところ出ていない。個々のバトルシーンでは確かにufotableらしい良い絵も多いんだけど、贅沢な話、「まぁ、ufoならこれくらいして欲しいな」っていうボーダーが上がってるもんだから。個人的にはバーサーカー戦がピークで、そこから先はそこまで手放しで褒めたいというほどではなかった。いや、でもすごく偉そうな要望なんだけど、「すごく動く」だけなら別に金かけりゃ(人手かけりゃ)出来るわけじゃない。「Zero」の頃から求めていたものって、そういう単なるモーションのキレ味だけじゃなくて、それで何をみせるか、っていう内情の部分なわけですよ。そのあたりの「気持ちの乗ったバトル」ということを考えると、どうしてもZeroよりもこっちの方が控えめになってしまうんだ。Zeroはサーヴァントもマスターもイカれた野郎しかいなかったけど、こっちはイチャイチャと遊んでる高校生カップルがメインだからなぁ。もっとアーチャーさんの横柄な戦いぶりが増えてくる中盤以降になれば、もう少し「意味深い」戦闘も増えてくるので、2期目には印象も違ってくるとは思うんだけどね。

 あと、やっぱりキャラクターデザインが微妙に引っかかる。こっちの方が原作に近いのかな? 1話目から違和感があった凜の能面みたいな顔がどうしても慣れなかったり、セイバーの顔も勇ましさが抜けてちょっとおっとりして見える。表情豊かに動くのがみたいなーって思うと、今のところアーチャーとワカメの2人になってしまうという謎。ギルさんが出張ってくるともう少し愉快になるかな? あ、あと綺礼さんも割と楽しそうな顔してるからその辺は素敵かも。頑張れおっさん軍団。おっさん軍団の活躍については、今作の純粋なプラス部分なんですよ。過去にDEEN版で見た時にはさっぱり理解してなかった過去の聖杯戦争の顛末が充分分かった状態で視聴しているので、例えば切嗣から受け継いだ士郎の生き様とか(そしてアーチャーに受け継がれる呪いとか)、綺礼さんの愉悦極まる楽しそうな様子なんかはニヤニヤしながら見られるよい部分。ただ、12話までの時点ではそうした要素はまだまだ前面には出てきていない「仕込み」の段階なので、盛り上がるまでにはもう少し時間が必要なのである。

 まぁ、1回観ちゃったシナリオを改めて見直してるんだから、よっぽどのことがない限りは多少モチベーションが下がるのはしょうがないところ。それもこれも全部随分な贅沢なのは重々承知しているので、2期目はもうちょっと素直に盛り上がろうとは思っている。もっとイリヤに出番を増やしてプリーズ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2
7 10
12 16 17
22
28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[06/24 NONAME]
[06/19 Serra]
[06/19 metalica]
[06/14 DRAKE]
[06/13 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター